「身の程なんて一生知るな!」いつの間にか縮こまっていた自分たちへ、NIKEからの骨太なメッセージ

成長し、社会に出て「大人」と呼ばるようになったとたん、「身の程を知る」という言葉に自分の限界を押し込めようとしていないか。アスリートたちががむしゃらに挑戦し続ける姿勢を描いた内容に、どこか奥歯をぎゅっと噛みしめたくなる想いを、あなたも少なからず抱くはず。

「身の程知らず」は褒め言葉

74accea19212a72cb64b0ecbb2f9f6bef904f82d

身の程知らず──。日ごろネガティブな意味合いで使われるこの言葉が、自分の可能性を信じて一直線に突き進む人たちにとっては、大きなエールにもなる。

「身の程知らず」を逆説的に捉えることの必要性を説いた、NIKE JAPANによるこのプロモーション動画は、なぜか終始、子どもたちの否定的なスローガンとともに展開されていく。一部抜粋したものがこちら。

E4268450f9b8ee49ba915c726d9928a9431d8157

今日もいちにち人の言うことをよくきいて

B594a1decb4b3abb7c0ad18b1f51133549419563

空気を乱さずでしゃばらず

8e6191f2959550f86c5c6c77c78b9f424e520e66

敷かれたレールをはみださず

8f2e57c2e3d95584139d2d9e8ca773aac0bf6443

できないことはやらないように

7dca3e513edfd310703942641acff73da1eb62a5

楽しむだけじゃ意味がない

Ef5585613b1151851ddd5376c21d2581a2f5413a

将来早めに見きわめよう

4b9db3bb2b17794ee91ca28f1f1239761ccec953

自分の身の程わきまえよう

A70249cb2a775c7e45a8a6960d77c7b87d06b471

身の程ほどほどわきまえよう

遠慮なんかせず、
「何度でもルーキーになれ」

66f615e1d361c05067a398650d824a0045f5fcd9

「身の程」は、なにもアスリートに限った話ではない。いつも誰かに遠慮し、他人と同調することを選び、自分の“身の丈”を勝手にこのくらい、と決め込んでしまう。もしかしたら、誰かが決めた限界論に突き進むのをやめてしまったのは、あなた自身かもしれない。

ネガティブな内なる声を代弁する子どもたちと、がむしゃらに奮闘するアスリートの躍動感がシンクロするとき、「自分に遠慮なんかせず、何度でもルーキーになれ!」そう強く背中を押された気がする。

公開以来、大きな反響を呼んでいるのも、何かをあきらめてしまった人たちが、こうした骨太のメッセージに共感し、魂を揺さぶられる想いがするからでは?

自分の限界を超えてゆけ
「身の程」なんて知らなくていい

ところで、動画には「身の程知らず」を体現する4人の若きアスリートが登場する。陸上中距離選手の高松 望 ムセンビ、サッカー選手の伊藤 涼太郎、プロバスケットボーラーの落合 知也、そしてダンサー菅原 小春。

次代を担う彼らが何に挑み続け、何に打ち勝とうとしているか?忘れかけた熱き想いを奮い立たせたい人は、「特設サイト」から彼らのストーリーを垣間見ることができる。

結局、誰かが決めた限界なんて関係なし。身の程知らずな自分へのチャレンジは、日々の生活の中にだってある訳で。その証拠に、NIKEは動画と共にこんなメッセージで、私たちにもエールを送っている。

──身の程なんか、一生知るな!

7684ce99bab06fe9f1468321ab10f26ade5fabf6

運命なんてただの言葉。
誰もが無限の可能性を持って生まれてくる。
なのにみんな、いつしかそれを忘れて、
どこかで拾ってきた限界ってやつに自分を押し込もうとする。
まあ、しょうがない、僕のミノホドはこの位だと。
もっと小さく身を縮めなきゃと。
ぜんぶでっち上げ。ただの思い込み。
誰かのルールでプレイするのはもう終わりだ。
空気を読まずに勝負を挑め。
自分に遠慮するな。
何度でもルーキーになれ。
走れるはずのない距離を走れ。
スポットライトの真ん中に立って世界にきみを見せつけろ。
身の程なんか一生知るな。


Licensed material used with permission by NIKE JAPAN
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
先日、熱狂のうちに幕を閉じた「世界陸上2015北京」。絶対王者ウサイン・ボルトの圧倒的な強さや、日本の超新星サニブラウン・ハキームの大健闘はまだまだ記憶に...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
ここで紹介するのは、2016年2月4日(木)に発売された「SPRING 2016 ナイキ テック ニット コレクション」。質感にこだわった新しい糸を利用...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
数々の有名ブランドロゴとスローガンを「STRATX」が紹介しています。その歴史を知ると、それぞれの企業の"視点"が感じられるかも。ここではそのなかから、1...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
映像作品「I am Nature」には、ありのままの姿で自然の中に佇むふたりの男女が登場します。逆再生で時間を遡っていくと、彼らが元いた世界は身近にも感じ...
仕事や勉強、運動をしているとき、自分で勝手に限界だと決めつけて、諦めてしまう。すると、そこで思考はストップ。残念ながら、これではその人が持っている潜在能力...
ロシア人アーティストKnavishkolaは、みんなにもっと身近な幸せに気づいてほしいと、このアニメーションを作成しました。わずか1カ月ほどで1億回もの再...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...