人間の細胞からつくった「ミニ脳」で、動物実験がいらなくなるかも!

2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが一番の特徴です。実用化へのプロセスが非常に速やかに進むと予想されており、実験用の動物に頼る機会を早い段階で大幅に減らせるのではないかと期待されています。

開発したのは、Johns Hopkins Universityの毒物学者、トーマス・アルトゥング博士が率いる研究チーム。彼は、大学のwebサイトで、これまで動物実験によって有望な結果が得られた薬品なども、95%は人間に応用できなかった、とコメント。2016年内の「ミニ脳」生産開始を目標としています。

カンタンに培養できる
「ミニ脳」って?

A7f76320008e1c4951f54ebeea4e016e66b56fd2

そのサイズは、ハエの眼球ほど(直径0.35mm)。ひとつのシャーレに100個設置可能で、それぞれから100〜1,000もの複製を作ることができます。2ヶ月ほどで4種類のニューロンと2種類の支持細胞が成長し、ボール状の脳ができあがり。

これによって、幅広い実験環境のもと、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、自閉症、感染症、トラウマ、脳卒中などの研究が行えるようになります。ちなみに、これまでにも同様の研究は行われていましたが、実用化へのプロセスが非常に容易である点が、従来と違うところだそう。

アメリカ合衆国農務省(USDA)」の統計によれば、2014年のアメリカ国内に限っただけでも、およそ85万にも及ぶ動物たちが実験に使用されました。「日本実験動物協会」が発表している、2010年に日本で販売された実験用動物の数は、合計586万5,403にも。

どちらも衝撃的な数字ですが、博士は「ミニ脳のようなモデルを、いつでも、どの研究室でも作れるようになれば、多くの動物実験の代替案として機能するようになるでしょう」と語っています。

Licensed material used with permission by Science Alert,
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
5月6日、科学誌「Oncotarget」に掲載されたレポートによれば、バークレー大学やスタンフォード大学、ニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、今後の...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
初めて子どもの歯が抜けると、上の歯は軒下に、下の歯は屋根に放り投げる。こんな風習があったのも今は昔。最近では、「へその緒」のように乳歯用のケースまで存在し...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え...
今の快適な生活は、誰かの大切なものを奪うことで成り立っているのかもしれない。それを意識しながら日々を過ごしている人は、どれだけいるんだろう。人間同士で思い...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
カラスの賢さは、すでに誰もが知るところ。では、学者レベルでの研究では、どのようにカラスの知能を調査しているのか?これは、ニュージーランドのオークランド大学...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
脳機能を高めるトレーニング法には昔から、そろばんやピアノ、瞑想などがいいと言われてきた。だけど、いわゆる脳トレに、もっと身近で簡単な方法があるそう。それが...
ワンちゃんはマブダチ!ファミリー!そう思っている人も多いはず。じつは、彼らも人間の感情をちゃんと理解していると科学的に示された研究結果があります。2014...