たかが1円、されど1円。稼ぐ人がやっている、お金を生み出す4つのコツ

私は税理士として、たくさんの方とお付き合いするなか、事業がうまくいっている人ほど「お金は儲けるものはなく、稼ぐもの」という意識でいると感じます。ここでは、私の経験上知り得た、お金を生み出すための4つのコツを紹介しましょう。

01.
「ビジネスチャンスは
道端に転がっている」
という感覚を持つ

shutterstock_307076036_2

堅実に稼ぎ続けている人というのは、お金は誰かにもらったり、宝くじで大金が当たるように、湧いて出てくるものではなく、あくまで「自分から生み出すもの」という感覚でいます。

そんな彼らは、手元にお金がなくても慌てません。「お金なら、街のなかのいたるところに落ちているでしょう?」と、あっけらかんとしています。つまり、「商売の種、ビジネスチャンスが、道端にいくらでも転がっている。それを自分の手でお金に換えていけばいいだけのこと。いざとなったら、いくらでも自分で生み出せる」と考えているのです。

稼ぐ人は、「自ら稼ぐ」という自信をもっている。お金は自分で生み出すもの、それを可能にする力が自分に備わっているという自信に溢れています。

02.
「プラス1円」の価値を生み出す
働き方を追求

与えられた仕事をこなすだけでなく、自分がいないと売上が立たない、さらには会社の経営に1円でもプラスになるよう、日々業務に取り組むのです。そのためには、今の仕事を「自分がやる意味」を考えなくてはいけません。自分が担当している仕事を、ほかの誰でもできるレベルで片づけていては自分がやる意味がない。「自分にしかできない『プラス1円』の価値」を模索していくことが重要になります。

それを追求し続けた結果、頭角を表せたなら、本当に会社の即戦力となれるし、また、独立したとしても、十分に「稼ぐ人」として働いていけるでしょう。

03.
売上の裏にある
「かけ算」をひもとく

shutterstock_334043420_2

たとえば事業の売上が、昨年は4000万円で、今年は5000万円だったとします。単純に考えて1000万円売上アップです。稼ぐ人は、「見た目」に注目せず、「さて、この1000万円に中身は?」と考えるのです。

売上は、基本的に「客単価×顧客人数」あるいは「商品の単価×個数」など、かけ算で成り立っています。顧客人数が減っているなら、売上アップは単純な値上げ効果かもしれないし、リピート回数が増えたのかもしれない。また、売上には取引先の状況、競合他社の動き、従業員の熱意など、さまざまな要素が影響するので、これらを細かく見ていきます。

つまり、稼ぐ人というのは「見た目」の金額の増減に一喜一憂せず、その裏にある「かけ算」をひもとくことで、金額を構成している要素の一つひとつから判断するのです。

04.
赤字のときこそ
「種まき」しておく

どんな事業にも、必ず波があります。そして、堅実に稼ぎ続けている経営者ほど、悪い波のとき、すなわち赤字のときに、必ず先につながる何らかの方策を打ち立てます。

コストカットする、営業戦略を練る、事業開発を進める…。借金など、その場しのぎの方策ではなく、未来につながる手を考えるのです。私はこれを「赤字のときの黒字の種まき」と呼んでいます。赤字のときには種をまき、黒字のときには実りを収穫する、というサイクルを意識するといいでしょう。

ちなみに経営難に陥る経営者というのは、なりゆきで無計画な種まきをしがちです。たとえば、黒字のときに、投資のリターンを検証しないまま、勢いに任せて増床したり、人を雇ったりすると、それが後々赤字の種になりやすいのです。

稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか? 
コンテンツ提供元:サンマーク出版

亀田潤一郎/Junichiro Kameda

税理士。一時はホームレスでうつ病になるも、「中小企業の経営者をお金の苦労から守りたい」という使命感から、苦節10年を経て税理士の道へ。数字に苦手意識をもつ経営者向けに通帳を活用して資金繰りをよくするお金のコントロール方法を指導。

「1円たりとも無駄にしない」という言葉がありますが、1円玉は、お金の「最小単位」だからこそ、どのように扱うかによって、その人の価値観や哲学、人生観がありの...
「自分の思うがままに生活したい」…そう思っても、会社勤めをしている限りどうしても、この願いを叶えることはできません。会社員を辞めて、海外を巡りながら仕事を...
渡邉賢太郎大学卒業後、日本FP協会、認定AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)取得。リーマンショックを機に、三菱UFJモルガン・スタ...
お金があれば幸せになれる。そう信じてはいませんか?実は、「お金」と「幸せ」は関係ありません。自著『なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないの...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
金は天下の回りもの。自分のところで引き留めようとすればするほど、出て行きたがります。CAから税理士に転身した八島依子さんはこう語ります。「お金を上手に旅に...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
昨今、「貧しくはないけれどお金持ちとは言えない」、いわゆる中流階級の層が狭まり、二極化が始まっています。お金持ちか貧乏か…もしも、前者を望むのであれば、「...
20代の平均貯金額は約200万円、30代の平均貯金額は400万円前後、40代の平均貯金額は500万円弱といわれています。あなたの貯金額と平均との差はどれく...
お金に対する感情というのは少々やっかいで、人間関係と同じように、その関係が依存や執着を生むようであれば、お金からは好かれません。たとえ、100円であっても...
お金持ちになりたいなら、まずは「思考の切り替え」が必要です。作家であり、金融についての情報を発信するメディア「moneyminiblog」の代表を務めるK...
仕事が楽しくない、張り合いがない…という人は、会社の言いなりになっていませんか?それを防ぐには、自分の思考回路を繰り返しチェックする習慣が必要です。ここで...
インターネットの登場により、お金と人の関係は劇的に変化しました。人と人とのつながりをより重視する世の中へと価値が変化しています。自著『なぜ日本人は、こんな...
「色々な国を旅したいけどお金がない…」とお悩みの方。それならば、世界を舞台に活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?HIGHER PERSPECT...
「お金持ちになりたい」と考えているあなたに質問です。なぜ、お金持ちになりたいのでしょう?それは「幸せになりたいから」に他ならないと思います。しかし、お金は...
作家兼ブロガーとして活躍中のBen Irwin氏が、金持ちの人は気にもしない、貧しい人の20の真実をまとめています。確かに、述べられているのはあくまでもア...
Q「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」A「銀行の預金通帳だよ」by バーナード・ショー (劇作家)金は世界で一番重要なことではない。愛こそ一番重要で...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...