初めて「アムステルダム」に行く人は、この8つをチェックリストに。

初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受けることなく過ごすことができるでしょう。決してマリファナと飾り窓だけが、この街の個性ではないんです。
 
Elite Daily」のAngelina Zeppieriさんがまとめた「アムステルダムの楽しみ方」を紹介したいと思います。

01.
自転車に乗って
住民になりきってみる

4549389fbc26fed51fcc2494916cfee221195ba7

アムステルダムは、自転車の街。だれもかれもが街中の移動手段に自転車を使っています。地元の人と同じように自転車を使って移動してみると、本当のアムステルダムを見ることができるはず。レンタルしてみましょう。

02.
デ・パイプ地区で
世界を食べ歩き

アムステルダムでおいしい食事にありつくなら「デ・パイプ地区」へ。美しく彩られた趣のあるレストランやカフェ、バーなどが多いことで有名です。アジアン料理からアフリカ料理まで、さまざまな国の食文化を楽しむことができるのも特徴的。

また、この地区は「アムステルダムの台所」とも呼ばれる、アルバートカイプ市場も開かれています。

03.
ハイネケンに
“なりに”いこう

Ad6266a4df477eac36502c94afe6c53269871eb0

アムステルダムには、ハイネケンの博物館「ハイネケン・エクスペリエンス」があります。入館料が安く、中の展示やサービスも最高に楽しめます。ハイネケンの歴史を学ぶことができたり、ビールができるまでの過程を知ることができます。また、自分がビールになった気分を体感できるアトラクションまであるとか。もちろん、ハイネケンを飲むことも可能。

04.
そうそう、アンネの日記も
アムステルダム

アムステルダムには多くのミュージアムがあります。国立博物館、ゴッホ美術館、エルミタージュ美術館、アムステルダム市立美術館などです。さらに第二次世界大戦中にアンネ・フランクが隠れ家として利用した家がミュージアムになっていて「アンネの日記」も保管されています。

05.
ローカルで人気の
カフェ・ルーチェでステーキ

インドネシア料理を出すレストランや、ステーキ、ピザ、中華まで、この街にはなんでもあります。でも、もしオランダ料理を楽しみたいなら「カフェ・ルーチェ」。

とても雰囲気のいいバーで、夜はいつも満席。生ビールとステーキが絶品です。

06.
水の都で
「花」を買う

Dd0e85215143108ecc6a6d5820059d47a81b0398

チューリップで有名なオランダですが、アムステルダムには150年以上の歴史を持つ有名なシンゲル・フラワーマーケットがあります。ここではチューリップだけじゃなく、バラやヒヤシンス、アマリリスなど、たくさんの花や球根が売られています。見ているだけでも楽しい!

07.
世界遺産の運河で
クルーズを楽しむ

街中に張り巡らされている運河は、世界遺産にも登録。その美しさはイタリアにある水の都、ベネティアにも負けていません。運河を巡りながら街の歴史や観光地を案内してくれるサービスが人気です。

08.
世界一「長身」の
秘密とは?

7dbca4b2237ac120139345249c69092e4131d4d9

オランダは世界一長身の国です。一説にはチーズをたくさん食べるから、というものも!?

「ライプナー・チーズテイスティング・ルーム」では、いろいろな種類のチーズを解説付きで試食することができ、もちろん一緒にワインも楽しめます。背は伸びないかもしれませんが、とりあえずはチーズで乾杯。

Licensed material used with permission by Elite Daily
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
普段、何気なく使っているスプーンやフォーク。これまでにあの形状に疑問を持ったことなんてないし、きっとこれから先も、あのデザインがスタンダードであり続けるの...
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
2016年3月2日にオープンした、アムステルダムの次世代映画館「The Virtual Reality Cinema」。実際に体験した人々の様子を見て、い...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
北欧・ノルウェー旅のハイライトのひとつといえば「フィヨルド・クルーズ」。中世の面影を色濃く残す港町・ベルゲンからノルウェー国鉄(NSB)とバスを乗り継いだ...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...