この夏をいつもの10倍楽しみたいなら、持つべきスマホは絶対「防水」のコレ!

スマホを選ぶとき、何を重視していますか?デザイン?カメラの性能?操作性?・・・OK、それらももちろん大切。でも、あなたがこの夏を本気で楽しみたいなら、絶対「防水防塵性能(IP68)」「大容量バッテリー」を搭載した『Galaxy S7 edge』にするべきなんです。ただの謳い文句じゃありません。今回Galaxyが採用したこれらの機能と性能、かなり本気です。

ちょっと、この夏あなたを待っている、色んなシーンを想像してみましょう。そこにGalaxyがあったとしたら・・・

scene 01.
プールサイド

Da591f296771dae7c62d385eaa6aeefb1cf9cd0a

まず、夏の身近なアクティビティといえば何と言ってもプール。まさか更衣室にスマホを置きっぱなしにしたいという人は・・・いないですよね?フツウのスマホを持ってプールサイドに行くとなると、タオルの中に挟んでおいたり、防水ポーチにしまったり、濡れないように何かと気を使います。その点、Galaxy S7 edgeなら気にする必要はありません。なんならストラップで首からぶら下げたまま水に浸かるぐらいは平気なので、水際でもいい写真が撮れますよ!

おっと、突然届いたSNSのメッセージだって、いちいちタオルで手を拭くことなく濡れた手のまま即チェック、そして即レスしておきましょう。

scene 02.
ビーチ

B08ceac1715266ec89e001239c67c0fbabdd97e1

続いて、夏といえば絶対ハズせないのがやっぱり海。水際なのはプールと一緒ですが、なにせこちらは大自然。ビーチを埋め尽くしているのは細かい砂です。となると、スマホをむき出しのままビーチへ持ってくるワケにはいきませんよね。ところがそれを、スマホではまだまだ珍しい「防水防塵性能」を備えているGalaxy S7 edgeに持ち替えてみるとどうでしょう。

水着に着替え、まずはビーチで記念に一枚。そしてGalaxyを無造作に砂の上に放っておいて海に飛び込めちゃいます。マリンアクティビティを一通り楽しんだあと、濡れたままの手でスマホをチェック。砂が付いていようがお構いなし。いざ帰るときには真水でサッと砂を落とすことだって可能です。とにかく濡れても汚れても気にしなくていいストレスフリーな状態だから、心から楽しむことに集中できる、これ、満足度を左右するけっこう大きな要素だと思いませんか?

ちなみに、Galaxyは「ワールドサーフリーグ」(サーフィンにおけるF1グランプリのような存在)のスポンサー。なるほど、海との相性は抜群、防水防塵性能への本気度も納得です。

scene 03.
夏フェスにて

De00326681bf433344b67ccf883a21dadb66f137

音楽好きにとっては、待ちに待った夏フェスシーズン。大自然の中で開催されるフェスも多く、ちょっとしたキャンプ気分が味わえるのも醍醐味のひとつ。でも、当日テンションが上がりすぎて、会場へ向かっている最中からスマホで写真を撮りまくり、SNSにアップしまくりで会場に到着する頃にはバッテリー残量が20%以下に・・・なんて経験、身に覚えがある人も多いのでは?山の中にコンセントなんてないし、充電器を持ち運ぶのも煩わしいもの。夏フェスを1日楽しむにはスマホのバッテリーの持ちはとても重要なんです。

その点、Galaxy S7 edgeの3600mAh大容量バッテリーはちょっと感動モノです。一説によるとほとんどネットにつながないユーザーであれば3〜4日ほど充電しなくても大丈夫(!)との報告もあるほど。これなら爆音のライブにテンションが上がって写真を撮りまくっても、SNSにアップしまくっても大丈夫そうです。

そしてアウトドアイベントならではのお悩み、突然の雨に降られても、泥だらけになっても高い「防水防塵性能」のおかげで心配する必要はまったくありません!

scene 04.
ゲリラ豪雨

4d9eae8e93c301397747bb52713355c2a4ad553d

ただ街を歩いているだけでも、防水機能が真価を発揮する瞬間が訪れます。地球温暖化が進んでいる影響なのか、近年のゲリラ豪雨は激しさを増すばかり。雨宿りする間もなくポケットに入れておいたスマホが「水没」するという異常事態も十分起こりうる話・・・

何しろ普段の生活でのことだから、レジャーのときより防水対策に関しては無防備な状態と言えます。そんな予測が難しい緊急事態も、スマホをGalaxy S7 edgeにしておくだけで「対策完了」です。

カメラ、大画面・・・
使い勝手バツグンな機能の数々

25c9ef026fb0e381f4ded299fd7cbe355ae0f945

今回は「防水防塵性能」「大容量バッテリー」にフォーカスしてみましたが、Galaxy S7 edgeはその他の機能も充実しています。特にカメラのフォーカスが合う速さは特筆もの。撮りたい瞬間を逃さず捉えられる快感は、夏のアクティビティでも大活躍しそう。

5.5インチという大画面ながら手にしっくりフィットするスリムなボディもいい感じだし、スリープモードなのに時計が表示できる(ホームボタンを押さなくても常に時計が表示されている)「Always On Display」という機能もちょっとした気遣いが感じられて普段の使い勝手を大幅にアップしてくれていますよ。

タイミング的にそろそろ機種変更を考えている人も、そうじゃない人も、Galaxy S7 edge。俄然欲しくなってきたんじゃないですか?

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by サムスン電子ジャパン
先日発売されたばかりのiPhone6s(さらにはiPhone6s plus)。3D Touchスクリーンや12メガピクセルの超高性能カメラといった機能面に...
実はこれ、すでに商品化されており、安価な上に使い方もビックリするほど簡単。汚れをふき取ってから特殊な液体の染み込んだシートで画面をサッと拭き、なじませるだ...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
スマホを充電する上で毎日使う、USBケーブル。頻繁に使うだけあって、こだわりたい人も多いはず。ここでは、Kickstarterで出資を募り目標金額の5倍以...
「Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない...
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
ぐねぐねした体の先に、輝く「ひとつ目」。このキュートでチャーミングなデバイス、じつはカメラなんです。一般的なアクションカメラはとても頑丈で防水も完璧ですが...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...