アフリカで「オレンジ色のさつまいも」が注目されている!

だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。

ところで、いまアフリカではオレンジ色のさつまいもが注目されているみたいですよ。一体どんな品種なのでしょうか。

カロテンが豊富で、
ビタミンAが沢山とれる!

Medium db9fbe43717cb9903c210076e12144d72d39d6fc

そう、注目すべきは栄養素。なんでも、このさつまいもが普及すれば栄養不足に苦しむ子どもたちの死亡率を大幅に下げられると言われているのです。

GOOD FOOD」によると、アフリカでは免疫などに関わるビタミンAの不足が問題視されており、サプリメントを子どもたちに配るだけでもその死亡率を25%は低減できるのではないかと考えられていたそう。

ただ、それにはお金がかかります。そこで問題解決に取り組んだのが、インターナショナル・ポテト・センター(CIP)の研究者たち。主食の栄養価を底上げしようと、栄養素の豊富な作物を普及できるように努めました。

そこで、白や黄色といったさつまいもが食べられていた地域に、鉄分や亜鉛が多く含まれる豆類や米、小麦、トウジンビエ、キャッサバのほか、体内でビタミンAに変換されるβカロテンが多く含まれた「オレンジ色のさつまいも」を、40ヶ国にわたって栽培したのです。

World Food Prize 2016」によれば、その結果1000万人もの人々に新たな作物が行き届くようになり、今後10年でさらに1億人へと普及するとも。

むらさき芋だけじゃない!
彩り豊かなさつまいも。

Medium a1f4ec93d8ca264d6f4f4c0778342bc21c770cc4

さて、このオレンジ芋。日本でもアヤコマチという品種などが食べられます。むらさき芋は食べる機会がよくあれど、食べたことがない人も多いのでは?ポテトサラダやフライと、いつもの料理の彩りを変えてみると新鮮かも!試してみてね。

鬼の金棒のようにゴツゴツとしたその見た目。東海地方出身の人には定番中の定番のこのお菓子。ゴロッとダイス状にカットしたさつまいもと、ふかふかの生地がおいしい...
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
部屋を模様替えする際などに取り入れている人もいる風水。海外でもそのムーブメントはあるようです。流派によって細かい違いはあるそうですが、ここではLaura ...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
オレンジから作られた新しい繊維「Orange Fiber(オレンジファイバー)」が、お手入れいらずで、しっとりやわらかお肌を手に入れられると注目されていま...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...