初心者必見!旅を安く楽しむ「10の方法」。4年間、500万円で世界旅行した達人が教える!

Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて旅をする人にはオススメです。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee


Facebook中毒になると、さまざまな分野の人たちと関わるようになり、人の考えに触発されることも多くなります。そして彼らのフィードを見ていると、旅に出たいという欲求に駆り立てられることもしばしば。 旅をすると未知のことに出会い、新鮮な気持ちを持てます。
チケットを買って移動する。そして迷うことで初めて自分のことを知る。仕事をやめて南国にいき、日焼けする…なんてことも。
旅に出たいという強い気持ちを抱くことがありますが、そんな簡単にいくことができないのも事実。旅行中に使う費用のことを考えるだけで、ゾッとしてしまいます。

shutterstock_126992147
でも、旅をするのにそれほど多くのお金は必要ないのです!予算が少なくても旅はできます。
「人生がタダだったら最高なのに!」なんて言葉を聞くこともあります。友だちと一緒に笑い合うことや、花の匂いを嗅ぐなどのことだけがタダで楽しめると考えている人も多くいますが、そんなことはありません。無料ではないにしろ、少しのお金で十分なのです。 もしあなたがずっと旅に出たいという気持ちを抱いていて、その方法が分からないなら、グラハム・ヒューズ氏の本を手に取ってください。

彼はイギリス出身の冒険家であり映画監督。テレビの司会者でもあり、ギネス世界記録保持者です!彼は、非常に少ない予算で世界一周の旅を達成しました。彼の4年にわたる旅は、陸路のみで飛行機は使っていません。すべての国連加盟国を訪れたそのコストは、およそ4万ドル(約500万円)。 彼はどうやってこの予算だけで世界一周をしたのでしょうか?資金援助を受けたり、旅のドキュメンタリー映像を撮影しながら旅をしていましたが、安く旅をする極意を知っていたのです。
ここに、少ない予算で旅を楽しむ10の方法をまとめました。

01.
物価の高い国には
いかない

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

カタール、アンゴラ共和国、ノルウェーのような国は、世界で最も物価の高い場所です。旅の計画をする時は、そのような高い国は避けてより物価の安い国にいくように。

02.
本当に必要な物だけ
持っていく

旅の準備をする時、必要だと思ってもできるだけ高価な物は買わず、無駄使いをやめましょう。水中カメラや高価な三脚など、旅の間に使用するチャンスは少ないのです。旅行中に本当に何かが必要だと感じた場合、現地で借りてみたら?

03.
現地の適正価格を
知りましょう

物の適正価格を知りましょう。旅先での為替レート、物やサービスの適正な価格を理解することは非常に大切です(特にタクシーの値段は要注意)。 そうすることで、法外な値段をふっかけられた時に利用しなくて済むのです。

04.
現地の
SIMカードを購入

ほとんどのスマホは、プロバイダーを変えることができるように設計されています。必要なのはSIMカードを変えること。海外でスマホを使う場合、現地で新しいSIMカードを購入してそれに差し替えましょう。ローミングを使用するよりも安く利用できます。

05.
万が一のため
海外旅行保険に入ろう

旅に出る前は、保険に加入することは安い旅をするために必要だと感じないかもしれません。でも海外で事故や病気に合い、もし保険に加入していなかった場合、高額な医療費を払うことになってしまいます。

06.
下調べが大事
格安航空券をゲット

安い航空会社の価格を調べた上で、チケットを購入しましょう。もしあなたが旅をする予定でどこにいくか迷っているなら、どこ行きの航空券が安いか調べた上で、安いルートを選択して購入しましょう。

07.
屋台のご飯を
食べる

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

屋台の食べ物は、安くておいしく安全です!ほとんどの旅先では、屋台はレストランよりも簡単に見つけることができます。どこでご飯を食べるか決めかねている場合、地元の人におすすめのお店を聞いてみましょう。心よく教えてくれはず。

08.
無料で、文化も知れる!
カウチサーフィンを使おう

カウチサーフィンを利用することで、現地の人々の家にゲストとして無料で滞在することができます。節約できるだけでなく、実際に生活している現地の家庭に滞在することで、文化を学ぶことができます。そこでは、本物の旅の経験ができるでしょう。

09.
ほどほどに楽しもう
値段の交渉をする

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

旅行者は、旅先でいくら節約していても地元の人に比べれば出費はかさむもの。旅先でどのようにして値段交渉するか学び、それを楽しみましょう。売り手が価格を下げない場合もあるので、その時は素直に受け入れることも大切。彼らも生計を立てていることを忘れずに。

10.
お土産は思い出と写真
物は買わない

旅先で安いお土産を探そうとしても、なかなか見つからずわかりにくいもの。家に何を持って帰るかを考えるよりも、その瞬間を楽しんで下さい。旅の思い出と写真だけで、十分なのです。


ヒューズ氏は1人で旅をしている時、週に100米ドル(約1.2万円)以下で生活しながら壮大な冒険をしました。もしあなたが、旅をしたいという強い気持ちを抱いて悩んでいるのなら、彼のアドバイスはとても参考になるはず。
出費に注意することは大切ですが、旅を楽しむことを制限するのは間違っています。どこへいこうが、節約する方法はたくさんあるのです。 少ない予算で旅を楽しむには、そのチャンスを逃さないことが大切。お金がなくても、旅することを諦めないでください。
覚えていてください。正しい方法を知るだけで、人生は素晴らしいものになります。誰でも世界を旅することできるんです。


 

以前TABI LABOで紹介した、旅に役立つこちらの記事もオススメです。・【決定版】旅行前に要チェック!究極のパッキング術10選(動画あり)チケットは水曜の夜が狙い目!?あなたの旅を劇的に変えてくれる「13の節約術」旅行前に知りたい!「Tシャツ」が手のひらサイズになる、米軍式のたたみ方がスゴイ

Licensed material used with permission by Sarah Gibson via  Collective Evolution

ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
脳みそフル回転!あっちはどうだろう。待てよ、こっちもいいぞ。ちょっと予算が厳しいかも。ガチガチの予定を追いかけるのも息が詰まるな。大まかな場所だけ決めて現...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
アメリカの「Elite Daily」は、恋愛に関することがリスト形式の記事が有名ですが、時々そのフォーマットからまったく逸脱したユニークな記事も。例えば、...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...