1台の「自転車」がアフリカの教育支援につながる理由

教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受けることができれば、さまざまな新しい可能性にチャレンジできるのです。

しかしアフリカをはじめとした多くの発展途上国では、学校に通えない子どもたちがたくさんいます。そんな多くの子どもたちが、これさえあればちゃんとした教育が受けられる、というアイテムがあるんです。

それは、自転車。

毎朝5時に起床。
8km歩いて学校へ行く

「World Bicycle Relief(WBR)」という団体は、自転車を通じた教育支援を行っています。でも、どうして自転車?と思いますよね。

Medium f0d4bac35014c1e46101f70dc97bbea31f3226b8

彼女の名前はPriscah。アフリカ南部に位置するザンビアに住む、13歳の女の子です。彼女の通う学校は、7時にはじまります。そのために毎朝5時に起き、8km歩いて学校に行っていました。朝は家事も山積みですが、手伝っている時間はありません。

それでも、学校にはよく遅れてしまいます。遅刻の罰として、学校でさまざまな仕事をするよう言いつけられます。すべてが終わって授業に出られる頃には、もうクタクタ。正直勉強どころではありませんでした。これではどんなにやる気があっても落ちこぼれてしまいます。

自転車が来てから
生活が一変

Medium bb1a34d4946a09276986eb4d020474c7c6c1c494

そこでWBRは、Priscahに自転車をプレゼント。それだけで、彼女の毎日は劇的に変わりました。毎朝1時間多く睡眠時間が確保でき、しかも家事をしてから家を出られるようになったのです。

帰りは水を汲んでいくことできるし、明るいうちに到着できるので帰宅後の勉強もばっちりです。さらに、後ろの座席に弟のPrinceを乗せて一緒に学校に行くことだってできるんです。

Medium ddb3d5adef107910e08c51128a3cbb3b8c528917

さらにこの自転車は、家族全体の役にも立っているそうです。Priscahのお父さんは、小さな農場を持っていて、取れた作物を市場に売りに行きます。片道20kmの道のりですが、自転車を使えば一度にたくさんの作物を持っていけるので、売上は大幅にアップしたそうです。

こうしてできたお金で子どもたちの学費を払い、従業員を雇い、トラックまで買ったばかりか、とうとうお店まで開いてしまったのだとか。たった一台の自転車が、家族の行動範囲を広げ、日常生活を改善し、幸せをもたらしたのです。

自転車をプレゼントする支援
「A Way Forward」

Medium 8410caa7ec86293b34348a1b019f74b40a051571

WBRは、このように自転車を通じて子供たちを救うべく、「A Way Forward」というキャンペーンを実施しています。これは寄付をすることで、自転車や整備用工具、交換用のタイヤなどを購入してあげられるというもの。

147ドル(約17,000円)を寄付することで、自転車2台分の購入支援になるそうですよ。

Licensed material used with permission by WORLD BICYCLE RELIEF
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「Cocci Pedale(コッチペダーレ)」は、自分で簡単にパーツやカラーの組み合わせを選択し、カスタムオーダーできるサービス。その組み合わせは、なんと...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
自転車は身近な乗り物であり、生活に欠かせない人も多いでしょう。そんな自転車が夢の中に出てきたら…それは自分にとって大きな意味があります。自転車の状態や状況...
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...