東京の少し先にある街、ロンドン -白木夏子-

ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。

2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」と感じるプロダクトがたくさんありました。

ロンドン滞在中は学生の傍ら、とある会社のマーケットリサーチャーとして仕事をしていました。その時に定点観測していたものが、3年後、5年後、10年後に、日本に上陸してきています。

9159af33f92ba4206585a3cfdded2150ae2731f4

フェアトレード認証のついた
プライベートブランドの「チョコ」

たとえば大手スーパーのプライベートブランドによるフェアトレード製品。イギリスには高級志向の「Waitrose」や庶民派の「Saintsbury’s」、低価格の「TESCO」といったスーパーがありますが、どのスーパーにもプライベートブランドでフェアトレード認証のついたコーヒーや紅茶、チョコレートが展開されていました。

日本ではイオンが2015年にアジア初、プライベートブランドでのフェアトレード認証チョコレートを発売しています。

かくいう私が大いにインスパイアされたエシカル(倫理的・人や社会、自然環境に配慮したもののことを指す)な製造過程を踏んだファッションブランドやジュエリーブランドも、小規模ではありましたが、ロンドンにいくつか存在していました。これについては、2009年に「HASUNA」がジュエリーブランドとしては日本で初めて展開しました。

オリンピックをきっかけに
食と健康への意識に変化

E6e9b4542953ad87ef2a8293254fece2144cfad1

昨年足を運んだ際にも、まだ日本にはなくてロンドンだけにあるものがたくさんありました。とくにヘルスコンシャス(健康志向)でオーガニックな食品類は、私が住んでいた頃と比較すると随分増えていて、ロンドンオリンピックを境に食と健康に対する意識はかなり高まったなあ、という印象。

現地の人の話によると、イギリス人シェフのジェイミー・オリバーさんがかなり貢献したようです。

ロンドンオリンピックは2012年に開催、東京も2020年に向けて様々なところが変化している最中だと思いますが、これから日本で起こること、そして流行るものを見つけるのなら、ロンドンに行くと少し先が見えるのかなと思います。

ロンドンで
気になったのがこの3つ

01.
ココナッツヨーグルト

25cc21435ac84a0bee0995823b31fea81dda0072

すでに東京にも入り始めていますが、まずひとつめは「ココナッツヨーグルト」です。スーパーや、プレタ・マンジェという健康志向が高めのカフェチェーンで気軽に購入できました。乳製品を使用せず、植物性のもののみ使用されているので、動物性脂肪を避けたい方にはぴったり。味もさっぱりしていておいしいです。

02.
おいしいサラダのランチボックス

50a8c2a98d3114991446fffb932f3820f6f662b3

ランチは軽めにサラダで済ませたくても、なかなか東京では表参道や六本木などの一部地域を除いて、フレッシュでおいしいサラダのお弁当が手に入りづらいかなと思います。炭水化物も摂りたくないし、お肉も食べたくない、という時に、大きなサラダのこんなランチボックスが東京のコンビニなどで手に入るようになって欲しいなあ、と心から思いました。できればオーガニックで…。

03.
罪悪感フリーのスイーツ

159870971e90eeed3967c4c181d550a169455a6a

たとえばカフェひとつとってみても、ロンドンにはグルテンフリー(小麦粉などのグルテン不使用)のブラウニーや、白砂糖不使用のお菓子、スーパーフードを使用したプリンなどが多く、ヘルスコンシャスな食生活を送るのに選択肢がとても多いと感じました。スタバにさえゴジベリーとチアシードを使用したスイーツがあったのは驚きです。日本でも徐々に砂糖不使用のお菓子などが増えていますが、まだまだこれから、というところだと思います。

このような話をすると、食品業界の関係者の方からは

「結局コッテコテの高カロリーの甘い粉もん(パンケーキとかエッグタルトとか、小麦粉と白砂糖、卵をたっぷり使ったもの)がいつまで経っても人気だからねえ」

と言われてしまいますが、ロンドンの状況を見ていると意外とそうでもないのかもな、と少し希望を持っています。

4e70b759e669b056d3ad4a95a76b614e675979d2
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
エシカルジュエリーの日本での第一人者である白木夏子さん。中南米などの鉱山から素材を自ら調達するという行動力、そしてジュエリービジネスを通じて途上国鉱山での...
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...