こどもの創造力を無限に広げる「なまえのないえのぐ」が話題に!

例えば、あなたがイメージする水色。水道の蛇口をひねっても、川の流れを見たって、決して同じ色はそこにありませんよね。色には、確かにそれぞれ名前がある。けれども、この色の名前と、実際のモノの見え方には、大きな隔たりがあります。
では、絵の具から色の名前をなくしてみたら…こんなにも自由な発想になりました!

選ぶのではなく
色をつくり出す楽しみ
SEE24948

真っ白い画用紙の上に、自分の好きないろをくつりだす。色の名前に囚われることなく見たまま、感じたままの色を、自分で自在につくっていく。このコンセプトのもとに製作されたのが、この水彩絵の具「なまえのないえのぐ」です。

制作を手がけたのは、デザインユニット「いま、もてき」の二人(茂木 彩海さんと今井 祐介さん)。色の三原色でもあるシアン・マゼンダ・イエローを混ぜ合わせることで、「無限に広がる色の世界を子供たちに体験してほしい」と、今井さん。
いっぽう、ただの絵の具ではなく「子供たちが自分で考え、発見していくことを促すツール」になってほしいと、思いを込める茂木さん。コンセプチュアルで秀逸なデザインは、もちろん大人だって楽しめます。

三原色の組み合わせで
“自分だけのいろ”を表現

SEE24262

この絵の具には、当然ながら色の名前がありません。“なまえのないえのぐ”ですから。代わりに、三原色のドットで表現しています。「◯+◯」は絵の具の配分。◯のサイズを変えることで色の濃さを表しています。
例えば、左の「赤+黄+青』はお分かりですか?この三色が混ざると、黒になりますよね。真ん中は黄緑、右はオレンジでしょうか。もちろん、絵の具を水で薄めたり、他の色を混ぜ合わせることで、色は無限にできあがる。つまり、「〜のような色」というほか、そもそも色の呼び名なんて、どれも曖昧なものなのかもしれません。
「視覚的にこの絵の具のコンセプトを伝えるための最善のデザインがこの手法だった」と、アート・ディレクションを手がけた今井さんは説明します。

SED24197

ちなみにこの「なまえのないえのぐ」は、2012年のKOKUYO DESIGN AWARDを受賞。今年10月中旬にコクヨ株式会社から、3,000個の数量限定で発売されるそうです。

Licensed material used with permission by コクヨ株式会社

多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。なんと...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
好きな色は何色ですか?そう、いま思い浮かべたものが、あなたの性格をうまく表している可能性があります。「Thought Catalog」のRania Nai...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。と...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使えるーー。そう言っても過言ではない未来的なアイテムがコレ。使い方はカンタン。ペン尻を対象物に近づけて、ボタンを...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
「人間は中身」とは言っても、見た目からその人がどんな性格なのか、なんとなく見えてくるのも、事実。人それぞれこだわりがあるメイクのなかでも、顔の印象をがらっ...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...
舞台は中国・西安の古観音禅寺。樹齢1,400年と言われる巨大なイチョウの木が、そのダイナミズムと素晴らしい色づきで、人々を驚かせています。“黄金色の絨毯”...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...