「日本の色」を見つけたくなる、Instagram

台風が過ぎ去った翌日、私が見た夕日はオレンジ色でとっても綺麗だった。小さい頃は、そんなことさえも夏休みの絵日記に書いていたっけ。

大人になってからは、いつのまにか目に飛び込んでくる色に対する意識が薄くなっていたのかもしれない。が生い茂った沢の水で泳ぐ銀色のニジマス。青いトンボを捕まえようとして落っこちた茶色い池——。

昔の思い出が、色と一緒に蘇ってきた。

日本にある
いろいろな「色」

たくさんの旅の記録が、見ているだけでも楽しいDaisy Chausséeさんのアカウント。9マスで見ると同系色でまとめられていて、全体で見ると画面いっぱいに綺麗なグラデーションが広がっている。

ふと目に止まった朱色のワンピースと赤茶色の鹿に、思わず「奈良だ!日本だ!」って嬉しくなっちゃった。私はあっという間に彼女の色使いのとりこになった。

燃える日本の
「赤色」

F424953c2fb31c2c46c1e6f80e5d1eb2875fb96f

コンクリートジャングルだけじゃない。
「銀鼠(ぎんねずみ)色」

27931705a2b6216fc00968fc0237d3a6f0f7d2b5

おいしい、楽しい、美しい
「紅梅(こうばい)色」

50301bcbbcc7d9812768dc82be414f7c66a8cb23

奥行きのある深い緑
「織部(おりべ)色」

14a5193d8a27b8b1a78b2033b8a9ff048d4af310

古風を感じる
「銀朱(ぎんしゅ)色

1c9f5b43a9ed9f34ce72ab519bf4fff94e14120b

どんな色を見つけられる?

彼女のインスタを見ていると「日本はこんなにも色彩豊かだったのか」と気づかされる。涼しくなってきたし、今週末はカメラでも持って和色探しの散歩に行こうっと。

Licensed material used with permission by Daisy Chaussée
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のインスタグラムに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマジネ...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
Benedetto DemaioがInstagramで公開するのは、ほぼ全てターコイズブルーに関連したもの。美しいティレニア海を見渡すことのできるイタリア...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...