失敗しない「室内菜園」。買ってきたハーブ苗をそのままポン

屋内で野菜を育てて楽しむ「水耕栽培キット」に注目が集まっているのは、なにも日本だけじゃありません。あのIKEAが発売したと大きな話題になったものだけでなく、インドアガーデニング用のツールが、次から次に登場しています。

水と光だけでOKという手軽さもいいけれど、手間がかからないということであれば、こちらも負けてはいませんよ。まずは、そのイメージからどうぞ。


一度に効率よく、
数種のハーブをまとめて管理

8bffe57678fc7488f3ce17f7f084b0fc284b73e571dedd1422e5fefb628833c43a3caf4e6a06487980f8556b99c913df53816a577d44774da1624d92

写真だけで、なんとなく実体が掴めたはず。この室内ハーブガーデンキット「Calla」は、一度に数種類のハーブ(もちろん葉もの野菜もOK)を同じ条件で育てるために開発されたもの。

買ってきたら苗のまま、エリンギの形状をしたLEDライト周囲の白いポットにポコッと入れる。あとは、オーガニックな栄養材が詰まった付属のスティックを土に刺す、これだけ。

A4033a9d8a708fd50032540cbf0198a13fe5b90a

一般的に水耕栽培キットは、植物を種から育てるものが中心です。土を使わない代わりに足場となるスポンジが固すぎると根が育たず、水分が多すぎても少なすぎてもダメ、と意外に手間のかかるもの。だからこそ愛おしさも芽生えるんでしょうけど。

そもそも、屋外ほどの日当たりが望めない環境で、しっかり育てることは一度でも経験があればお分かりの通り、簡単ではありません。それを一元管理してくれるこのCallaのようなキットが、海外では人気の中心にあるようです。ちなみにこのキット、日本へのシッピングは今のところ予定してないそうなので、あくまで参考としてインドアガーデニングの楽しさを中心に伝えていきます。

では、Callaが他のものとどう違うのか?

その1
時間ごとに明るさを調節

D406f417e5a5d44b9fc566d746ad23265f5fdba1

朝日がのぼり日が沈むまで、太陽に見立てたLEDライトが自然のサイクルそのままに明るさを変えてくれる。人間と同じように、植物もずっと光を浴びていればいいという訳ではないんです。

その2
使いたいポットだけ
取り外しができる

27025d77ff16cc6eb1a442e6c6c1bfd1cdc32b06

水耕キットの中で元気よく生えそろったハーブを、必要なものだけハサミでカットしたり葉をつまむのもいいんですが、使いたい時にもっとちゃっちゃと手元に持ってこれた方が料理をつくる側からすれば便利。それならってことで、Callaのポットはそれぞれが独立したユニット構造を採用。料理に合わせて、このままポットひとつをテーブルに持ってくる、なんて使い方もアリ。

その3
水分過剰・不足の心配なし

28efaf9b15a4fc687eaf0b80df150ba1f8551463

そして、肝心の水やり。これが、ちょっとくらいズボラさんでも安心の機能付き。中央のエリンギ頭から注ぎ入れておくだけで、下部に溜まった水が3日に1回必要な量を自動で各ユニットへと循環させてくれる仕組み。水やりと日照の微妙なバランスが掴めずに、これまで失敗を繰り返してきた人には心強いアシスト機能でしょ。

F4932a4fda821f2e5208f5de9031e1ce60c38af9

なんて具合に、次から次に進化したキットが登場するインドアガーデン事情。手塩にかけて育てたい派も、楽しておいしく食べたい派も、生活スタイルに合わせて選べるとなれば、家電用品店やセレクトショップに並ぶキットに、きっと目がいくはず。

Licensed material used with permission by 4Senses
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
天然成分だけを用いた虫よけグッズが、セレクトショップの結構“いい位置”を占有する。「カラダにも環境にもやさしい」が、もはや単なるトレンドではなく着実に生活...
セレクトショップや食品雑貨店でも見かける「コーディアル」は、ハーブや果汁を濃縮させた飲みもの。イギリスでは特に親しまれていて、家庭でつくる人たちもたくさん...
今年は梅どころか桜の開花もだいぶ早めの予報ですが、そろそろ家庭菜園のプランを考え始めるのがこの時期。さすがに気がはやいと思うでしょう、でも種まきからいくな...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...