ビジネスパーソン1,000人が答えた「お金の話」。見えてきたのは…

現代の消費者は複雑です。

一昔前のように、画一的なライフコースに沿って、右肩上がりに消費を増幅させていくイメージを持っている人は少ないはず。

今時は、20代はこう、女性はこう、30代のビジネスマンはこう、引退した老人はこうなんて言い切れません。いろんな側面で、ステレオタイプに当てはまらない人が増えている状況があります。

そんな中、この記事で紹介するのは、20代~40代までのビジネスパーソン1,000人(当然、男女混在です。ここで男女を分けるなんて、いまやナンセンス)に実施されたアンケート結果。テーマは「お金の使い方」について、です。

【ビジネスパーソンの消費傾向01】
可処分所得は平均8.7万円。
自分のモノよりもコミュニケーションを重視する。

まず最初に見てもらいたいのは、下記のアンケート結果。いわゆる可処分所得についてです。

Q.生活費、貯金を除いて、一ヶ月に自由に使える金額は?

Medium 5d90864bbe9b47d9182542e15da6a6389a6c0402

収入だけでなく、貯金額なども関係してくるせいでしょうか。かなりバラけてます。一概に「いくらだ」とは言い切れない結果ですが、平均すると8.7万円になります。

時々「サラリーマンの平均的なお小遣いは?」なんて企画が、テレビや雑誌でもありますが、そこで強調される「お財布事情が厳しい」という結論ほど、カツカツというわけではなさそうです。

8.7万円。

かなりまとまった金額ですね。となれば、次に気になるのは、使いみちです。

Q.可処分所得をどんなモノ・コトに使っていますか?(複数回答可)

Medium f965662df39c45c1e88982aba00a43bb07587c2a

ここで顕著なのは、コミュニケーション重視の傾向でしょうか。

「ファッション」「趣味」「美容」といった、どちらかというと、自分のための消費よりも、「旅行」「外食費」「交際費」といった他者とのコミュニケーションが介在する消費が上位にきています。

もちろん、ひとり旅やひとり飯も含まれていますが、別のアンケートでは「家族旅行では奮発したい」58.7%、「家族と楽しむための支出が多い」54.2%といった結果も。

モノよりも経験。それも家族をはじめとするコミュニケーションにお金を使うことが多いことが見てとれますね。 

【ビジネスパーソンの消費傾向02】
価格よりもこだわりを!
ただし、「賢い買い物」が基本。

より具体的なアンケート結果をみていきましょう。

Q.自身の消費に関して、当てはまるのは?(複数回答可)

Medium 015e7260bc51286e0ef562cb433d8aa347296e4f

1位のように、こだわっている分野があるのは順当な結果として、注目したいのは2位以下です。

「好きなものへの支出を減らしたくない」「気に入れば多少高くても購入する」「ほしいものを探すためには時間を惜しまない」「価格を気にせず購入することもある」といった項目からは、自分の好きなモノ・コトを追求したいという欲求が見えてきます。

おもしろいのは、さほど価格は気にしていないこと。

あらためて、このアンケートは市井のビジネスパーソン1,000人が対象で、決してエグゼクティブに絞ったものではありません。そう考えると価格は、単なる高級志向というよりも、自身の価値観を持ったこだわり志向といえそう。

このあたり、現在の消費傾向を読み解く大事なポイントではないでしょうか?

一方で、こんな結果も出ています。

Q.買い物をするきっかけは?(複数回答可)

Medium bb78ac8d6dde52025b6e65cfc47c31327bdb7712

価格はまったく気にしないと思いきや、一方で「セール」「割引情報」「値引きの通知」などには熱視線を注いでいます。

つまり、好きなモノ・コトへの支出は惜しまないけれど、賢い買い物には気を配っているといったところでしょうか。

たしかに、今はネットでの価格比較も簡単にできる時代。割引やポイントサービスも多種多様です。上手に利用しない手はないですよね。このあたり、闇雲に消費するだけでなく、しっかりと情報収集するスマートなビジネスパーソン像が浮かび上がってきます。

 

【ビジネスパーソンの消費傾向03】
カード利用率は99.1%。
コンビニでも現金は使わない!?

賢く買い物をするーーそんな現代のビジネスパーソン像を象徴するのが、クレジットカードの保有率です。

このアンケートでは、99.1%がクレジットカード利用者。なかでも、3枚持っている人が一番多くて、23.2%となっています。これ自体は驚くべきことではありませんが、興味深いのはその使用頻度です。

Q.一番使っているクレジットカードの使用頻度は?

Medium fe8444030ed6bae2a69f15fa86f08e7fbfe528b9

バラけているように見えますが、まとめると週1回以上使用している人が79.9%と、かなりの頻度が高いことがわかります。

そして、利用シーンについては、なんと34.8%の人がコンビニエンスストアでもクレジットカードを使っているという結果が! たしかに少額からでもポイントはしっかり貯まるし、アプリを使って支出管理が可能になるなど、カード使いはコマメなほど賢く消費することができます。

アメリカをはじめとする欧米では、少額決済でもクレジットカードを使うのが常識だとはよく知られた話。一方、日本はまだまだ“現金主義”というのが一般的な見方ですが、ことビジネスパーソンに限って言えば、その傾向は変化してきているようです。 

①物質的な消費だけでなく、家族や仲間とのコミュニケーションにお金を使う。

②自身がこだわっているコト・モノには、支出を惜しまない。

③ただし、クレジットカードなどを積極的に利用することで、賢い消費を心がけている。

このあたりが、現代のビジネスパーソンの消費傾向と言えそう。自分と比べてみて、どうでしょう?

①、②は誰もが共感できる部分があると想像しますが、③はまだまだ「改善の余地がありそう…」という人もいるかもしれません。

こだわるだけでなく、どうせならスマートに消費をしたいものですね。

 

アメリカン・エキスプレスがサポートする、「ネオ・ポテンシャリスト」とは?

Medium a97349d57fe90729909ab84550573b0fae962a26

ここで紹介したアンケートは、アメリカン・エキスプレスが実施したものです。
アメリカン・エキスプレスは、今回対象となったビジネスパーソンのみならず、モノの消費だけでなく、日々の生活を充実させることに積極的な現代人を「ネオ・ポテンシャリスト」と名付け、そのライフスタイルをサポートしています。

それは、スマートフォンアプリでの利用状況やポイントの管理だったり、普段使いでポイントや特典がついてくるサービスだったり。あるいは、旅先での相談やオンラインショッピングでのセキュリティまで。

日常から旅などの非日常までをサポートするアメリカン・エキスプレス・カード。きっとあなたのライフスタイルにも役立つはずです。 

Medium 67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
Sponsored by American Express
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
この記事をひと言で要約するならば、「正しいお金の使い道」。お金は使い方ひとつで価値が何倍にも膨らむものだと、ライターJill Pohl氏は、心理学者の研究...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
「お金持ちになりたい」と考えているあなたに質問です。なぜ、お金持ちになりたいのでしょう?それは「幸せになりたいから」に他ならないと思います。しかし、お金は...
私は税理士として、たくさんの方とお付き合いするなか、事業がうまくいっている人ほど「お金は儲けるものはなく、稼ぐもの」という意識でいると感じます。ここでは、...
「幸せはお金では買えない」とは、よく耳にする言葉ですが、はたして本当にそうなのか?科学を分かりやすく動画で解説する「AsapSCIENCE」が両者の相関関...
「相手が年上の人だと固まってしまう」「話が聞かれていると思うと頭が真っ白に!」「しゃべっても相手が無表情だと不安になる」そんな事が重なるうちに、コミュニケ...
渡邉賢太郎大学卒業後、日本FP協会、認定AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)取得。リーマンショックを機に、三菱UFJモルガン・スタ...
デートはお金のかかるもの。たしかにそうかもしれませんが、お金をかけたからといって楽しいデートになるとは限りません。ここでは、財布にやさしいカップルの過ごし...
幸せの定義って難しいですよね。価値観は人それぞれだし、幸せだと思っていたことが、ある日とつぜん180度ひっくり返ることだってあります。でも、「Elite ...
インターネットの登場により、お金と人の関係は劇的に変化しました。人と人とのつながりをより重視する世の中へと価値が変化しています。自著『なぜ日本人は、こんな...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
お金をかけたら楽しい週末が過ごせるのでしょうか?確かにお金がないとできないこともあるので選択肢は増えますが、それが必ず有意義で楽しいかというとそういうわけ...
こんな当たり前のことをあえて取り上げるのは、やっぱり大切だと思うから。お金そのものが「豊かさを感じさせる訳ではない」。この記事の要点であり、まさに「プライ...
世界でもっとも物価が高い国のひとつとされる日本。海の外には、少ないお金で豊かに暮らせる国がたくさんあります。その中でも「Higher Perspectiv...
「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ...