世界に出て初めて気づく。日本人に足りない「7つのスキル」

01:料理のスキル
「美味しい肉じゃが」は、国際社会で武器になる

natsuko_shiraki

海外、とくに欧米では、ホームパーティーが一般的。それは学生でも社会人も同じで、日本在住の方々もよく家に人を招くようです。いわば、ホームパーティーは国際交流の場なんですね。
そんな時、美味しい和食が披露できると、女子力ならぬ、国際人力がアップします。別に肉じゃがでなくても構いません。自国の料理をちゃんと作れることが、大事なんです。ベジタリアン向けに野菜料理を用意することも忘れずに!

02:ユーモアのスキル
知性がないと、外国人のジョークは笑えない

民族や人種の違いをジョークにするのは、欧米人の定番ネタ。例えば、イギリス人はフランス人をよくシニカルな視点で笑いの種にします。でも、これって日本人にはなかなか反応しにくい部分も。ちゃんと理解するには、ある程度世界史や文化的背景を理解する必要があります。
そう、彼らのブラックジョークが笑えることは、じつは知性の証明でもあるのです。

03:議論するスキル
天皇制やクジラ漁に対して、自分の意見を言えますか?

natsuko_shiraki タイトルの2つのトピックスは、実際に私が留学中に周囲の学生から質問を投げかけられ、答えに臆した経験があります。 海外の方の多くは日本人以上に議論が好き。まるでゲームのように議論を楽しむ人も少なくありません。その時、大事なのは自分の意見を持っていること。「知らない」「わからない」では、一人前の大人として見てもらえません。
多くの日本人に足りないこと――それは、まず自国に関心を持つかもしれません。

04:体力
便利な生活に慣れた日本人は、圧倒的に体力不足!?

先日、ある海外のエグゼグティブと一緒に山登りをしましたが、老齢であるはずの彼の元気なこと! 海外に出ると彼に限らず、パワフルな方が多く、圧倒されることがしばしば。「国際社会に出るには、まず体力だな」と思う次第です。
実際、海外に出ると、ヨーロッパの先進国でもアパートにはエレベーターもない建物が多く、交通網が日本ほど発達していない場所も珍しくありません。

05:情報収集のスキル
外国人が「ニュース」と言うとき、それは国際ニュースを指している

natsuko_shiraki 日本のテレビニュ―スは、国内の話題がほとんど。でも、外へ目を向けると、それが東南アジアでも、アフリカでも、BBCやCNNなど国際ニュースを見ている人がとても多いことに気づきます。 国際ニュースを日常的に見るだけでも、ドメスティックな思考の殻を破ることができるはずですよ。

06:語学のスキル
英語は「話せるか」ではなく「何を話すか」

例えば、道具の使い方を知らずに作業を学ぶのと、道具の使い方をマスターした上で作業を学ぶのでは、雲泥の差があります。同様に、英語はあくまで道具です。海外に行かないと英語を学べないと思っている人は大きな間違い。英語学習は日本でもできます。海外で学ぶのは「英語を使って、何をするか」です。
留学をしようと思っている、あるいは海外で働こうと思っている方は、まず国内で最低限の英語の勉強をすること。これがマストです。

07:ゴール設定
世界に出るのは目的じゃない。本当に大切なのは「世界に出て、何をするか?」

natsuko_shiraki 海外に興味を持っている日本人のなかには「世界へ出る」ことが目的となっている人もいますが、本当に大切なのは「世界に出て、何をするか」。そのためには、できるだけ夢を具体的に想像するようにしましょう。 学生時代、私の頭の中には、憧れとして緒方貞子さんがいました。彼女のように国際舞台で・・・と夢を見たものです。今だったら、シェリル・サンドバーグ女史に憧れる女性も多いかもしれませんね。いずれにせよ、ロールモデルを持つというのも有効です。


以上は、学生時代から今に至る、海外経験から思う「国際人として、日本人に必要なスキル」です。

海外では、日本の常識が通用しないとよく言われますが、本当にそうだと実感しています。特にこれから更に進む国際社会のなかでは、日本の枠にとらわれない、幅広い知識を身につけることが問われるはずです。そんな時、この記事の内容を少しでも、思い出してもらえれば幸いです。

01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
世の人が下ネタを好むのは万国共通です。性の話というのは、噂がもつ覗き見趣味的ないやらしい性格と相性が合うのでしょう。ここで紹介するのは、外国の人々が日本人...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
成功者。彼らに共通するのは、優秀であること、努力家であること、それぞれの分野で道を究めていること、そして、運も味方につけられること――。成功者たちはまた、...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
どれだけ日本語が達者な外国人でも、話しをすると独特のイントネーションがあることに気づく。いわゆる“お国なまり”は、発音のクセや抑揚に現れてくるものだ。まさ...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...