廃棄された飛行機の「シートカバー」が、ラグジュアリーなバッグに生まれ変わった。

身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、最後に手にするモノがイマイチだとすべてが台無しになってしまう。

では、そんな重要度の高いバッグをどうやって選ぶ?

素材やデザイン、大きさなど、考慮すべき要素は多い。が、もしかすると「ブランドの世界観」と答える上級者だっているはず。そこで、こんな情報をお届け。

それぞれのバッグには、
異なる「ストーリー」がある。

Df27b2de364dc41b44a2cd35ef023c0df6021050

7月11日、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達を開始したばかりの「PLANE」は、廃棄された飛行機のシートカバーをゴミ処理場から“救出”し、その素材を活かしたバッグを製造しているブランド。レザーを効果的に使用することで、ラグジュアリー感をうまく演出している。

3c54b635d463a24cd3d1c94091ccb210547e51c6

そして、なんといってもこのタグがポイント。ここには、使用したシートカバーが、どんな機体から取られたものであるかが示されているのだ。

それぞれのバッグには、世界中を旅したバックグラウンドがある。このタグを見れば、そんな過去の物語にまで思いを馳せることができるというわけ。

以下が現在発売中の6種類。ビジネスシーンからデイリーユースまで、ラインナップは幅広い。表記した価格は、7月17日時点の先行販売価格。

THE WEEKEND BAG
(約34,000円)

9cf56f534adf3751ffa7cdd9a73fcfd490778239

THE RUCKSACK
(約32,000円)

7beba407f6bae3e9468b30b2b999d6c2d33236d1A6fbcfe971762a7ddea343b539be701d3126c2e867351c47a8f15274cd5597c3327a3d153b01b062

THE MESSENGER
(約30,500円)

9b87c16704bdbbf785534fe6c38c45a186f9e0c0

LAPTOP SLEEVE
(約8,300円)

B548e7591a6b816f6e7b1f43aa4d7c3fe1c583988daddf4fe244a6719689f148bcf920ca0f908807

TABLET
(約6,200円)

06c65b8d0442865bda231ed4a5a453a60eb14e06

PHONE
(約5,500円)

71a0acb3269dcd9a89d27ae5389901b13db46dcb

これらはすべて日本へのシッピングに対応。発送時期は12月になる見込みだ。

ラグジュアリーなものは、
持続可能な方法でも生み出せる。

9bde51d9eb847daf2439d7e8a79eec11f66bbdd341699389303e97402536c64522221477486b107e

同ブランドは、「ラグジュアリーな製品のために、必ずしもサステイナブルな考え方を犠牲にする必要はない」とメッセージを発信している。つまり、すべてをイチから生み出すことは必須ではないということ。

04429f49e3c1a04c286f5860ca018c97ec6b86869dcf6b8b89996a0f4ee49d1153b0147287611220

世界中を飛び回り、一度はその役目を終えた飛行機。しかし、バッグへと姿を変えたいま、再び新しい旅を始めようとしている。

Licensed material used with permission by Fallen Furniture
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
いつの間にか飛行機に潜り込み、気づいたときには大空を飛行中―。そんな人騒がせなネコちゃんに、世界が釘付けになりました。舞台は仏領ギアナの航空学校。今だから...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
静岡の〈JETMINMIN〉による「DART! MINI」というバッグです。よくみるとわかりますが、メインの素材として使っているのはブルーシート。頑丈で水...
ここで紹介するのは、2015年3月20日に撮影された皆既日食の動画。普段と違うのは、飛行機の中から撮影されたというところ。その珍しい経験を見逃さないため、...