【リオ五輪明日開幕】胸を熱くする世界14カ国の「国歌リレー」

世界各地の人々が、それぞれの国歌をワンフレーズだけ歌い、リレー形式に次の人へとつないでいく『The Anthem』を紹介します。ここでは、National Anthem(国歌)でなく「The Anthem」。そこもポイントです。

ワンフレーズずつ国歌斉唱した
世界に一つだけの“聖歌”

3570be47379df86b7e945cd48d6dcc7f0befa9ab

あえて、言語や文化、国境といった障壁にとらわれず、世界14の国から国歌フレーズだけを抜き出し、ひとつのメロディに乗せるこのプロジェクト。まずは、ボツワナから始まる国歌を、オーストラリアに暮らす少女が歌います。彼女からバトンを受けたブラジル人男性が、オーストラリア国歌のワンフレーズを歌い、人々はスマホの画面を通して国歌のバトンをリレーしていきました。

ただアトランダムに歌詞を紡いでいった訳ではありません。その意味もメロディも、きちんとひとつのストーリーとして完結しているのだから不思議。こうして、世界に一つだけのアンセム(聖歌)が誕生しました。

A1a57cc7836a9194f4582c56c94ab4e16067ad36F9c1ed633ecfbb1c5bae1b1ed21815a270fe65040e6aceae574b6d18648eb89a6e91fe252031a0b66204106472dc1317f2ea38c21673b41594b65411356c43b3f573c2a1ff186869be9e9e4268df9e9b875a88e1463f563dd2dd9fd1f3e8485b9a4ea7b4

“Through our unity and harmony, we'll remain at peace as one. For we are young and free, with glowing hearts we see thee rise. The day of glory has arrived, oh say can you see, a vivid ray of love and hope descends to Earth. The people living united and progressive, join together all our hearts as one. Happy and glorious, listen to us gently with the infinite love. Unity and justice and freedom, stand unchanged by wind or frost. Offer peace to friends, and united we shall stand”.

以下、フレーズ順に14カ国。
ボツワナ→オーストラリア→カナダ→フランス→アメリカ→ブラジル→マレーシア→マラウイ→イギリス→ニュージーランド→ドイツ→韓国→チュニジア→南アフリカ

現役選手、メダリストも参加

C9a0c1441151f8007818d7808ada6397b10fb8e8A1c3566f84ab22d72314b6b54ccddf1ecc454ef2

さて、動画の中でアンセムを歌う人々の中には、現役選手やメダリストも参加していることに気がつきましたか?

たとえば、ロンドンオリンピック銅メダリストで、今回のリオにも出場する男子飛び込み選手Tom Daley(イギリス)。さらにはアテネ、北京、ロンドンと3大会連続でメダリストとなった、パラリンピック・フランス代表Arnaud Assoumaniなど。

「地理的な障害をなくし、ボーダレスな通信技術で世界がひとつになっていくように、『聖歌』を歌うことが、オリンピックを楽しみにしているファンと地球の裏側にいる選手たちが、プライドと一体感を共有しともに前進していく。それこそがオリンピックの精神だと思うのです」

とは、この世界の国歌リレープロジェクト動画を仕掛けた、「サムスン電子」グローバルマーケティングの副社長Younghee Lee氏の弁。リオ五輪の公式スポンサーでもある彼らの製品のプロモーションではあるものの、“ボーダレス”というメッセージを強く意識付ける秀逸さがありますよね。

E2ede80edf937953a5071d6870e4c74c65b2df6f

「Do, What You Can't(できないことを可能にしていこう)」。目の前の障壁に挑み続け、それを乗り越えることで成功を手にしてきた各国のアスリートたちが、いよいよ桧舞台に立ちます。明日、2016年リオデジャネイロオリンピック開幕。パラリンピックは9月8日(日本時間)から。

Licensed material used with permission by Samsung Electronics
南米初の五輪は2016年8月21日(日本時間22日)、熱戦に幕を下ろした。来月7日からはパラリンピックが開幕するが、歓喜と感動を生んだ会場は、その後どう生...
2015年の夏、日本国内に一大ムーブメントを巻き起こしたラグビー日本代表。戦前の評判を痛快に覆すその雄姿に、多くの人が魅了されたはずだ。しかし、同時にこう...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
一流アスリートは、なぜ緊張して失敗してしまいそうな一回限りの本番で、考えられないような高いパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか。それは肉体だけ...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
久々に胸が熱くなった。街のトライアスロンならともかく、世界中の超一流アスリートが集結する大会での出来事である。9月18日、メキシコのコスメルで開催された「...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
まもなく開幕を迎えるリオデジャネイロ五輪。競技によっては、それぞれの国の中で、出場枠をめぐる「代表選手選考会」が開催。4年間継続してきた努力の成果がたった...
アメリカのスイマー、マイケル・フェルプスが水泳界に残した輝かしい実績は、この先も語り継がれるに違いないと確信できるほど凄いもの。リオ五輪後に引退を表明して...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
その道の一流選手が、基本を丁寧に解説してくれる。たとえ、それが野球であれ、サッカーであれ、上達を目指す子どもたちにとって、これほど貴重な機会はないですよね...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
水着の出番が増えてくる季節、バストアップしてかっこよく着こなしたいですよね。筋トレ動画を紹介する「MuscleWatching」で、小夜子先生が効果的な腕...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...