表紙もタイトルも全部秘密。本との「新しい出会い」を与えてくれる本屋さん(オーストラリア)

本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。

オーストラリア国内に7店舗を構える書店「Elizabeth's Bookshops」では、2年前に珍しい取り組みが始まりました。本をブックカバーで覆って棚に並べてしまったのです。つまり、上述したようなポイントはわからず。そのかわりに、その作品についてキーワードが書かれています。

本の装丁が隠れたら、
不思議と気になってきた!

A2d498c49f3c6f3dadc2a7d5370d7c435980f38f

一体どんなことが書かれているのか。幾つか例を紹介しましょう。

01.

B5118449102fba856302e14ff59f79307a8d680a

・恋愛結婚
・廃れた
・次はお金のために
・将来の計画
・心変わり

オトナの恋愛もの?

02.

9d96c2bd637a76dabb367a211bcd45d005584dbf

・父
・息子
・エディプスコンプレックス
※幼少期に異性の親に愛情を持ち、同姓の親にライバル心を抱く現象のこと
・兄弟げんか
・辛辣
・賢い
など。

ちょっとドロドロ系な雰囲気。


03.

7f81be8c900bdb464cd6683b46a9d274d83f3322

・爆笑
・社会派コメディ
・寛大
・コミック
・災害
など。

こっちは軽くて笑えそう。

04.

C8768613197d997eb66e4ae450a1d81beeee9d53

・ジェーン・オースティン 2014
・純粋無垢な読書好きな女の子
・ロマンス
・インチキ
・ゴシック建築の城

キーワードからいろいろ想像しちゃいますが、開けてみるとイメージがまた変わりますね。

オンラインでも販売中

B063cf73d6e30b7639c369d8db3b40d6f64a8c66

店舗はパース、フリーマントル、シドニー、ニュータウンにありますが、インターネットでも注文可能。日本からももちろん買えますよ。その場合、送料は14.39ドル(約1,500円)から。

とはいえ、こんなギャンブルみたいな買い方、よっぽどのモノ好きしか買わないのでは?なんて思うかも。いえいえ、選ぶ本の傾向が決まってしまっている人にとっては、エキサイティングな読書体験ができるとあって大人気なんです。いまではお店を代表する一番人気の棚になり、プロモーションにも大活躍。

きっかけは、従業員のアイデアから。お店が所有している30万冊の蔵書から、季節などに応じて紹介しているそうです。何が出るかな?と考えながら封を開けるだなんて、ロマンがあって素敵ですよね。BLIND DATE WITH A BOOK(本とブラインドデート)」を試してみたい人は、コチラからアクセスできます。

Licensed material used with permission by BLIND DATE WITH A BOOK
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書...
1日1店舗。これは、日本で閉店している書店の数です。本屋さんがない街、というのも珍しいものではなくなってきました。そこで登場したのが、この移動式の本屋さん...
特にお目当てがあるわけではなく、気に入った本を買おうと書店に行く。そんなとき、あなたはどうやってその一冊を選びますか?作家?それともタイトル?もしかしたら...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。そ...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
『Codex Silenda 』は、機械仕掛けのパズルが解けない限り、次のページに進めない仕組みの本!様々なヒントを頼りに扉を開いていく体験には、理解と実...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
子どもながらの発想力と、機転の利かせ方、そしてその行動力にあっぱれ。米テネシー州の保安事務所を訪れ、緊張した面持ちで写真に写る9歳の少年。目の前には、首か...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...