週末にどう?私が「スマホ禁止デー」をオススメする5つの理由

たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるような身近なものですが、改めてみると、あえてそういう日を作ってみようかなーーなんて思えてくるかも。以下、彼女の記事を転載します。

アラームが鳴ると同時に目を覚まし、メッセージとゴシップネタを逐一チェック。アプリでシャワータイム用のプレイリストを作って、8時間働いた後には、9時間のSNS巡回に大忙し。家についたら2時間電話して、ベッドに入ったら元カレをオンラインストーキング。私たちの毎日って、だいたいこんな具合。

みんながスマホを愛用していることは間違いない。理想論をツイートしている人たちだってデバイスを使っているのだ。ポケットに入る小さなコンピューターに感謝しよう。愛する人ともワンタッチで繋がれるし、イライラしたときは無視できる。歩数計や心拍計になるし、健康でいるためのヒントだって教えてくれる。キュートな男の子がいたら右側へスワイプ。これぞ最新テクノロジー。でしょ?

とはいえ、たまにはデトックスが必要だ。スマホは家に置いてもっと心に触れようじゃないか。週末出かけるときでいい。少しだけアンプラグドな時間を過ごしてみよう。きっとそのありがたみに気づけるはずだから。

01.
面倒なことに
巻き込まれない

2bbd2cee009727c85d5856c97fbce326eb28df90

友だちといつも繋がっていられるのは良いことだけど、問題に発展する可能性だってある。友だちと遊んでいる時にテキストを見ることって必要?無意識に既読無視する可能性が上がってしまうし、もしそれが友だちの別れ話だったとしたら、付き合わなきゃいけないと考えただけでゲンナリ。

スマホがなければ、他人の問題に気を囚われることなく、自分の気持ちに集中できる。散らかった心をクリアにして、ストレスをデトックスできるはず。この話の主人公でいられるのだ。

02.
「オープンな人」
になれる

手元ばかりに目を向けることがなくなり、グッと視野が広がることでしょう。そうすれば、周囲の人々とも繋がりを持ちやすくなる。

誰かに話しかけようとしている人物が、実際どんな人に声を掛けるのかーー。想像してみて。きっと、スマホに夢中になっているあなたではなく、辺りを見ながら何かを探しているような人に話しかけるはず。人は、それだけ人と繋がる可能性をシャットアウトしてしまっているものだ。たまにはオープンに1日を過ごしてみるのもいいのでは?

03.
周りで何が起きているのか、
意識できる

Bb984cdb47454fda412b3c1c02edfa92869079bd

通行人に意識を向けてみて。彼らは決してスマホの画面の中からあなたを見上げているわけではない。そうでしょう?

近所を手ぶらで歩くだけで、素晴らしいことに気づけたの。ビルとビルの間には花壇があった。街角には小さな自転車屋が。ダウンタウンの駅にはチュロスを売るおじさんがいた。今まで気づかなかったものや、偶然の出会いがそこら中にあるの!試してみればわかるはず。

04.
カラダと密に連携できる

全身に集中して、ワークアウトにトライしてみて。自分のカラダが動くパターンを追えば、もっと自分のことを理解できるようになる。

05.
スマホを持った時、
“接続”に感謝できる

2de21f85679fc1248ff82cea9ca2618ef34eb6d4

しばらくして家に帰り、いつもの場所に座ると、最初はスマホをチェックすることに躊躇するかもしれない。いつもより多めに未読メッセージや通知がたまっているのだ。

でも、その瞬間に繋がっていることに対してありがたみを感じるでしょう。それに、メッセージを開いてみて。いつもよりやる気が出ていることに気づくはず!

Licensed material used with permission by Elite Daily
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
「Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
寝る前に、ベッドの中でスマホを使っていませんか?実はこの行為が、カラダにはとても悪いそうです。「I Heart Intelligence」でライターのDh...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...