我が社のバイブルにします、とメーカーも賞賛する『文房具図鑑』。作者はなんと小学生!

ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。

元々、夏の自由研究としてまとめたものが出版社の目にとまり、書籍化されたのだとか。といっても100ページオール手書き!文具ひとつひとつに解説と、それに対するメーカーのコメントも添えられていて、まさに文房具への愛が詰まった一冊なのです。では早速、覗いてみましょう。

文房具への情熱がひた走る!
オール手書きの100ページ

Dad164c4a732aa04f58c5460560a834f0125b636

この本で紹介している文房具は誰もがよく知るマッキーから、ひと目見ただけでは用途がわからない(?)マニアしか知らないようなものまで。全部で168個。う〜ん、濃い!

68283bfa8e2a0ae72118256f72a11e6d2fb10d08C46754e158e0d1bac872804176dd1255db69524cF69118aadd63e0cae67dc4153bcb76af403b26c01cf08aebf8c08a0180c1042ff4e3c28aaf413ee5

消しゴムの紹介では消しカスや消し跡、鉛筆削りの場合は削りカスを貼り付けるなど、その文房具の魅力を最大限に伝える工夫が盛りだくさん。

5fdbb2ebb59fa807a6a120a2c466297a0cc47322

ここで取り上げているのは健太郎くんが使ってみたものばかりなので、イラストもリアル、コメントも辛らつなものが多々アリ。

ちなみに、メーカーからのコメントがページ下に掲載されていて、みなさん健太郎君の解説に感服の様子。

「解説うますぎ!営業トークに使わせてもらいます!」

といった賞賛の声も並びます。

C2e752eabe9652108a31e03c0f90030e70e6af3d

いろんなボールペンを使って一人の「おっさん」を描いているページも。それぞれのタッチが一目瞭然で、自分好みのペンを見つける参考になりますね!

意外と知らなかった
文房具の雑学クイズ

さらに、いくつかクイズも用意されていて読者を飽きさせません。2問ほどピックアップしてみましたが、アナタは正解が分かりますか?

早速、第一問!

Q:鉛筆には鉛がふくまれてるでしょうか?

46d7f5b0410e91860b51ed2fa47d319f2552a1b0

答えは……「含まれていない」です。

「鉛筆は黒鉛と粘土をまぜて作ったしんを木のじくにいれたものなので鉛ははいっていません」とは健太郎くんの弁。

では、次の質問!

Q:ボールペンでかいた字は何年もつでしょう?
①3億年 ②50年 ③30年 

6a6632ccc611ef163d3e73355b9d535ff5ca1f91

答えは……「②の50年」です。

「油性は通常のほかん状態だと数十年もつといわれています。じっさいにMONO消しゴムなどで有名なトンボ鉛筆はボールペンを売りつづけて50年になるが、50年前の書類がまだ残っている。しかし!太陽にあてつづけると6ヶ月ほどで消えてしまう」とのこと。

鉛筆の歴史は
マンガで面白おかしく再現

7f896cbc484a2dff003d53f2da3e2080b1b69fea

歴史って苦手な人が多いイメージがありますが、マンガにしたのはそれを知ってのこと?どちらにせよ、センス抜群。面白おかしく再現されていて、サクッと勉強になります。この続きは実際に本を読んでみてのお楽しみ♪

定価はナント…
3兆円!?

これだけ手の込んだ作品だから、健太郎君は定価3兆円での販売を希望したそう。でも実際は、大人の都合なのか約99.99999995%引きの1,500円(税抜)で販売中。

7e007ff8f6e77134f9e5677ed1b347b98b4c6314

健太郎くん、最高だぜ!

『文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説』(著&イラスト:山本健太郎)

小学6年生の文具愛が爆発した、オール手描き100ページの類なき衝撃作。その「濃さ」に大人の文房具マニアも絶賛。168アイテムに及ぶ図鑑が、ついに書籍化。

密かに訪れている、銭湯ブーム。人気のTV番組で紹介されたり、「銭湯部」なるサークル活動をしている企業があったりと、最近では若い人の間でも人気になりつつあり...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
時代が移ろいゆくにつれて、どんどん便利になる世の中。たとえば、発達する医療。そのおかげでわたしたちは、長生きができるようになりました。現在の日本人の平均寿...
動物たちの求愛行動を「にんげん」のダンサーが表現したら…。この前衛的なダンスパフォーマンスPVを制作したのは、日本のコンドームメーカー「相模ゴム工業株式会...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
「カタチあるモノは必ず壊れる」という言葉の通り、モノには当然「寿命」があります。よくよく考えれば、まだ壊れてないから、と使いつづけている身の回りのモノたち...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
ビール味のコーヒー!?米メディアMASHABLEが報じたニュース「Starbucks Is Experimenting With a Beer-Flavo...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
いるだけで自然と場が盛り上がる、天真爛漫なムードメーカー。あなたの周りにもきっとひとりくらいはいるのでは?「Elite Daily」のErika Hube...
種も仕掛けもありません。もちろん、ノコギリのようなギザギザ歯も付いていません。ごく普通のカッターでも、驚くほどカンタンにガラスの瓶がキレイに切れてしまう。...
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
「VISION GLASS」は、インドの老舗耐熱ガラスメーカー、BOROSIL社が製造するグラス。直火対応OKの耐熱性とミニマルなデザインがウリです。現在...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design St...