その才能に嫉妬する。極細黒ペンのみで描き上げた、世界一の「イタズラ書き」

もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0.05〜0.7ミリと、先の太さが異なる数種類の黒ペンだけで、写実と幻想の間を行き来する作品を作り上げていく。

インスタフォロワー44万人
そのクオリティに圧倒される!

Medium dcbf15cbd8d717a1c120322164ba6efbe1436132

彼の代表作のひとつが、このスチームパンクなライオン。雄雄しく鋭い眼光とサイボーグ化された表情が印象的だ。

Rosanesさんは、黒ペンとファインライナー数本を使い分け、独自の“doodle(イタズラ書き)”ワールドを描き上げていく。緻密な作業風景は上の動画からも分かるだろう。

本人にしてみれば、イタズラかもしれない。けれど、この圧倒的なクオリティは瞬く間にSNSを介して拡散。今や44万人を超えるInstagramのフォロワーたちが、彼の新作を楽しみにしている。

Medium df490e37cdc6ce9689cc0cd092da82b05fc614ecMedium bc6c65c238fd48dd3f0f3cc3d292707d6b071029Medium d9571152ec0fc6765f7333a1d15ded0a92c3b850Medium d5122cc9d2635cdc9e3e891b42eb389c9a7a9ced

「宮崎作品」にインスパイア

Medium fd4bc78e87dd3564f62c315eeb6f84844bf28f39Medium d646a20397d6a71317fac1ab17a8cc7eb85b1aed

日本のアニメにもインスパイアされた彼は、宮﨑駿作品へのトリビュートも数多く描いている。

Medium db904dd82e93011a77e0b5cf8b991a2cf4b27095Medium 3a3e7f0e5feeb15dca70d17953a75440d97706e8Medium f767a26ce389117cfe7b5e9ab4313a4b9c7e2b78

こちらは、スウェーデン発の腕時計ブランド、ダニエル・ウェリントンとのコラボ企画。さらには、スケートボードのデッキデザインを手がけたり、ドーナツ店のパッケージデザインを担当するなど、Rosanesさんの注目度は急上昇。

こうなるともう、イタズラ書きという認識を持つ人間は誰ひとりいない。にも関わらず、Rosanesさんは“落書きの延長”だと繰り返す。どこまでも謙虚な青年のこれまでの作品をどうぞ。

MOLESKINEシリーズ

Medium 27dbbdfccfaa2fdeac9b5546680b5ef2e477793fMedium 75c5851c7ea83051b7c37ae74032a8df59ab68a4Medium 0f9642b85cef9fa4de54f755bc9da94820a28037Medium 4beb956c64d99615405f09e9eb3b2a224de5eecfMedium 28ff0dd15400ee8813a7942d57f6992f967d0e69Medium 9b3b6eefff4aa626d7dbcf2acf18ddb6fb875797Medium d7db7fc9529e19ff5ba691e6b9644a3efe56525bMedium 73f01cdade7d6e9df2787357ba0e5fdee5096523Medium bcd35a837f37c3e512f7a2c050e217dfa61e8f5cMedium 812503a0dcd4e6aacd95c9fff4041ea2c0da14c9

細かな描写に思わずため息が出てしまう。

新作「幾何学獣シリーズ」

Medium 08bbda4391820bab3a0d3401f87a910fd008e0d2Medium 91297ebbce6ce103690f8acf23a8d93602d83741Medium c7d693f6efb0a764b5e28e536270d0fec4b62a7dMedium fe310b66b5f8329ab555bf007e9758f36dc9ee5fMedium 331a8ca50a826ea3707cd4d9c02e6bfdbf673735

しびれるような彼の作品は、Tシャツやポスター、スマホケースになって公式サイトから購入できる。

Licensed material used with permission by Kerby Rosanes
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使えるーー。そう言っても過言ではない未来的なアイテムがコレ。使い方はカンタン。ペン尻を対象物に近づけて、ボタンを...
僕は、絵を描くのが苦手。小学生の頃から美術の時間がイヤだったし、評価もそれはそれは悲しいもの。まあ、それほど気にしていたわけじゃないんだけど、「もう少し上...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
会議中や授業中にストレスを感じたり、ちょっと退屈していたり。そんなときにこのペンを使うと、集中して作業を続けることができると開発者はいう。ところが、正直言...
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
フランス人アーティストのXavier Casaltaさんは、点の集まりだけで絵を描く、「点描画家」。紹介した作品「Leopard」は、ペン先の太さわずか0...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
「こちら911です、何が起きたのですか?」「ピザを注文したいんです、どれくらいで来れますか?」海外のエマージェンシーコール(緊急通報用電話:911番)にか...
猫は見た目だけでなく、その性格も魅力的♡ ここで紹介するのは、米オンラインショップ「Lingvistov」が、ギフトカード用に作成した猫を飼うべき理由が書...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
PCには便利なテキストエディタもあり、キーボードではなく、ペンをもって文字を書く機会が減ってしまったという人も多いでしょう。ここで紹介するのは、紙に字を書...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...