「街の人が本に触れる機会を作りたい」とある女性の挑戦

「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書店が閉店したため、人々が本に触れる機会が激減しています。

生粋のブロンクスっ子であるノエル・サントスさんは、この危機に対して、自分で書店を立ち上げるしかない!と、プロジェクトをスタート。

ワインバーを併設
「コミュニティ」ができる空間

C5167a35de93f74bc975006e7dbb02d727e4abb7

普通の本屋を始めただけでは、経営を続けていくのは難しい。

そこでノエルさんは、一般的な書店ではなく、地域コミュニティの場となりえる書店「The Lit. Bar」を開こうとしています。

323201046bf1fb790422f86f68ef0b886fd6d2a1

彼女は、店舗にワインバーを併設し、コーヒーやお酒を飲みながらゆったりと読書できる空間を作っています。

人々が集い語らえる場所となることを目指していて、朗読会やワインテイスティングの会といったワークショップも積極的に開催する予定です。

また店頭に置く本は、多民族が混在するブロンクスのニーズに合わせた多言語の書籍を揃えたり、大型書店ではカバーできないインディーズや小さな出版社の本を集めて、差別化を図っています。

C20b730dea395206791422e0193a38e5a6682812

ブロンクス最後の大型書店が撤退する話が出てから2年近く、ノエルさんは閉店の延期を求める活動と同時に、成功している個人経営の書店を研究しながら、経営プランを練ってきました。

そして2016年、ノエルさんはNYで行われた事業計画コンペティションに「The Lit. Bar」の企画を提出し、見事2位を獲得。賞金の7万5,000ドル(約800万円)は、事業資金の一部に充てられています。

C78ee76e4e103e25f8781e01b75754f774343803

彼女の活動は様々なメディアに取り上げられ、INDIEGOGOで資金を募った際には、目標額の100万ドル(約1,100万円)に対して126%を達成。

The Lit. Bar」は今までに何度か、試験的にイベントも開催しています。ブロンクスで、コミュニティも形成しうる「ハイブリッド書店」が本格開店する日も、近いようです。

Licensed material used with permission by The Lit. Bar
1日1店舗。これは、日本で閉店している書店の数です。本屋さんがない街、というのも珍しいものではなくなってきました。そこで登場したのが、この移動式の本屋さん...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。そ...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
特にお目当てがあるわけではなく、気に入った本を買おうと書店に行く。そんなとき、あなたはどうやってその一冊を選びますか?作家?それともタイトル?もしかしたら...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
もし自分が一国の王なら、何を使って権力を示すだろうか。金やダイヤモンドを使ったジュエリー。とてつもなく大きな城。いや、マヤ文明の出土品のコレクション、なん...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
実物を前にしたら目をまん丸くして、まじまじと見てしまいそう…。これは、アメリカを拠点に活動するScott Weaverさん(57歳)の「Rolling T...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...