本当は犬が好きじゃないパパがつくった「飼うための契約書」が厳しすぎる!でもじつは・・・

「パパ、犬を飼ってもいい?」

子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約書をつくりました。そしてこれを全部守れるなら飼ってもいい、と。

本当は犬を飼うのはイヤだけど、子どもたちの願いも叶えてあげたい…そんなパパの気持ちがにじみ出る、その契約内容って?

「犬を飼いたいなら
この契約を守ること」

Ba7a465cf2e4d914c983f3ca81d85accc12fc8ff

01.
パパは絶対に
フンの始末はしない

パパは何があってもフンの始末はしない。パパが快適に過ごすために子どもたちで最低、週3回はフンの掃除をすること。

02.
フンをする場所を
しつけること

犬が庭の端(お隣の家のフェンスの向かいの石のところ)でだけフンをするようにしつけること。前庭と裏庭の芝生の上にフンがあってはならない、と全員が認識すること。

03.
選択肢は小さい犬のみ

とても小さい犬であること。大きさは15ポンド(約6.8kg)まで。

04.
抜け毛は認めない

毛が抜ける犬ではないこと。一本もだ。

05.
ヨダレも認めない

ヨダレや鼻水を垂らす犬ではないこと。そのような犬は品位に欠ける、と全員が認識すること。

06.
フローリングを
傷つけないこと

犬に床を引っ掻かせないこと。爪を短く切る、靴を履かせる、外科手術をする(!?)など、手段は問わない。犬がフローリングを傷つけてはならない、と全員が自覚すること。

07.
パパは犬を
お風呂に入れない

パパが犬をお風呂に入れることはない。また、パパが「臭い」と判断したら24時間以内に子供たちがお風呂に入れること。

08.
家の中での粗相は
許さない

もし犬が家の中で粗相をして、ハウスクリーニングサービスでどうにもできなかった場合、シミや臭いをとるために有害な薬品を使わなければいけない、と知っておくこと。

09.
パパには名付けの
拒否権がある

パパには、犬の名前が気に入らなかったら拒否する権利がある。

10.
エサは
ごく普通のドッグフード

オーガニックやぜいたくなエサ、特別なドッグフードを与えないこと。ごく普通の、昔ながらのドッグフードで十分であると全員が認識すること。

11.
犬はあくまでも
犬である

犬を子どもや兄弟姉妹のように扱わないこと。全員が「犬は犬である」と認識すること。

12.
クリスマスカードに
犬の名前は載せない

クリスマスカードの写真に犬が写っていることがあるとしても、それは単なる偶然である。つまり、犬が写真の中心になってはいけない。

13.
子どもたちの責任で
犬の面倒を一生みる

子どもたちは、犬への愛情が冷めたり、犬に飽きたりすることがあってはならない。犬は基本的に子供たちの責任のもと、一生面倒をみるということを全員が認識すること。

そして契約の行方は…

6febebf170e98c8142a5968924ca46df833c7b35

結局、家族全員がサインし、そして子どもが書いたと思われる「犬!!」のサインまで。

この契約が結ばれた2週間後、家族はちょうど15ポンド(6.8kg)ほどの白くて毛の長い3歳の犬をシェルターからもらってくることになったそうです。毛の抜け変わりもなく、すでにしつけがされていて、ヨダレの心配もなし。「カーショー」と名付けられ、パパの拒否権も発動されなかったそうです。

そして契約から2年が経ったいま、子供たちはきちんとカーショーの面倒をみているとか。普通のドライドッグフードを食べ、家の中での粗相もなし。

パパも含めてみんな、カーショーのことが大好き。ただし契約書通り、家族の一員としてではなく、あくまで一家の愛犬として、だとか。

Licensed material used with permission by RJOHNSTONE13
仕事を探している時、履歴書を書いて自己表現するのは、私たち人間にとっては当たり前のこと。しかし、犬が同じことをしてみたらどうだろう。これが意外にオモシロか...
人類最高の友、犬。いつでもそばにいてくれる人懐っこさとどこか憎めないキャラクターが魅力的。そんな犬の魅力を、ちょっとゆるめのイラストでまとめるロシア在住の...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
愛犬マイマイ(ゴールデン・レトリバー)との生活をスケッチした、台湾人イラストレーターのジョンさん。犬好きな人はもちろんですが、一度でもワン子と暮らしたこと...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
ロサンゼルスにこんなに可愛いワンちゃんがいるのをご存知でしょうか。今すぐ、インスタグラムで『Popeye The Foodie Dog』と検索してみてくだ...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
ワンちゃんはマブダチ!ファミリー!そう思っている人も多いはず。じつは、彼らも人間の感情をちゃんと理解していると科学的に示された研究結果があります。2014...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
ときどき、可愛いスカートやベストを着てキメていたり、泡々のバスタブに浸かって気持ち良さそうにしている「セレブ犬」をSNSで見かけることがある。きっと、お金...
「うちの子に限ってそんなことはない!」。そう思いたい方の気持ちも分かりますが、驚きの調査結果を「Psychology Today」に発表したのは、動物心理...
みなさん犬は好きですか?犬好きな人って、何となく情が深くて、愛嬌たっぷりな印象があります。そんな「犬好きの女の子」を彼女に選ぶべきだと語っているのは、「E...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...