ビジネスパーソンが英語を学ぶなら「セブ留学」がいい3つのワケ

大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人にオススメなのが、セブを始めとした「フィリピン」への英語留学。

セブ英語留学には、どんなメリットがあるのか?その理由は、安藤美冬さんの著書『ビジネスパーソンのための セブ英語留学』に書いてありました。

短期間で英語を学びたいビジネスパーソンには、いいヒントになるかも?

01.
フィリピンは世界で3番目に
英語を話す人の人口が多い

C0cbedecd1eacf267ff1b3ae41862491caafa4d6

iStock.com/Holger Mette

フィリピンは第二次世界大戦終了後の約40年間もアメリカ領であり、さらに7,109個の島からなる多言語国家のため、共通語が必要でした。そういった歴史的な背景から英語はフィリピン語と並ぶ公用語として浸透し「世界で3番目に英語を話す人口が多い国」とされているのです。

とくに大学教育を受けたフィリピン人の英語力は、ネイティブ並み。非ネイティブスピーカーのビジネス英語能力を国別で評価する「ビジネス英語指数(BEI)」によると、2013年のフィリピンのスコアは78カ国中1位と、その英語力は世界から認められているんです。

非ネイティブのフィリピン人から英語を習うことに対して、「文法や訛りは大丈夫なの?」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、きちんとした英語学校であれば、先生たちは皆、とてもきれいな英語を話します。むしろ、ネイティブのように早口でまくしたてないので、一つひとつの英単語が聞き取りやすく感じるでしょう。

言ってみれば、彼らは「英語学習の成功者」。成功する英語の勉強法を熟知しているのです。

ただ注意しなくてはいけないのが、実際にフィリピンで英語を学ぶ留学生は初級レベルの人が大半だということ。英語上級者やネイティブ圏への留学経験者、ビジネス英語をしっかりと学びたい人にとっては、十分に満足できる語学学校に出会えない可能性も…。

02.
時差がたったの1時間

182d7c80f43066ed9f7f6a4d81973582257999a3

1〜2週間程度の短期留学の場合、体内リズムをその国に合わせる必要があるため、じつは「時差ボケ」の影響は大きく出ます。

でも、日本とフィリピンの時差はたったの1時間。英語ネイティブ圏のアメリカ、カナダ、イギリスのように日本と昼夜逆転、なんてことはありません。

さらに、フライト時間も成田からセブまでは、直行便で約4時間半〜5時間。渡航による心身のストレスが少ないので、学習効率が下がる心配もありません。

ビジネスパーソンにとっては、日本にいるときとほぼ同じ時間の感覚で仕事関係のやりとりができるのもメリットのひとつです。ただし、Wi-Fi環境は期待できないので、日本で事前に「海外用ポケットWi-Fi」を準備しておくと安心です。

03.
マンツーマンレッスンが基本で
日本人向き?

8bacdc14a417fda2b31a993dfba4606fc99588bd

セブを含めたフィリピン留学の最大の魅力といえば、先生と生徒、1対1の「マンツーマン(プライベート)・レッスン」です。

他の国では、先生1人に対して生徒が4〜12名程度のグループレッスンであることが多いのですが、フィリピンにある語学学校の多くは、こうしたマンツーマン・レッスンがカリキュラムの中心になっているのです。

1対1であれば何かしら話そうとするものなので、シャイな性格の日本人にとっては、一層、マンツーマン・レッスンが向いているかも。もし、友だち作りをするのであればグループ・レッスンを取り入れてみるのもいいかもしれません。

またフィリピン人は陽気なので、ホスピタリティが高め。楽しく英語学習のモチベーションを上げてくれるのは嬉しいですね。

ひとつ大切にしてもらいたいのが「事前のインプット」。レッスンで英語をアウトプットしていくためには必要不可欠です。と言っても初級レベルの人であれば、中学生レベルの単語と文法をおさらいする程度でOK。せっかくのレッスンを雑談で終わらせないようにしましょう。

「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活...
01:料理のスキル「美味しい肉じゃが」は、国際社会で武器になる海外、とくに欧米では、ホームパーティーが一般的。それは学生でも社会人も同じで、日本在住の方々...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
年間約240万人が受験し、日本における英語力の「ものさし」ともなっているTOEICが、2016年5月29日のテストから、10年ぶりにリニューアルされます。...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
「よろしくお願いします」は、日常のいたるところで使われているフレーズ。でも、残念ながら英語には、それに取って代わる便利なことばはありません。つまり、シチュ...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...