今年も満開、ありがとう。日本全国「ダレカニミセタイ」桜景色11選

南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。

今年も日本全国が桜色に染まりました。Instagramのハッシュタグ「#ダレカニミセタイケシキ」にも、日本全国から美しい桜の便りが届いた模様。

普段、地元やご近所の桜景色しか、あまり目にする機会がないかもしれません。そこで、今年の桜の見納めに集めた11選。桜にまつわる風流な「桜言葉」とともに。

早朝の「花影」

F690c9c3f69b5c272c325ef746c4fb6aa82cc8b2

花影(はなかげ・かえい)とは、月明かりなどで水面に映った桜花を表す言葉です。こちらは、奈良県南部の下北山村、Criss1016さんの見た風景。水面に映る満開の桜にうっとり。早朝5時50分、朝一番の静けさの中で撮影されたもの。

「花霞」の千本桜

68e8366a313fabd7fcea44415c70a3ff3d8d2a51

満開の桜が遠くに遠くに霞がかって白く見える様を喩えた言葉に、花霞(はながすみ)があります。ご存知、吉野の千本桜。シロヤマザクラを中心に、山肌をピンクに染める奈良の春の名物詩ですね。

4c569880a7b8bb1aa1e73b35ad439b50a20e6402

今度は下から。tadashinoseさんのオススメは、山の中腹から見上げる千本桜だとか。

夜の水面に「花筏」

C2d81fcf152b8b0062940d8b1f08911d187709e6

水面に散ったひとひらが、吸い寄せられるようにしてできる花筏(はないかだ)。群馬県・華蔵寺公園に隣接した遊園地をバックに、幻想的なピンクの夜を表現しています。

日本三大桜の「花あかり」

C1b8c9d7e0c8a528b9f0baa5a6fda619d692f3f1

満開に咲く花の白さで、夜になっても木の周辺がぼうっと明るく感じられることを花あかりと表現します。こちらは、日本三大桜のひとつとして、国の天然記念物指定を受けた福島県・三春滝桜。peanutsayaさんの作品は名木と三日月の共演。

E0aa4f69521dbf1c2c1d37efc5f3ad3328c7d08a

星降る天の川と、又兵衛桜の花あかりの饗宴を収めたevolve_basisさん。夜にしか見せない枝垂れ桜の表情もステキですね。

9af48caa0b81ade554e77eef82ec42cd3e55a099

こちらは、静岡県川根の大木。神秘的な夜空と桜が見事にマッチ。

満開の枝の合間に「桜人」

839ad621dfbd216263168d304e6313cd3722ecc6

桜を愛でる、お花見を楽しむ人のことを表現した桜人(さくらびと)。こちらは、都内の桜の名所のひとつ千鳥ヶ淵。緑の葉がちらほら目立つようになった、桜の枝の隙間から、お堀に浮かぶボートをパシャ。

快晴に「零れ桜」

3e72d2e48009d1148e8a10a77900e2a6f3aa5dda

こぼれんばかりに咲誇る満開の桜から、はらはらと花が散る様子をみて、零れ桜(こぼれざくら)という言葉が生まれたんだとか。奈良県最古といわれる千年桜があるのは、宇陀市佛隆寺。樹齢は推定900年といいます。快晴の空に珍しいモチヅキザクラの白い花びらが栄えますね。

「花の雲」の下を鉄道が行く

51f368b575ea869eb147ae27a9a0479068b3d10c

満開の桜が一面に連なっているよ様子を雲に喩えた言葉・花の雲。dera_e_monさんのベストショットは、ピンクのトンネルの中を走り抜ける小湊鉄道線。桜が終わるころ、今度は斜面に咲いた菜の花が満開になるんでしょうね。

金色の「夜桜」

6433a70a3ff461f2dc2d1d3422cf5199adbc5ba9

京都府・東寺。夜桜のライトアップでお堂も桜も金色に。

散り際も艶やかに「花嵐」

7dee60fe059003787b7736e125434ec5e1bc1412

桜の花の盛りのころに吹く風を表現した、風流な花嵐(はなあらし)。東南の春風に花びら散る瞬間を捉えたy.s.bibintyoさん。これも美しい一枚。

5ef1240d68928c2a8ec7b0515a0ea9539e6210f3

最後に紹介するこのしだれ桜は、熊本県阿蘇市に今年咲いた桜です。撮影からわずか数日後、この地を先の大地震が襲いました。どうか、来年も満開の景色が訪れますように。

ほんの数日間。

毎年、それを待ちわびて春の訪れを感じ、桜のもとへ出かけて饗宴に酔いしれる。また来年、ステキな桜に会いましょう!

2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。武甲山のふもと、羊山公園内の「芝桜の丘」には約40万株の芝桜が...
桜が綺麗な国は決して日本だけではありません。そのことはもはや、多くの人が知っているはず。特にワシントンD.C.のそれは、日本から贈られたものとして有名。今...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
美しく咲いては散っていく桜のように、ひとときしか鑑賞することができないからこそ儚い、ホタルーー。今年は例年よりも1〜2週間ほど「ホタル前線」の北上が早く、...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
日本海に面した山口県長門市、ここに地元の人たちから“パワースポット”として愛されてきた、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社があります。県外の人には馴染みの...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
どんなに見慣れた風景も、見る人が変われば別世界にーーそんな"視点の違い"を如実に表しているのが、この11の動画ではないでしょうか。このGIFアニメをつくっ...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど国内外問わず人気の場所。2016年は、例年GWに見頃を迎え...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
子役から長年俳優として活躍してきた小橋賢児さん。現在、国内最大級のダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」のクリエイティブ・ディレクターを務める...