板チョコ1枚に850リットル!?食品生産の裏で「大量の水」が使われている・・・

リトアニア共和国の首都ビリニュス在住のイラストレーターEglė Plytnikaitė氏は、自身のイラストを使ってFacebook上で、あるプロジェクトを実行中です。それは、世界中の食品生産現場で、どのくらいの水が使用されているかを知ってもらうための活動。ポップなイラストが伝えるこの事実、普段考えもしないことです。私たちの口に食品が届くまでに、いかに大量の水が使われていることが分かります。

a4c04d588523ecd86f0524d8cb51c04c

チョコレート1kgを生産するのに必要となる水の量はおよそ17,000リットル。これは、ちょっとしたプールに匹敵する量です。

3fca4625d66ca426897a33a24327ba92

牛肉1kgに必要となる水は15,000リットル。これは足がゆったり伸ばせる欧米の浴槽250個分にあたる量となります。

798ebbb477706c737b55b2045742a093

豚を飼育し、1kgの豚肉を得るには、だいたい188回分のシャワーと同じ水が必要です。

fb5c55bf9810a7110491a5d7b86c9314

たった1個の卵にかかる水は196リットル。グラス784杯分の水です。

12370ed799218ca8886bb16049716227

では、これを農産物と比べてみると…、

750b4a595b41a04d579b7979952c1612

トウモロコシ1kgには、およそ1,211リットルの水が必要となります。小麦1kgでは約1,892リットル。

35f3a13099fd6f247a7d1f681b75649d

バナナも1kgになると約790リットル、同量のグリーンピースでは約586リットル。

a28b89ef6a44d75df29d51a5fee5466f

さらに、トマトは1kgで約214リットル、じゃがいも1kgだって約287リットルの水が必要です。

d1b9bfb330ed8717dd868638f213e1ff

さて、今日のご飯は何にしましょうか?

2015年7月現在、米カリフォルニア州では記録的な干ばつが続いています。住民たちは、生活用水を控える努力をしてはいるものの、専門家たちからは「入浴する前に2度は考え直して欲しい」と呼びかけるほどに、深刻な状況です。

それでも、アメリカ全体の話をすれば、平均的なアメリカ人が1日に使用する水の量は、一人当たり約8,300リットルだと、環境問題に取り組む「GRACE Communication Foundation」が報告しています。じつはこれ、シャワーやトイレなどの生活用水だけの話ではありません。私たちが口にしている食品のほぼ2/3が、生産の過程で何らかの水を使っているからなのです。
つまり、本当に水不足問題を意識して変わろうとするならば、自らの食習慣から見直していかなければならないということ。でも、これはアメリカだけの話でしょうか? 輸入食品に頼る日本人としても考えさせられるイラストですよね。

Licensed material used with permission by  Eglė Plytnikaitė

スーパーやコンビニには、いつもたくさんの食品が並んでいます。しかし、普段私たちが何気なく購入し、口に運んでいる食品には、ほとんどの人が知らない、ちょっとゾ...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
コンビニやスーパーに並ぶ食品には、「本物」に見せかけるために、いくつもの添加物を使った「フェイク食品」など、体への影響が心配になる加工食品が数多くあります...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
普段、私たちが何気なく口にしている食品や飲料。実際、どんな原料が使われていてるのか、不透明な部分もあります。ここでは、渡辺雄二さんの著書『今いちばん知りた...
自動車、時計、家具…それらの世界一には手が届かなくても、食品なら手が届くかもしれない?話のネタになるくらい、味が一生記憶に残るくらい、すごいものを口にした...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
「Warka Water(ワルカウォーター)」は、電気を使わずに大気中の霧や雨露を集めて飲み水を確保できる竹製の装置だ。設置や移動が簡単で、低コスト。しか...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
もしかすると、普段口にしているその食品は、あなたの脳を傷つけているかもしれません。「Power of Positivity」に掲載されたこの記事から抜粋し...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...