ドイツで、学年も時間割もない学校が注目されている。

ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。

学びたい科目と、いつテストを受けるのか、を一部自分で決める仕組み。そのため、授業さえもありません。

教育方針は、
やる気を起こすこと!

39b38b2f7ee2dd91cc14499fb5f39e1fa012238d

ガーディアンには、校長のMargret Rasfeld氏のこんなコメントが。

「3~4歳の子どもたちを見てください。みんな自信に満ち溢れていて、学校が楽しみで仕方ありません。でも、ほとんどの学校が彼らのやる気を奪ってしまっています。若い人々の変化に対応する力をもっと育てて、楽しめるようになってもらわなければ」。

自由に学べるのは、数学、国語、英語、社会科に限定されているようですが、これに加えて、責任や挑戦といった科目が設けられています。

たとえば「挑戦」では、150ユーロが手渡されて自主的に社会科見学へ。その際、計画はすべて自分の手で行わなければなりませんが、カヤックをしに行ったり、農場で働いたりと自由。なかには本格的に英語を学ぶため、イギリスにトレッキングをしに行った例まで。

14歳の少年が、
企業と交渉!?

7f62b5a9421a5586e47ef5238c38d34fa166a4a4

トレッキングに向かったのは、アントンくん14歳とその他数人のグループ。彼らの目的は、学校で習う英語よりもより深い学習を行うため、国外へと出ることにありました。その行動力には驚きます。

しかも、足りなかった資金を補うためにドイツ国鉄と交渉。社員200人の前でスピーチすることを条件に、無料の切符を手にしたというからあっぱれ。

自律を強化し、
協調よりも協力を促す。

学校のwebサイトにはこんな表記がありました。

・個人の能力に沿った学習をする。

・できることをする。

・誰かに教える。

・誰かに教わる。

こうして個人に合わせて学習を進め、サポートし合える環境を用意することで、自然にコミュニティ全体を強化できるとのこと。何を学ぶのかを自分で決められる点も含めて、その自由度が生徒たちに自信を持たせることに繋がっていると言われています。

ドイツだけじゃない。

Eb432d34cea03b3a19d2031c2ea1b93f6b80d9d2

この仕組は、サドベリースクールやデモクラティックスクールと呼ばれる学校にも通ずるもの。ボストンにある「サドベリー・バリー・スクール」では、生徒やスタッフが年齢などに関わらず同じ一票を有し、定例ミーティングで議論を重ねながらルールなどを構築していくそう。学習方針はもちろんのこと、施設の利用から、雇用、財政に至るまで、関係者なら誰でも自由に参加できる会議を介して決定が行われます。

そのため、物事の善悪が年齢や役職によって一方的に判断されることがなく、説得や交渉と言ったコミュニケーションが判断の中心に置かれているという意見もあり、一部では注目されているようです。

ドイツでは、ESBCと同じような制度を導入しようと40校が検討中とのこと。誰が、どんなスキルに特化するようになるのか予想がつきませんが、Margret Rasfeld校長からはこんなコメントが。

「労働市場で求められているスキルは変化しています。インターネットやスマホによって情報へのアクセスが容易になった今、最も重要なのは自分自身がやる気を起こすことです」。

ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
あなたは「自分探し」をした経験がありますか?私は、新卒で入社した大好きだった会社を、一年半で退職しました。ただただ、社会人というキラキラした世界に憧れ「本...
ドイツのティッセンクルップ社が開発したエレベーターは、ワイヤーの代わりに電磁石を利用し、上下だけでなく左右にも移動可能。ベルリンに建設される「イーストサイ...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
子育てをしていると、子供が学校からいろいろなお手紙を持って帰ってきます。7歳のネイサンくんも、ある日「学校から」と言ってお母さんに手紙を渡しました。でもこ...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...