夏の最強ドリンクは「紅茶」だった!?驚きの健康&美容効果7つ

日焼け、食欲減退、汗臭さ……これら夏の悩みに紅茶が役立つかもしれません。

コーヒーや緑茶に比べて、日本人には馴染みがうすい紅茶ですが、世界中で一番飲まれているお茶は「紅茶」なのです。その秘密は、じつはすごいパワーを持っているのだとか。日本における紅茶研究の第一人者である磯淵猛氏に話を伺い、そのパワーについてまとめてみました。

01.
紫外線が肌に
侵入するのを防ぐ!?

4a7abac7c1b2d2f7eb8156cf941a61aac081c4f0

一般的に紫外線対策には、抗酸化力のあるビタミンEやシミ・そばかすの原因になるメラニン色素の沈着を抑えるビタミンCが知られています。では紅茶は? 

じつは、紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールには、紫外線による肌の炎症を抑える可能性があるそう。残念ながら紅茶自体に、ビタミンCは含まれていませんが、レモンティーであれば、レモンに含まれるビタミンCだって摂ることができます。

夏は、日焼け止めを肌に塗るのに加えて、毎日紅茶を飲む習慣を!


02.
意外すぎる……
紅茶と体臭の関係

0b318b1ee7cff024c1fbf3b0946bfd2d7867da8f

体臭の正体は、カラダのなかの老廃物。汗などで体外に出ることによって、気になるニオイになるのです。

対策のポイントは、老廃物をキチンと排出すること。つまり利尿作用を促すことが重要になってきます。水をたくさん飲むことがデトックスにつながると言われていますが、それと同じ理論ですね。

よく知られている通り、紅茶は利尿作用のある飲料。定期的に飲むことで、新陳代謝をよくしてくれるので、夏のニオイ対策にもオススメなんです。


03.
紅茶風呂は
肌をなめらかに!?

Ace490c84c396f0163dcd85b9ff677688c4e99c6

今、注目を集めている「紅茶風呂」。

お風呂の中はカビ菌や大腸菌がいっぱい、というのはよく知られた話。紅茶風呂は、紅茶ポリフェノールによる抗菌作用で、カラダや風呂場を清潔に保つのに一役買ってくれます。

そして、女性にうれしいのが美容効果です。シャンプーなどで「ツバキオイル」という成分をよく目にしますが、紅茶はもともとツバキ科の植物なのもうれしいですね。

紅茶風呂は準備も簡単。お湯をはったバスタブにティーバッグを2つ〜3つ入れるだけ。入浴剤がわりに試してみるのもアリですね。

04.
アウトドアでは
「レモンティー」!

6f1b9f6ad8577e5877dce4e57ba29ae0c857bd8b

夏のアウトドアは大袈裟ではなく過酷です。

夏バテは言うに及ばず、熱中症や脱水症の危険性もあります。必要なのは、コマメに水分、糖分、ビタミンCを摂ること。そして、これらをすべて含むのが加糖のレモンティーなのです。

「緑茶でもいいのでは?」「ビタミンCを摂るなら柑橘系のフルーツが一番」と思う人もいるでしょう。

たしかに緑茶にはビタミンCが含まれていますが、糖分を加えて飲むというのは一般的ではありません。また、ビタミンCの含有量でいえば、レモンや夏みかんなどフルーツのほうがレモンティーより多いでしょう。ただし、ビタミンCというのはすぐに体内にとどまらず、すぐに体外に排出されてしまいます。たくさん摂ることより、定期的に摂ることが大事なのです。そう考えると、それが海であれ、山であれ、あるいは街中でも、レモンティーは、水分、糖分、ビタミンCを摂取しやすいものといえます。

ちなみに、キャンプなどに持っていくなら、ティーバッグを持っていくのがベター。じつは紅茶に含まれるタンニンには止血効果があり、ちょっとした怪我や火傷の際にティーバッグを当てることで応急処置になることも!

05.
夏バテ防止には
紅茶で腸活!?

52913a51b93dc60dfb8c5ec736c4c690523ecadf

夏バテの多くは、食欲減退が原因。暑さによるそれもさることながら、冷たいものを飲み過ぎて、内蔵が疲れてしまうことも……。

そんな時にも紅茶です。紅茶に含まれるポリフェノールの1種テアフラビンには、腸内の一部の悪玉菌を抑える効果があるという研究結果があり、腸内環境の改善につながる可能性があるのです。「夏バテ気味だな〜」と感じた時には、水の代わりに紅茶を。腸内環境が整えば、しっかりと食欲も湧いてくるし、夏バテ解消のつながるというわけです。

06.
ダイエットにまで
効くって本当?

22719197ea0fa6bd4ed2f73e7bb52df5e059d1e6

「紅茶がダイエットに効く」とはいろいろなところで語られています。

その根拠としては、上で紹介した整腸作用や利尿作用が挙げられますが、他にも紅茶には知られざる効果が!

例えば、紅茶ポリフェノールが脂肪の吸収をおさえてくれるということに加え、紅茶に含まれるビタミンB1は糖質を分解し、エネルギーにかえるチカラを持っています。

もしもダイエット効果を期待するなら、数ある紅茶のなかでも無糖のストレートティーを。なんといってもカロリーゼロですよ!

07.
もちろん、
リラックス効果も!

B8cd1629e793736627449b9db4566d2e382c4a8f

そもそも紅茶って美味しいもの。

暑さでイライラ、ストレスのたまる夏場だからこそ、ゆっくりと味わたいものですよね。カフェインやテアニンといった成分には、リラックス効果もあります。

なにも毎日、自宅でお湯を沸かして紅茶をいれなくてもOK。コンビニやスーパーで購入できるペットボトルの冷えた紅茶を、夏のドリンクの選択肢にいれるだけでも、ここで紹介した紅茶の効果を取り入れられるはずですよ!

C6dda0241cea8cb1f6455252655089e4dc1866fd
Sponsored by Kirin Beverage
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
健康を維持するためにも、栄養は効率よく摂りたいものです。しかし、当たり前のようにやっていることが、じつは食材の栄養効果を無駄にしてしまっていることも……。...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
体の芯から冷え込むような、本格的な冬がやってきました。そんな季節を風邪知らずで乗り切るために、ぜひ取り入れたいのが今注目の「甘酒」です。それもフツーの甘酒...