「立体的なお絵描き」ができるペンが発売!作れるおもちゃは無限大。

これからのお絵描きは3次元!

立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペン先から出たフィラメントというインクが固まり、平面に絵を描くように、立体物を作り出すことができるんです。

その可能性はまさに無限大。まずはこちらの動画を見てみましょう。

あらためて、この「3Doodler」を紹介すると、元々はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金を募り実現した、新しいお絵描き道具です。紙の上はもちろんのこと、特殊なインクを空中へと積み上げていくことが可能です。

そして、ここで紹介する2015年6月17日発売された「3Doodler2.0」は、2013年に発売された製品のアップデート版。ペン自体が以前よりずっと細くなっており、使用時の音も静かになるなど、より便利になっているようです。

積み上げるように描く!

Medium 180724acca8c7e49f4efa26d008c6e78eb91e252Medium 5d8b110ab37210323fd33855a257455df2ac665a

写真の通り、ちょっとラフな絵でも素敵な小物が作れちゃいます。季節のイベントを彩る飾り付けにも最適。

Medium 375c122b5575602e1cd9c4805f870498c7216067Medium 1c466c29c1cc1f370f90244801952cda5ded52deMedium a3f2a9366b8efb746a05487664d6b2be48db1b1d

家の中のオブジェづくりや、子どもの遊び道具としても優秀で、創造力を最大限に引き出し、それを具現化できます。

Medium 3be2e751bf7cfa8f2bb25443021543d1c42ea664Medium 6c0e41a6b0e07c241e4b4b2215973a730bb1991aMedium 86bafbd29ed11902265b1a989188d353585e7972

これには大人もハマっちゃうはず!凝れば凝るほど本格的なオブジェに…。

Medium 4ac64b378933c6092983ab5162289803f5a97b44

使えるかどうかは別として、カゴだって作れちゃいます。イメージとしては、人力の3Dプリンター、といったところでしょうか。

Medium 5e98914daad9d9eb216cbddd424f06ea6945c46d

こんなに本格的なお城まで!

ホームページにはコミュニティ機能もあり、無料の型紙をダウンロードしたり、他のユーザーの作品を見て研究できます。

Medium 82556ba7a9cab5a06c8981d977b141ca3d7af0e5Medium 21e31f6e0026a991b150eccbc44a3e3d651210fcMedium 52cb7fe8f9f19d44c955926da0354cbf54ada0d2Medium ad94cbcd677880723b613dbb2e78750275ab40d9Medium e7db29008ae02317b7a50ece47856cd414542ba9Medium e1b37f0340108f168885ea1ba62e5f805ea8c814Medium e9e7bfe6cd7f8e9b1ffa89f92bbc03b9cf386a35Medium d33939b25d2d26d35a2401b24e749d35d946042e

温度が下がることで固まる仕組みで、パーツづくりもできます。様々なパーツを描き出し、組み立てる楽しみも。

価格は税込み14,904円。様々なカラーを用意したフィラメントは、25本入りで税込み1,620円から販売中。中にはこのペンを使ってドレスを創ってしまった人や、人体サイズのもの、さらにはもっと大きなモニュメントを作成した人もいるようです。

自分で楽しむのもいいですが、ギフトとしても喜ばれそうですね。

Licensed material used with permission by 3Doodler
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使えるーー。そう言っても過言ではない未来的なアイテムがコレ。使い方はカンタン。ペン尻を対象物に近づけて、ボタンを...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していまし...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
友人を自宅に招いての「家飲み」や「パーティー」。そんなとき、あっちこっちから椅子をかき集めてきたりします。それでも足りないってなれば、アウトドア用の折りた...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
赤外線レーザーで距離を実測するアイテムはいくつかあれど、製造業や、土木・建築業で活躍する、いわゆる職人のツール止まり。というのも、そのほとんどが一直線に伸...