『海の見える駅』とっておきの5選。西日本編

WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。

前回は、村松さんおすすめの『海の見える駅』5選【東日本編】を教えてもらいました。

今回は【西日本編】!  村松さんご本人のおすすめコメントとともにどうぞ。

01.和深駅
(和歌山県/JR紀勢本線)

8ad281295804376f6ea797ecc522dd3e2dfef5d5

和深駅は、真っ青に澄みわたった太平洋を一望できる駅です。

紀伊半島の先端で、本州の最南端でもある、和歌山県串本町にある和深駅。高台のホームからは景勝地の「枯木灘」を一望できるのですが、その青色は私の今まで見た太平洋のなかで最も澄んでいました。実は、「枯木灘」は黒潮が本州に最も近づく海域。黒潮は栄養分であるプランクトンが少ないため、透明度も高いのだそうです。

02.安和駅
(高知県/JR土讃線)

5a708eb645622f5c5e52a1b7f4f861146cbea28dDa1b2864cbe777e3871f4c1b04c78de4b8381601

安和駅は、ビーチの眺めを独り占めできる駅です。

待合室が置かれているだけの小さな無人駅ですが、そのすぐ眼下には、弧を描いたビーチが広がります。シュロの木も相まって、ホームに降りるとそこは南国の情緒。列車も1日に6往復半しか停まらず、人影も少ないため、ビーチを独り占めした気分に浸れます。

なお、安和駅のある土讃線は、海沿いをほとんど通りません。その分、車窓に一気に海が広がった瞬間のワクワク感もひとしお。思わず降りたくなってしまうはずです。

03.下灘駅
(愛媛県/JR予讃線)

Ac28b96367dffd82f1880fdd874e99914546b0fcCaa410c501cc22ff8c0460955453ad8f8a592fef

下灘駅は、人の心が通い合う、海の見える駅だと思います。

瀬戸内海を見下ろす眺望の良さ、夕陽の美しさ、そしてフォトジェニックなたたずまいから、ネットにとどまらずテレビでも話題になった無人駅です。今では人が絶えずやってくるほどの人気ぶりなのですが、だからこそ出会える、素敵な場面も多くあります。

特に個人的に印象的なのが、観光列車「伊予灘ものがたり」が駅を発つタイミング。ホームいる人々がいっせいに手を振って見送ると同時に、乗客も笑顔で手を振り返す。時間に追われないのんびりとした雰囲気が、自然とそうさせてくれるのかもしれません。

列車待ちの間に、旅人の方たちや地元の方と会話が弾んだのもこの駅でした。

04.馬路駅
(島根県/JR山陰本線)

8429e418242d1c53679b263aa4fa850f3cc3963d

馬路駅は、全国屈指の鳴り砂の浜を望む駅です。

鳴り砂とは、砂の上を歩いたときに「キュッ」と鳴る砂のこと。馬路駅は、そんな鳴り砂の海岸のなかでも特に有名な「琴ヶ浜」を見下ろす場所にあります。ホームから見る美しさも去ることながら、歩いてもわずか5分ほどの距離。

「琴ヶ浜」はゴミがなく、砂粒も均一で、海水もとても澄んでいるのが特徴。海の見える駅のそばの砂浜では、これ以上に美しいところをいまだ知りません。

なお、世界遺産の石見銀山や、古い町並みの残る温泉津温泉も近く、観光と合わせて訪れやすい点もおすすめです。

05.大三東駅
(長崎県/島原鉄道)

Ffb2cb33ee5e6727ea152ef61a8dc7ffc3af898f

大三東駅は、下灘駅と並んで、西日本でひそかにフォトジェニックな駅だと思います。

長崎県の島原半島にあり、ホームのすぐ真横は有明海。その近さはほぼゼロ距離。他のどの駅よりも海の近くにホームがあります。夕日は見られませんが、海の彼方からは朝日が昇ります。静謐なホームから望む朝焼けは、まさに息を呑む光景です。

また、有明海は干満の差が日本一激しいため、時間帯によって一面の干潟だったり、海水が満ちていたりと様々な表情が楽しめるのも特徴です。

今週末は、徒歩0分の景勝地、海の見える駅へ!

Licensed material used with permission by 村松 拓
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!電車を降りると目の...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
音楽で会話するってこういうことなのかもしれませんね。パリの駅には誰でも自由に触れるピアノがあります。画像の二人は偶然行き会ったピアニスト。「ViralHo...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリ...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...