インスタで見つけた、僕たちが忘れていた「日本らしさ」

冬休みにどこ行こうかな、と思いながら世界の絶景をインスタでながめていたら、ある写真が目にとまった。

「日本だ…」

そのアカウントに飛んで、他の投稿をチェックしてみると、たくさんの見覚えある場所。なんだか、無性に懐かしくなってきた。

「当たり前」になった
景色

A post shared by R̸K̸ (@rkrkrk) on

A post shared by R̸K̸ (@rkrkrk) on

R̸K̸さん(@rkrkrk)がシェアした投稿 -

A post shared by R̸K̸ (@rkrkrk) on

A post shared by R̸K̸ (@rkrkrk) on

正直、特別なものが写っているわけではない。むしろ、日本に暮らしている人なら、通り過ぎてしまうようなところばかり。

フォトグラファーの名前が「R̸K̸」だから、外国人が珍しいと思ったものを撮影しているのだろうと、勝手に考えていた。少し調べてみると、彼は「Discover Tokyo」というアカウントも運営している日本人フォトグラファーらしい。

となると、なんで日本の魅力を残すことにしたのかが気になる。

R̸K̸さん(@rkrkrk)がシェアした投稿 -

何回かメッセージをやりとりをして分かったのは、R̸K̸さんは撮影のために、頻繁に海外に行くのだとか。そこで、外国人にもっと日本を知ってもらいたいと考えるようになったとのこと。また、日本人には、この国の魅力を再認識してほしいそうだ。

僕たちは、ついそれを忘れがちだ。だからこそ、彼は当たり前になっているものを撮り続けているのかもしれない。

Licensed material used with permission by R̸K̸
Daisy Chausséeさんのインスタグラムには旅の思い出が色ごとに分けられている。全体でアカウントを見ればグラデーションになっていてとっても綺麗。そ...
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のインスタグラムに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマジネ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...