外国人旅行者が驚いた、日本の日常「24選」。コレって当たり前?

Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。

海外を旅行した時、現地の文化を不思議に思ったり、または感心したりしたことはありませんか?同じように、日本では当たり前のことでも、外国人から見たら当たり前ではないかもしれません。
記事では72個掲載されていますが、その中から特徴的なものを24個ピックアップして紹介します。日本のいいところ、悪いところなど、普段は気づかないような視点を与えてくれるかもしれません。

01.
漫画は公式な標識としても使用されています。これは世界中で採用されるべき、分かりやすいサインでは?

02.
日本はとても安全。京都のような人が多いところでさえ、自転車や家に鍵をかけない人が多くいるほど。カフェでは、テーブルの上に自分のスマホを置いたまま注文にいきます。犯罪を気にしなくていいのは素晴らしいこと!

03.
トイレは、しゃがんでする古典的なものから(しゃがむのを支えるための手すりまであります)、ウォシュレット機能がついた超近代的なものまで。

04.
ゲームセンターがたくさんあり、太鼓のゲームは特に楽しい!

05.
日本では靴を何回も履き変えます。家、ゲストハウス、一部のレストランや美術館に入る時でさえ靴を脱ぐ必要があります。
スリッパを渡されることもしばしば。トイレにいく時には、トイレ用のスリッパに変えます。

06.
昔ながらの伝統的な客室には、専用のお風呂がありません。その代わり見知らぬ人と一緒に大浴場に入ります​​。これには、ちょっとびっくり。

07.
飲みものを飲みたい時は、自分で注ぎません。他の人のために注いで、自分にもそうしてもらうのです。

08.
ほとんどの日本人は、英語を話しません。

09.
欧米からの観光客はとても少なく、そのほとんどは国内観光客です。

10.
日本人にとっては「チーズ」と言って、ピースサインを作ることが写真を撮る時は必須です。知っての通りローマでは…。

11.
みんな本当に丁寧。世界的に有名なイギリスの礼儀正しさも、日本とは比較になりません。

12.
どのお店に入っても大きな声で「いらっしゃいませ!」と迎えられます。そして、店を出るときは「ありがとうございます!」の声がしばらく響き渡るのです。

Blurry Supermarket

13.
地元のアイスクリームショップの店員さんは、いつも笑顔で「いらっしゃいませ」と言ってくれます。でも注文をする時は、少しの英語しか話してくれません。

14.
公共の交通機関は、遅れることもなく常に時間通り。

15.
電車の座席は進行方向に向けられるよう、回転できます。
同時に、一緒にいる友だちや家族と対面しながら話すことができるのです。景色が素晴らしい場所では、窓の方に椅子を向けられるものもあります!

16.
東京の地下鉄マップは、今まで見た中で最も複雑でした。

17.
日本人はどこでも眠ることができます。朝の電車の中では、ほとんどの人が眠っています。でも彼らを責めることはできません。大抵、午後11時まで仕事しているのですから…。

18.
日本の食べ物は芸術的。新鮮で健康によく、繊細でいて美しいのです。

interesting-japan160322-01

19.
時に、何を食べているのか分からない時もあります。

20.
ベジタリアンは注意が必要。魚のブイヨンが料理の至るところに使われています。伝統的な「精進料理」は、ありがたいですね。

21.
幸いなことに、自動販売機がどこにでもあります。たとえ農村部でも、です。のどが渇くことは決してないでしょう。しかも、120円と安いです。

22.
レストランの外に置いてあるプラスチックでできた食品サンプルは、驚くほどリアル。

23.
日本人は予想以上に宗教的。京都では、どの道にも神社があり、人々はそこで立ち止まって鈴を鳴らして祈ります。
(※少し誇張が見られますが、原文に忠実に記載しています)

24.
お寺で渡される入場券は、美しい。

Licensed material used with permission by Never Ending Voyage

年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
どんなに見慣れた風景も、見る人が変われば別世界にーーそんな"視点の違い"を如実に表しているのが、この11の動画ではないでしょうか。このGIFアニメをつくっ...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...