HIP HOPレジェンドたちが惚れた「10歳のイラストレーター」。

Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキュメンタリー映画『Live Fast Draw Yung』まで公開されている。彼は今10歳である。7月に東京・福岡へもやってきた。

ブラックカルチャーのアイコンや、名だたるHIP HOPレジェンドのレコードジャケットをイラストにしては、描かれた本人たちの心を次々に掴む。一体何者?まずは作品を幾つか。

Medium 64a8351cf0bd7abbe142790df157091e4443a0acMedium 0ae0af137ef48938855bbda4bc41d243fd547865Medium 0fd63004eb12a6a859b83abf784810413d238f85Medium 2d5b2878066701236c24d6f47b4ceaa36bf24d27Medium dcb841695925d0726213e20d49207f75f61e1c06Medium 33659fad0e6a3605e19b5675e488fb62244d3bb3Medium 52cd0c81c04e2a35c0c7aa31cafca94cdabce299Medium 3fb7d358d75576628e8ae2834fbc0ba588eaafe4Medium 40c7ca81f333944c42dfc6652788a02a03dce27a

20代・30代のHIP HOPファンに刺さるモチーフを忠実に。ヘタウマで無邪気な少年性が、対照的とも言えるオリジナルの雰囲気とむしろマッチ。

イラストレーターの父親に基礎を教わったという彼。とはいえ、ほとんど自己流だそうだ。多忙を極めるビッグな大人たちが、こぞって彼にアドバイスを送りたくなってしまうのも、そんな“余白”に魅力があってのことかも。

ロサンゼルス展は、
レイクウォンとご一緒!?

Medium 4324c41ab554576b4b1e325616d16146fd7eff44Medium b08f41fa425f4b17bd762da6448d16229fe284ec

Complex」によれば、初の展示となったニューヨーク展には、本人が参加できなかった。理由は“寝る時間だったから”。当時6歳なのだから仕方がないといえば仕方がない。

2度目の展示はロサンゼルスで。ウータン・クランのレイクウォンとともに行動し、どんなマーカーを使ったら良いのかなどアドバイスをもらっていたという。アクション・ブロンソンのショーへ連れて行かれたときには、口をあんぐりと開けて驚いていたみたい。

ってな具合で、キャムロンやクール・キースなど、すでに多くの著名ラッパーを「Uncle(おじさん)」と呼んでは、その張本人たちに可愛がられている。

Medium c95219f56b4bb2dd22f14a4a3b235320578e475e
E-40 ※「フォーティーウォーターおじさん」と呼んでいるらしい。
Medium 34ecafffc702dee5eb3816691192cccd56e0c76c
Kool Keith

CULTCLUB」では、プリントT、パーカなども展開中。作品だって射程圏内の価格だ。Dr. Dreやビースティー・ボーイズに、ノトーリアス・B.I.G.、そのほかマイク・タイソン、マイケル・ジャクソン、マイケル・ジョーダン、バッド・ブレインズも。

10年後には買えない価格になってるかも。

Reference:Complex, CULTCLUB
Licensed material used with permission by Yung Lenox
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
ニューヨークで活動するアーティスト、山口歴の作品が「WALLS TOKYO」に展示中だ。会期は10月8日まで。絵具の筆跡を貼り合わせる表現手法「カットアン...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
世界には、愛を現す言葉がたくさんあります。ここでは、イヌイット語からアラビア語まで、各地域で使われている恋愛にまつわる独特の言葉をご紹介。他の言語ではなか...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
一目惚れした女性と、早くお近づきになりたいと思う男性は多いものです。しかし、相手の女性に対するアプローチの方法が分からず、悩む方もおられるかもしれません。...
いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。そ...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...