こどもの創造力を無限に広げる「なまえのないえのぐ」が話題に!

例えば、あなたがイメージする水色。水道の蛇口をひねっても、川の流れを見たって、決して同じ色はそこにありませんよね。色には、確かにそれぞれ名前がある。けれども、この色の名前と、実際のモノの見え方には、大きな隔たりがあります。
では、絵の具から色の名前をなくしてみたら…こんなにも自由な発想になりました!

選ぶのではなく
色をつくり出す楽しみ
SEE24948

真っ白い画用紙の上に、自分の好きないろをくつりだす。色の名前に囚われることなく見たまま、感じたままの色を、自分で自在につくっていく。このコンセプトのもとに製作されたのが、この水彩絵の具「なまえのないえのぐ」です。

制作を手がけたのは、デザインユニット「いま、もてき」の二人(茂木 彩海さんと今井 祐介さん)。色の三原色でもあるシアン・マゼンダ・イエローを混ぜ合わせることで、「無限に広がる色の世界を子供たちに体験してほしい」と、今井さん。
いっぽう、ただの絵の具ではなく「子供たちが自分で考え、発見していくことを促すツール」になってほしいと、思いを込める茂木さん。コンセプチュアルで秀逸なデザインは、もちろん大人だって楽しめます。

三原色の組み合わせで
“自分だけのいろ”を表現

SEE24262

この絵の具には、当然ながら色の名前がありません。“なまえのないえのぐ”ですから。代わりに、三原色のドットで表現しています。「◯+◯」は絵の具の配分。◯のサイズを変えることで色の濃さを表しています。
例えば、左の「赤+黄+青』はお分かりですか?この三色が混ざると、黒になりますよね。真ん中は黄緑、右はオレンジでしょうか。もちろん、絵の具を水で薄めたり、他の色を混ぜ合わせることで、色は無限にできあがる。つまり、「〜のような色」というほか、そもそも色の呼び名なんて、どれも曖昧なものなのかもしれません。
「視覚的にこの絵の具のコンセプトを伝えるための最善のデザインがこの手法だった」と、アート・ディレクションを手がけた今井さんは説明します。

SED24197

ちなみにこの「なまえのないえのぐ」は、2012年のKOKUYO DESIGN AWARDを受賞。今年10月中旬にコクヨ株式会社から、3,000個の数量限定で発売されるそうです。

Licensed material used with permission by コクヨ株式会社

最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
ネイルをしている人の指先には、やっぱり目が行きますよね。ていねいに自分で磨きあげることも、サロンでお気に入りのデザインにしてもらうにしても、結局は、自分の...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
Benedetto DemaioがInstagramで公開するのは、ほぼ全てターコイズブルーに関連したもの。美しいティレニア海を見渡すことのできるイタリア...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
好きな色は何色ですか?そう、いま思い浮かべたものが、あなたの性格をうまく表している可能性があります。「Thought Catalog」のRania Nai...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
突然ですが、「にんじん」の色と聞いて、オレンジ以外を想像することができますか?実のところ、最近では写真のような茶色や紫色のにんじんも市場に出回るようになっ...
一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノ...
だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。と...