日常にあふれる色をスキャンして描くデジタルペン「CRONZY」は、モバイル世代の必須アイテム

数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を再現する「デジタルペン」が登場した。

もちろん、こちらは未来型のガジェットで単純な比較で計れるものではない。けれど、たった1本のペンが表現するありとあらゆる色。こう聞くだけで、ワクワクせずにはいられない。

お気に入りの色を見つけたら
その場でポチッとスキャン

9cda2b3e0e212776be7489fc3362efb38442c123C2267345db57d20e6b250e19f042b8b403842d17

カラクリはご覧の通り簡単そのもの。このハイテクアートツール『CRONZY Pen』の特長を表すなら、この2枚のイメージでおおよそ十分だろう。

平たく言えば、ペンの背の部分がスキャナー構造のCRONZY。植物でも衣類でも、街中のスプレーアートでも、身の回りのどんなものにでも、このペンを当ててポチッとするだけ。あらゆる物体から色をスキャンすれば、その色を調合し再現してくれるという訳だ。

たった1本で
1,600万色以上を再現

43c85a636bae3acfe05b5b23c49ecb83bc17b8af

内蔵した5色のインク(赤・黄・青・黒・白)で、なんと計算上は1,600万通り以上のカラーが表現できるという。これなら、一度にたくさんのペンを持ち歩く必要もないし、色えんぴつやクレヨンにない色も再現できる。

もちろん、絵の具のように色を重ねたり、水や油と混ぜ合わせることで色を表現する技法に取って代わることはないだろう。

けれど、CRONZYのようにスキャンし、忠実にその色を再現するデバイスの登場は、従来までのデッサンをもっと簡便化させ、より身近なアート体験を共有させてくれようとしているのかもしれない。むしろ、モバイル世代にはこちらの方が描いてみたくなる、かも。

9f145addb5238287dd3b3ee30e1b83f3048e20e72372dbf67ba7a5789a24a69b6da483f3aaa84d77711511e98e1872d84e8c0976bdbc8836780da5ae8cc82b77fd68d738be1adf157562f5f45108892c

ポチッ、ポチッ、こんな感じでどんどん色をスキャンして専用アプリ(iOS / Android / Windows Phone)内にお気に入りの色をストックしていけば、自分だけのパレットが完成。使いたい色を選べば、カラーを呼び出し調合してくれるという訳だ。

街中のモンスターをハントしていくよりも、こっちの方が実用性ははるかに上だし、収集していく楽しみもあるんじゃない?

ペン先は交換可能な全5種類

Ea785f5c9fcca8b2846a97a47390f1d659ac55f4

太さの異なる取り替え可能なペン先は全部で5種類。目的や用途に合わせて使い分けられるのもうれしい。デザインの幅もぐんと広がるはずだ。

すでにクラウドファウンディングサイト「Indiegogo」では、多くの出資が集まり始め、先行予約だと199ドル(約2万円)から入手可能。1,600万色コンプリートは、気が遠くなるような数字だが、ペンを持って街に出たい!という人は、こちらから。

Licensed material used with permission by CRONZY
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使えるーー。そう言っても過言ではない未来的なアイテムがコレ。使い方はカンタン。ペン尻を対象物に近づけて、ボタンを...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
僕は、絵を描くのが苦手。小学生の頃から美術の時間がイヤだったし、評価もそれはそれは悲しいもの。まあ、それほど気にしていたわけじゃないんだけど、「もう少し上...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、ロディアのNO.13と...
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。「エンリーベグリン」のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していまし...