リオ五輪閉幕後のステキな「施設再利用プラン」歓喜の会場は子どもたちの学び舎へ

南米初の五輪は2016年8月21日(日本時間22日)、熱戦に幕を下ろした。来月7日からはパラリンピックが開幕するが、歓喜と感動を生んだ会場は、その後どう生まれ変わるのか?五輪開催都市の過去の反省から、リオ市は将来的なビジョンを早期に打ち出していた。

大会後、ハンドボール会場は
4つの学校に姿を変える

F399e68c27b83f459d48f5c2e9ac15ac8306932d

iStock.com/luizsouzarj

記録的メダルラッシュに沸いた柔道、レスリングの会場「カリオカアリーナ」をはじめ、幾つかの施設は五輪トレーニングセンターとして、選手育成の拠点となる予定されているが、とりわけ注目の施設が、「フューチャーアリーナ」だ。

ハンドボール会場として、パラリンピックではゴールボールが開催される12,000人収容のフューチャーアリーナは、大会終了後に分解され、リオ市内4つの地域に移築され、公共小学校として生まれ変わる予定だという。

建設当初より、この移築案を提案してきたのは開催都市のリオ。教育環境の充実を求める市民の声に応えるかたちで建設が進められた。移築ありきのため設計はシンプルな構造、資材は取り外しがしやすいボルト留。屋根や鉄骨梁などそのまま再利用することで、移設までの追加費用も3割程度で抑えられるそうだ。

この肝入りプロジェクトは、「ノマディック・アーキテクチャー」と称され、五輪後も約2,000人の子どもたちに恩恵が受け継がれることを狙いとしたもの。また、“かつて五輪会場だった学び舎”は、子どもたちのモチベーションや誇りにもつながる。と、リオ五輪組織委員会会長カルロス・ヌズマン氏は、施設の持続可能な活用法を「オリンピック公式サイト」で強調した。

未来へのトランスフォーム
“無用の長物”で終わらせない

五輪会場の建設責任を負う機関「Municipal Olympic Company」も、閉会後の利用法について、すでに全世界へ向けてプランを発表。

「競技のためだけに五輪を準備してきた訳じゃありません。我々はここリオを未来へトランスフォームさせるために動いてきたんです」。

オリンピックは、ただコンクリート造の建造物を、遺産のように残すためにあるんじゃない。リオデジャネイロ市が直面している教育面でのインフラ整備、また世界に通用するスポーツ選手の育成に、きちんと施設を活かしていきたい。CEOのジョアキン・モンテイロ氏は声明のなかで、力強くこう表明した。

肝心なのは五輪後の利用法
長期的活用に見る未来

開催国の威信をかけた施設投資の高騰は、近年の環境問題やエコトレンドの流れで徐々に縮小化の方向を示している(新国立競技場の総工費では迷走したが)。よりコストを抑えたオリンピックを──、それがスタンダードとなりつつある背景には、開催都市の財政負担が後々まで重荷となる現状が少なからずあるからだ。

たとえば、2004年アテネオリンピックの開催都市ギリシャは、11年後に財政破綻をきたし、欧州危機の発端となってしまった。五輪で使用された複合施設は、もはや利用されることもなく、廃墟と化した写真をメディアで目にした人も多いはず。また、『オリンピック過去の亡霊』と題して「REUTERS」が特集を組んだ、北京五輪(2008年)の画像を見ても同じことが言える。

五輪後の施設を有効活用するための施策、そこに開催都市としてのアイデンティティが希薄だと、世界から「ホワイトエレファント(無用の長物)」と揶揄されてしまっても仕方ない。

2020年、次はいよいよ東京。世界をあっと驚かせる“おもてなし”と同時に、五輪後もその施設が永続的にどう利用されるべきか。4年後だけでなく未来へ向けて、僕たちもまたワクワクしたい。

Reference:Olympics, REUTERS
2015年の夏、日本国内に一大ムーブメントを巻き起こしたラグビー日本代表。戦前の評判を痛快に覆すその雄姿に、多くの人が魅了されたはずだ。しかし、同時にこう...
世界各地の人々が、それぞれの国歌をワンフレーズだけ歌い、リレー形式に次の人へとつないでいく『The Anthem』を紹介します。ここでは、National...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
全国の保健所には、たくさんの「行き場のない犬=保護犬」が収容されているという。凶暴な犬や野犬など、問題行動アリと判断された犬は譲渡対象にならず殺処分になる...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈ら...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...
一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
フィンランドの作家・トーベ・ヤンソンが描いた漫画、小説などのキャラクター、「ムーミン」。主人公のムーミン・トロールを中心に、ちびのミイやスナフキン、ニョロ...