ちょっと寂しげで、ちょっとホッとする。Yota Yoshidaが撮る「東京」

“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。

東京在住のフォトグラファー、Yota Yoshidaさんの「From Somewhere, To Elsewhere」は、都市郊外の日常を切り取ったシリーズ。普段は目に留めないような、それこそ写真で抑えようとも思わないような風景かもしれませんが、どこか寂しげで、思わず見入ってしまいました。

46ad75a1f823bb99039ea7a8c750d1ec98cb8e3b

海外の人からすると、東京はきらびやかなイメージが強いのかもしれません。でもYotaさんの写真から見えてくるのは、生々しい孤独や思わず口角が緩んでしまいそうな愛すべき瞬間。そして、これらの作品は「Vice」のCreators Projectや、「南ドイツ新聞(Süddeutsche Zeitung)」などでも紹介され、海外メディアでも数多くシェアされました。

F5bda4099a9c9302469309a73e6ba204d6d9037a

普段から街中で写真を撮っていて、自らのことを「あらかじめ何か目標を定めて写真を撮るようなタイプではない」と語ります。

それは、今回のプロジェクトも同様。

「こういうものを作ろう」と構想を練ってから撮り始めたものではなく、それまでに撮ってきた時間も場所も異なる写真から、共通点のあるものを集め、ひとつの物語を見出したのだそう。

Afbfc70ce4ccd846c2944ea4d5326844a21098ad

「写っている人や物」「写真を選んでいる私」そして「この写真を見ているあなた」は、それぞれ別の瞬間に存在しています。表面的には移動をテーマにした構成にはなっていますが、「彼ら」や「私」と同じ線の上に「あなた」が立っていると思って見ていただければと思います。"To Elsewhere"にいる鑑賞者の機微に、少しでも触れるような何かが届けば嬉しいです。

見慣れた写真とはまた違った魅力を持つYotaさんの写真は、ウェブサイトInstagramでも見ることができます。

7f764a1eb3a52808d52a0ed5ad8abcf0ad17fa1dA863baf30c79f135055bd0db8ea87dd7b7330bc1Df9ec82418c6faa0e81d0b2abf4f2621e26c303a882ccea81107e8f11eff2e8ba242b67c1a8057826a5ce1b89528d33d7b32d23e8903da7d412eb1b8C2a7f7515e37e12cf4bb6fdb00117401dc23dcb4490cdf55eaef3432bfa5804c5d2f326cfb761a5d976e1b34e1391e20ebc1e2bbda33fb8fe7e8c8e7206add7ab1d74e523f8ad5e8811bd5f37aa9dfec8d4b79f4c2c25544488ba533fbee38e06979629e008b036ccd227d318f077e5c18c3cb8cd51c54d8E43faabf42aa731259e22592dc82b4b34250b3fdCc7ef7fc2a06f1792bf9ca216e06975f3487fe08A2bab47f97f61ee6d3abbb615c92c84d0426a3f1C9dc1beb7c723bdf76c58b9f83f794acdc9a0aa3A8c2c4303a603f9a9b90bb99df3dd9c1b7b75c8c235002679cf18a79251b62529aa4e4aedaec49b9
Licensed material used with permission by Yota Yoshida, (Instagram)
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
1925年から発行されている文芸誌「THE NEW YORKER」。ニューヨークにスポットを当てた記事を掲載しつつも、全米に(世界中にも!)多くの読者を持...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」。と、説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...