アメリカの競泳代表選考会。選手の緊張をほぐす「30匹のセラピー犬」が話題に

まもなく開幕を迎えるリオデジャネイロ五輪。競技によっては、それぞれの国の中で、出場枠をめぐる「代表選手選考会」が開催。4年間継続してきた努力の成果がたったひとつの大会で問われるとあって、選手が受けるプレッシャーの凄まじさは想像に難くありません。

この状況で最大のパフォーマンスを発揮するためのカギはただひとつ。「いかにリラックスして、自然体で本番に臨めるか」でしょう。

リラックス方法は
選手によってさまざま

Medium 3ee884f7d631f5d7bd7338815aa1a217691f92f7

もちろんアスリートにとっては、そんなことは百も承知。だからこそ、それぞれが自身にとってベストと考える方法で、試合直前の不安を抑えようとします。

例えば、ある選手は試合直前までお気に入りの音楽を聴き続ける。手の平にあるリラックスのツボを押す、意識的に口角を上げるという選手もいれば、ひたすら良いイメージを描き続ける選手もいるはずです。

そして、「犬を抱っこする」なんて人も。

ピリピリの会場に
セラピー犬が登場!

Medium 91c0e7a9e99197763471e17f704daf1cdb1595e2

先日、ネブラスカ州オマハにて実施された、アメリカの競泳代表選手選考会。トップスイマーたちがすべてを賭けて臨んだ舞台は、さぞ熱気に包まれたことでしょう。でも、そんなピリピリとした雰囲気に似つかわしくないキュートな犬が登場し、大きな話題となりました。

実は彼ら、選手たちの心理的サポートを行なうセラピー犬。アメリカの非営利団体であるDomesti-PUPSが、ナーバスになっている選手に平常心を取り戻してもらおうと、30匹派遣したのだそう。

与えられた使命は
とにかく癒すこと

もちろん、やるからには本気。「Vocativ」によると、4匹で1チームを構成し、3時間毎のシフト制を導入。選手と一緒に遊ぶことで不安を取り除き、本来持っている実力を最大限発揮させることにコミットしたのだとか。

しかも、それぞれがセキュリティカードを身につけるほどの徹底ぶり。“スタッフ”としての自覚を感じますね。

「過去最高の泳ぎができた」

「みんながナーバスになっていたけど、とてもリラックスできたよ」と選手の評判は上々。中には、過去最高の泳ぎができたというスイマーも。

病院や介護の現場におけるセラピー犬の活躍事例は数あれど、このような真剣勝負の場にまで進出していたとは……。もしかしたら東京五輪では、チームスタッフとしてセラピー犬を帯同させることがワールドスタンダードになっていたり?

Reference:Vocativ
Licensed material used with permission by SWIMSWAM.com
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
瞳を持たずに生まれたにも関わらず、とても明るい性格でニコニコ幸せそうに毎日を過ごすゴールデンレトリバー「スマイリー」の写真に世界中がメロメロ!現在は心の病...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
もしも、目の前に首輪をつけた犬が一匹で歩いていたら…?普通は迷い犬だと思ってしまいますよね。しかし、米・ケンタッキー州に住むゴールデンレトリバー「デュー」...
人類最高の友、犬。いつでもそばにいてくれる人懐っこさとどこか憎めないキャラクターが魅力的。そんな犬の魅力を、ちょっとゆるめのイラストでまとめるロシア在住の...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
犬や猫を、殺処分から保護することを目的としたNPO団体「Angels Among Us Pet Rescue」。彼らがFacebookに投稿したある一枚の...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...
米アラバマ州で開催されたエルクモント・ハーフマラソン。そのスタート直後、どこからともなく一匹の犬がランナーの隊列に並走し始めました。団子状態の先行集団が坂...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
なんとなく捨てられない、着なくなった古いセーター。その素敵な再利用を実践しているのが、野良犬を保護する米保健所「Washington County Ani...
ロサンゼルスにこんなに可愛いワンちゃんがいるのをご存知でしょうか。今すぐ、インスタグラムで『Popeye The Foodie Dog』と検索してみてくだ...
骨の成長を阻む病(モルキオ症候群)を抱え、四肢が細く低身長のBellaちゃん11歳。松葉杖を使って歩くこともままならなかった少女が、あるキッカケで再び自分...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
一流アスリートは、なぜ緊張して失敗してしまいそうな一回限りの本番で、考えられないような高いパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか。それは肉体だけ...
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...
「……まったく、ホント勘弁してほしいよ。撮影だっていうから行ってみたら、いきなり扇風機の風を直撃だもんね。そりゃ、なびくに決まってるでしょ(笑)、こんなに...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...