世界55ヶ国で10万セットを販売した「500色の色えんぴつ」が生まれ変わった?

最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。

だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色えんぴつ、そのものがアートのようだ。

これまでに、シリーズで世界55ヶ国、10万セットも販売されてきたのだとか。「この色数であれば、魔法のように絵が上手くなるかもしれない」そんなあてもない想像を何度もしてしまった。

持つ人それぞれの
花を咲かせて欲しい

8a671cca250e819f55141a720cb02758ad3e53d3

バリエーション豊かな色えんぴつは、木工加工から塗装や刻印まで東京都の葛飾区や荒川区といった下町で行われている。とりわけ色芯に関しては、国内に業者がほぼいなくなってしまった中で、頑なに技術を守り続けて1色1色オリジナルの色出しがされているのだとか。新シリーズは、匠の技を持つ職人たちによって繊細な色えんぴつがつくられているのだ。

正式名称は、「フェリシモ 500色のえんぴつ TOKYO SEEDS」。500色の幸せの種から、持つ人がそれぞれの花を咲かせて欲しい。SEEDSという言葉には、そんな願いが込められているとのこと。

他の色えんぴつと
全く異なる500の色名

Eb90b9fe04aab7ef3ac4de3edde861bc56256c0b

500色の色えんぴつは、単に「赤」とか「緑」ではなく、創造性を刺激するユニークな名前がついている。例えば、赤でも「NEW BIKE(まっさらな郵便配達の自転車の色)」や「SATURDAY SPORT(週末スポーツの紅潮色)」「BEACH WALK(ビーチウォークの日焼け色)」といったクリエイティブな色名がついているのだ。1色1色に想像力をかきたてられたり、愛着を感じることができるはず。

20色が25回に分けて届く

633054ac1d27282bb2fcafc59780c5a6303c5b27

もう1つの特徴は、毎月テーマごとに色えんぴつが届けられるといったもの。

「Starlight」は星明りのようなメタリックカラー、「Midnight」は夜をイメージしたダークカラー、「Party」は蛍光色を含んだ鮮やかなカラーという具合に、1テーマごとに20色がセレクトされるというユニークな試み。毎月、少しづつ色が増えていき、やがて500色が揃う仕掛けなのだ。

テーマごとに描く絵をイメージするだけでもワクワクしてくる。色えんぴつに囲まれれば、毎日の生活までカラフルになりそう!そんな予感がする。

Licensed material used with permission by 株式会社フェリシモ
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
「おしゃれは足元から」なんて言葉があるように、靴はファッションの大きなポイントを占めるアイテム。薄着の季節はカラフルな色の服を着ることも多く、何を履いたら...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
ネイルをしている人の指先には、やっぱり目が行きますよね。ていねいに自分で磨きあげることも、サロンでお気に入りのデザインにしてもらうにしても、結局は、自分の...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
だんだん秋めいてきましたね。もうちょっと寒くなってきたら、ホクホクの焼き芋が美味しい季節。スイートポテトや大学芋を思い浮かべると…あ〜お腹が空いてくる。と...
雨上がりに空に現れる、7色の虹。現在、虹(レインボー)といえば7色が全世界共通ですが、じつは時代や国によって認識が違っていたのです。書籍『色で巡る日本と世...
好きな色は何色ですか?そう、いま思い浮かべたものが、あなたの性格をうまく表している可能性があります。「Thought Catalog」のRania Nai...
突然ですが、「にんじん」の色と聞いて、オレンジ以外を想像することができますか?実のところ、最近では写真のような茶色や紫色のにんじんも市場に出回るようになっ...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノ...