スマホで撮影した写真があっという間にCM風ムービーになるファッションアプリ「FABIA」がすごい・・・

「気持ちなんて、服で変わる。」──仕事もプライベートもおしゃれを楽しむ女性におくるファッションブランド、『FABIA(ファビア)』。そんな「FABIA」のスマホアプリに搭載された「CM風ムービー作成機能」がスゴいと評判で、既に40ダウンロードを突破した大人気アプリとなっているのをご存知ですか?

App store 最高3位のアプリ* 人気の秘密はハイクオリティな BGMとエフェクト機能

*カタログカテゴリで

ムービーを作るアプリ自体は今やおなじみですよね。その中で、このアプリがダントツの人気となっている理由が、他とは一線を画すクオリティのプロが作曲したBGMかわいいエフェクト、写真をキレイに仕上げる美肌・セピア、モノクロなどのフィルターと、動画を盛り上げる素材が充実していること。さらに操作も簡単でたったの10秒程度の編集で誰でもセンスのいい動画ができますよ。ファッションブランドが手掛けているだけに、その世界観はまさに「FABIA」のCMムービー。

完成した動画はもちろんSNSでシェアすることができます。テキストも入れられるので、誕生日の友達や結婚する友達に向けたサプライズお祝いムービーを手軽に作るにはピッタリですね!

実際に作ってみました!

こんな感じで、お友達との思い出をシェアしましょう!


実際この機能を使ってムービーを作成したユーザーからは「ホントに簡単でいい」「誕生日に送ったら喜んでもらえた」「このアプリで動画を作って友人に見せたら感動して泣いてしまった」と言った声が続々と届いています btn_bglen04

その他にも充実の機能が・・・

01. トレンドをチェック!アプリ限定 「FABIAマガジン」

このアプリ、実はその他の機能も魅力的なんです。例えば、気になったアイテムをその場で買えるアプリ限定ファッション誌「FABIAマガジン」。画面いっぱいに広がるキレイな写真でシーズンごとの最新コーディネートをチェックしながら、気に入ったアイテムがあったら、その場で購入もできちゃいます! btn_bglen03

02. FABIA全アイテムでかんたん作成 「コーディネート機能」

アイテム単体で眺めるだけでなく、トータルのコーディネートを楽しみながら作れちゃう「コーディネート機能」も楽しいんです。カワイイ背景を選んだり、色違いでコーディネートを作ってみたり・・・お気に入りのコーディネートはアプリ上の「マイ・クローゼット」に保存ができるから、比較検討するのにもベンリですね!

03. 購入前にしっかりチェック! 「バーチャル試着」

しかも、コーディネートを作るだけじゃなくて、スマホ上で本人が「試着」できちゃうのもスゴいところ。アプリでカメラを起動すると、画面にガイド線が現れます。友達などにお願いして、その線に合わせて本人の写真を撮影すれば、気になるアイテムを身につけた自分の姿を客観的に眺められるから、似合ってないアイテムを買ってしまう、なんて失敗をすることもなくなりそう。 他にも「FABIA」のAR対応カタログと連動して使う「カタログ読み込み機能」など、忙しくてもオシャレに手を抜きたくない人にとって便利な機能が満載のアプリ、これは今すぐダウンロードするしかないですね! btn_bglen03

期間限定ショップOPEN中!現在、新宿マルイ本館の3Fに大好評の「FABIA」限定ショップがオープン中、2016春夏シーズンの厳選コレクションを販売しています。オススメのコーデを実際に体験できるだけでなく、5%OFFクーポンがゲットできる来店特典をご用意。期間は6月19日(日)まで!この春のFABIAおすすめコーデを実際にお店で試してみませんか?詳しくはコチラ

Sponsored by オットージャパン株式会社

古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。...
はじめに伝えておくと、これから紹介する製品は、現時点で日本での発売予定はなし。ただし、将来的な上陸が期待される要チェックアイテムなのです。特に頻繁にスマホ...
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
ここで紹介するのは、Appleが2014年9月に発表したCMです。短くても、しっかりとしたメッセージがあり、しかもエンターテインメントとしても楽しめる“作...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
絵画好きなら、一度は「あの絵の世界に飛び込んでみたい!」なんて妄想をしたことがあるのでは?その世界観や作風がブッ飛んでいればいるほど、なおさらでしょう。ス...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。2015年11月5日に新しい動画が公開となり、今年も胸に響いた!と評判に。無性...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...
2016年6月11日にリリースされてから、たった5日間でユーザー数65万人を獲得したアプリ。世界中で話題になってます!どういうフィルターがかけられるかとい...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...