とことんまで寝ごこちを追求したハイブリッド寝袋「Bundle Bed」

正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかがでしょう?まるで自分のベッドで寝ているような心地よさが得られるんです。

重い・デカい・かさばる
それは、すべて最上の
寝ごこちを生むため

Ef6da638a400e3d072f23cbecaaf8028c16a074a

実際、手荷物のコンパクトさだけを求めるならば、この寝袋は「難あり」の烙印を押されてしまうはず。なぜって、この「Bundle Bed」のサイズは190cm × 60cm。シングルベッドと比較しても、そう変わらない存在感があるから。これは、本物志向のキャンパーたちからすれば、自然のフィールドに持って行くパートナーとしては、それこそあり得ないサイズ感でしょう?

では、いったいなにゆえこれほど大きなサイズになってしまったのか?理由は明快ただひとつ、とことんまで「寝ごこち」にのみこだわった寝袋だから。

Medium 3c8143002abe9d873df8a856198dc7a20204ed75

ロンドン在住のアウトドア好きカップルが考案したのは、言うなればベッドの寝ごこちを再現した寝袋。その特徴は上の写真を見たら一目瞭然でしょう。
ボストンバッグ型に丸められた寝袋本体のサイドファスナーを開いていくと、中から立派な掛け布団が。この布団がまたちゃんとしているんです。撥水性のある羽毛布団を贅沢に使ったあったか仕様。さらにはご丁寧に枕(こちらも合成ダウン)まで。みずからネーミングに「Bed」を配すあたり、多少の重さや厚みは関係なし!といった潔さを感じませんか?つまりコレ、一味違ったキャンプ体験を味わえるハイブリッド寝袋なのであります。

空気でふくらむ
厚さ5cmのマットレス

Medium 929488afa67f3166e7cd4a9fae3c01f25b85da9d

最高の寝ごこちを追求するための工夫は掛け布団だけにあらず。もう一つの特徴が、およそ5cmの厚みにふくらむマットレス。ノズルを回すだけで自動で空気が注入できる仕組みです。

マットレスカバーは洗濯可能

Medium c9e4f4db10f9b5d909c6e8a33b0c0f2165283dd4

さらに、マットレスカバーはシーツ同様にはがして選択することも可能。汚れを落として日干しするタイプの寝袋よりも衛生的かも。

キャンプシーンだけでなく
日常使いも◎!

Medium 9f0c4111dec42b49860c38c5a4a66b6e4419dbc8Medium 7f8db626052d313e13abaee2f4ec432bfcfd8925

たとえば、友だちの家でのお泊まり会にも布団代わりに持参すれば、寝床を急ごしらえしてもらう必要もありません。と言うよりも、寝具としての機能を十分満たしているから、これを普段からベッド代わりに使うなんてこともアリ。部屋をベッドで占領されたくない人には、敷布団で万年床よりもこの方がコンパクト。

Medium 7f611a501e21c6b489f06e78e1a4185cb2d7100c

外泊用にも、サブベッドにも、もちろんアウトドアシーンでも、ベッドと同じ寝ごこちが得られると思えば、このサイズ感にも納得がいく。という人にのみ受け入れられるある意味ニッチな寝袋ではあります。それでも、「Kickstarter」では、すでに目標額の2倍の出資金を集める人気ぶり。先行販売価格は、子供用が日本円にして約1万3,000円、大人用が約1万8,000円から。

Licensed material used with permission by Bundle Beds
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
めちゃくちゃカワイイけれど、キャンプや登山で使うには、ちょっとリスクあり(?)な寝袋が話題になっています。そのビジュアルは、作者が「使用中に本物のクマに襲...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻し...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
衝撃の旅の手段・・・それは、ベッドサーフィン!?ある方法で中国を横断しようと試みる上海の19歳の女子大生が話題になっている。中国の掲示版サイト「Weibo...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
ここで紹介する「AQUA VILLAGE・REN VILLAGE」は、西伊豆にあるプライベートなキャンプ場。どれほどプライベートなのかというと、なんと船で...
こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザより...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...