14年間「実験動物」として生かされた、3匹のビーグル犬が自由になった瞬間

医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表がビーグル犬だということを知っていましたか?

この動画は、14年間に渡って臨床実験を受けてきた3匹のビーグル犬を紹介したもの。アメリカのボランティア団体によって自由を得た、彼らの表情の変化に注目です。

14年間、実験に耐えてきた
3匹のビーグル犬

スクリーンショット 2015-11-24 15.12.47

2015年9月30日、「Bealge Freedom Project(BFP)」は、年老いたビーグル犬を韓国の保健所から引き取りました。永きにわたる役目をようやく終えた3匹ですが、製薬会社の研究室で実に14年間に渡り実験動物として扱われていました。同じような境遇の犬たちとともに、ぎゅうぎゅう詰めの保健所の檻の中にいたそうです。

韓国では、毎年8,000匹近い数のビーグル犬が実験に使用されているとBFPは主張。そのうち大多数が、一度も解放されることなく、檻の中で一生を過ごしているんだそう。しかし、これは韓国に限った話ではありません。世界各地の研究施設で同じようにビーグル犬が使われているようです。

スクリーンショット 2015-11-24 15.12.22

今回、韓国の動物愛護団体の支援を受けて、BFPは3匹のビーグル犬を引き取り、アメリカ移送後、里親探しのプランを描いていました。しかし、老いた彼らは病に冒されていたのです。
まずはその治療が先決。1匹は脂肪腫瘍を摘出する手術を受け、もう1匹は腐った歯を10本抜歯。こうして体調回復までに、およそ2ヶ月間を要したようです。

太陽のきらめき、芝生の匂い
老犬たちに笑顔が戻った。

スクリーンショット 2015-11-24 15.13.17

そして、いよいよ韓国からアメリカへと旅立つ日がきました。車中、何年ぶりかに見る太陽の日差しに目を丸くする老犬。そして、3匹は海を渡りました。

スクリーンショット 2015-11-24 15.52.53

もしかしたら、彼らにとって初めて踏みしめる芝生の感触だったのかも。恐るおそる、でも、ちぎれそうなくらい尻尾を振りながらケージから出てきました。献身的なスタッフたちの介護で元気を取り戻していったビーグルたち。現在、里親探しの真っ最中だとか。第二の人生がアメリカで今まさに始まろうとしています。

スクリーンショット 2015-11-24 15.12.00

Huffington Post」によれば、生物医学研究の際に実験台にされる犬の中でもビーグル犬は最も一般的なようです。というのも体格が小型で、性格の穏やかなビーグルは実験に適した犬種なのだそう。BFPは、実験動物として利用される彼らの余生を救うための活動を世界各地で続けています。

 Reference:Huffington Post , The Dodo
Licensed material used with permission by Beagle Freedom Project

その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
まもなく開幕を迎えるリオデジャネイロ五輪。競技によっては、それぞれの国の中で、出場枠をめぐる「代表選手選考会」が開催。4年間継続してきた努力の成果がたった...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...
3匹の犬と1匹のブタ。オーストラリアのフォトグラファーであるアリッサさんと旦那のニックさんは、なんとも不思議な組み合わせのペットたちと一緒に暮らしています...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
愛犬家なら、一度は気になったことがあるかもしれません。いったい、ナゼ犬たちは、排泄前にベストポジションを見つけるかのように、クルクルと徘徊するのか?いった...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
Facebookに投稿された2匹の犬の写真は、米テキサス州ダラスの道路上で撮影されたもの。息絶えた茶色い犬の側で、ただじっとたたずむ白いグレート・ピレニー...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
ワンちゃんはマブダチ!ファミリー!そう思っている人も多いはず。じつは、彼らも人間の感情をちゃんと理解していると科学的に示された研究結果があります。2014...
ここで紹介するのは、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaのプロジェクト「動物たちにやさしい世界を」の一環で制作された映像。命ある動物が“モノ”として扱われ...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
あなたは犬派?猫派?それとも他の動物が好き?知り合ったばかりの相手の「人となり」を知りたいときの定番の質問ですが、やっぱり好きな動物の種類によって、その人...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...