肌が飲むように吸い込む。オイルの概念をくつがえす、伊豆大島産「生の椿油」

日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタになる」「ニオイがする」なんていう意見も…。

でも「生の椿油 ジャポネイラ」はさらっとしていて、肌にすっと入ってしまうんです。それはなぜか?作り方が違うからです。

世界で唯一の
特許技術でろ過

B1de2303a89b51f2eed0d5244764e0827939b4ad

アメリカでは、加工した油に含まれ健康を害するとされる、トランス脂肪酸の食品添加が2018年6月より全面禁止になりました。そもそもなぜカラダに悪いとされているのでしょう。「農林水産省」によると、摂取する量が多いと悪玉コレステロールが増え、心臓病のリスクが高まってしまうからだとか。

植物から油を採る際、精製の過程でいやなニオイを取り除くため、高温で処理する時にできてしまうのが、このトランス脂肪酸です。口に入れたり肌につけたりするものなら、なるべく避けたいですよね。

そして、一般的な椿油は加熱処理されていますが、ジャポネイラは自社で開発、特許を取得した非加熱製法を用い、熱を加えず生で精製を行っているので、トランス脂肪酸が生まれません。

21db17a8620cd09fe3771c87af830cf9282f092e99f905916e81659085271d9304f5ca1ef67c6caf

熱によって成分が変わってしまったものは、ベタベタして肌の上に留まりますが、このオイルはすっと飲むように肌が吸い込んでしまうのがすごいところ。しかも透明で、ニオイもほとんどなくサラサラ。保湿力も加熱して作ったものの2.5倍と、いいことづくめなのです。

6dabec76b6dca5b50ad35015253f707a31aebf50Fa7110b6984def1fa5ed7380b8c098129e1ed0a2

「化粧用」には伊豆諸島に自生しているヤブツバキの種を使用し、「食用生の椿油」は契約農家のものにこだわっているというのも、嬉しいところ。「株式会社椿」という社名にも、その意思は表れていますよね。

椿油は人の皮脂の主成分であるオレイン酸を多く含んでいるので、お肌の乾燥を防ぎ、みずみずしく保ちます。保存料や香料なども使っていません。

ここだけの話、食べても大丈夫なんです。食用の商品も展開しているのですが、こちらは風味をいかすため、精製を抑えています。化粧品用との違いはそこだけ。口に入れてもいいものを使うって、何より安心なポイントではないでしょうか。

気になる使い方は?

2b3d018a6f6484488b0b8ee3cd2aa7dcb564853c

顔に使う場合は、洗顔後や入浴後に化粧水をつけたあと、手のひらに1プッシュ弱を取り、顔全体に優しくなじませてください。

また個人的なおすすめは、保湿クリームに数滴加えて顔に塗ったり、頭皮に少しずつつけてマッサージするスカルプケア。リンス後の濡れた髪に数滴つけたり、お湯をためた洗面器に1滴垂らしてかき混ぜ、髪全体にしっかり行き渡らせるオイルトリートメントも◎。ドライヤーの熱から守ってくれ、つやつやの仕上がりに。大きな声では言えませんが、猫にひっかかれたキズに毎日塗っていたら、跡もなく治ってしまいました。

ペットにも使えるので、前述のオイルトリートメントをすると毛がぴかぴかになります。

ちなみにジャポネイラを使ったミストや、バラのオイルを加えたネイルケア用オイル、シャボンなども。また、食用のオイルも取り扱っています。

アルガンやスクワラン、ココナッツに馬油など、さまざまなオイルが美容に使われていますが、もしも無人島に持って行くならこの1本をおすすめします。

Licensed material used with permission by 株式会社椿
Reference:農林水産省
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...