日本人、どこでも寝がち。外国人、それを撮りがち。

もう、何度もこういう写真を見ている。

そして、だいたいが外国人フォトグラファーだ。

そして、だいたい彼らはこう言う。「働きすぎのロボットみたいだ」と。

1934d66a07459149efa8d95f5e1623a273dd56ae

それに対して「いや〜、みんな一生懸命働いてるんだし、そこだけ切り取らなくてもよくない?」って日本を守りたくなる考えと、「確かにその通り。働きすぎなのかもしれないし、こんなところで寝るくらいなら家に帰って休むべきだよね」という考えが、両方生まれてくる。私の場合。

自分で言うぶんにはいいけど、人から言われると腹がたつ、ってやつなのかもしれない。

Fcee8b4e4c68e08917ea5a1a8e8a155e825e4162D21f145385cd3dd4d111e4aaea8fcf244b7de8a97195b01b0233d070fe777e9647996e7824b1594724d63896abe4b4e103c92c98039fc48e892a465c49e0325a662657ec90f82272265df102fbebb0a6

まぁでも確かに日本に初めて訪れて、こんな光景をたくさん見たら興味を抱くに違いない。

昔、アメリカの友だちが皮肉たっぷりにこう言っていた。「治安がいい証拠だよね」って。

4adb8edbc33f12559c5dcb4b05d506813308997b

彼らは、毎日14時間も働いてる。

撮影しているのは、世界のストリートカルチャーを中心に追いかけているプラハ出身のフォトグラファー、David Tesinsky

「日本のサラリーマンは、何年も何年も、同僚やクライアントと飲みに行って、午前2時まで酔っ払って帰宅して、夜も明けないうちにまたオフィスへ行く。毎回タクシーを使う余裕はないから、ときどき寝てしまうんだ。まるで企業の羊のようだった。彼らは毎日14時間働いている。

自分のキャリアアップに焦点を絞った幽霊のように街をさまよっていて、僕にはその姿はあまり明るいようには見えなかったけど、彼らのビジョンはちょっと違うようだ。『まだ5年しか経ってないし、先が見えないピラミッドで、少しでも高い地位につく』ってね」

最近の日本はそこまでステレオタイプじゃないよ、とツッコミを入れたい気持ちもあるけど、こんなにたくさん撮るってことは、それだけ「寝ているサラリーマン」が目立って見えたのかな…。

私は日本が大好きだし、一生懸命働いているビジネスマンも好きだけど、やっぱり家でゆっくり寝てほしいっていう意味では、このフォトグラファーと同じ気持ちなのかもしれない。

Licensed material used with permission by David Tesinsky
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
いわゆる「観光地」とは呼べないような海外の街を訪れると、看板やレストランのメニューに英語表記がなく困ることがある。そんなシチュエーションすらも、捉え方しだ...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...