外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河原にオープンする、このインバウンド向けエンタメ旅館。でも、さすがにやり過ぎでは…(笑)。

NIPPONの魅力を集約!

38a3b49f15970a5293f20c4bb0b7d149fd0a150a

2016年3月1日オープン予定の「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」。ここは、日本の魅力を一度に味わえる、これまでの旅館とは一味も二味も違う“ニュータイプ旅館”です。

あえて恐れずにいうならば、「TOO MUCH!(過剰)」。けれど、それらはすべて演出。外国人観光客がイメージする「これぞ日本!」を詰め込むことでエンターテインメント性を高め、旅館にいながらにして日本全国の魅力を存分に味わってしまおうというのが、この旅館の身上なのです。

初めて日本を訪れる外国人旅行客に、新しい日本の入り口となるような旅館体験を提供する。このコンセプトのとも、新たな旅館のあり方を提唱する「The Ryokan Tokyo」。新幹線を使えば、東京から1時間弱というアクセスのいい湯河原に、その第1号が。

日本全国を満喫できる
仕掛けがいっぱい

518b7d8ac752f15d6d6a4518ee1ec803be99a0fb

まずは、エントランスへと続く朱色の鳥居。これは、京都・伏見稲荷をイメージして建てられたもの。玄関天井には、浅草・雷門を連想させる大提灯がお出迎え。

113232d6c63fa37fe9efd2f4badfdee6a85d81c2

浮世絵の凧を見上げるエントランスホール。壁紙も和のテイスト一色です。

もちろん、源泉掛け流し

D42386b3e4e285b4b019365dae478754d6b0c491

屋内浴場ではありますが、壁には堂々と富士山。さらには満開の桜。もちろん、お湯は源泉掛け流しです。

F5ca77d8509b79cfb4daad6190a2f6ee9918b475

さらにはこんなサービスまで。各種イベントや日本文化体験プログラムなどを予定している小上がりスペース付近の壁には、日本を代表する観光名所の写真が並ぶ、写真撮影スポットが。貸し衣裳の浴衣を羽織っての記念写真や、湯河原にいながらにして、各地に“行った気”になれる工夫がいかにもエンターテインメント。

6b0202321921d28a18414ea3ed399a3707c6736c

バーカウンターでは、日本酒の利き酒体験も楽しめるようです。

本格的な和室(朝食付き)から
素泊り用ドミトリーまで完備

44980aa3cdbb74e6e04b2d56e98fcdeb96d95a1a

こちらはゆったり6人部屋の和室。家族連れやグループ旅行客がくつろげるゆったりスペース。葛飾北斎『富嶽三十六景』より、「神奈川沖浪裏」と“赤富士”で知られる「凱風快晴」の屏風絵。

A60320ac97d4f8a6b74c7b75f220edea91677028

客室は、4人部屋が8室、6人部屋が3室。さらに、こちらが素泊まり専用のドミトリーで全14ベッドが完備されています。

日本文化を体感しつつ
合理的な旅のニーズにも対応!

45a77455efb17d657c9b99869a1c020a5eb6576e

このように、日本文化体験を充実させながらも旅の目的に合わせて、食事なしの素泊まりプランを用意するなど、合理的なサービスを導入する同旅館。航空業界のLCC同様にコストパフォーマンスにもこだわりありのようです。

こうした選択肢を取り入れるのも、まずは表層的であっても日本の良さを体感することで、「また来たい」と思ってもらうことを重要視しているから。そして、次の訪日時には、実際に日本各地の生の魅力に触れてほしい。その意図が、過度な装飾につながっていたようです。なるほど、こう聞くと確かに納得がいきますね。

ちなみに、言うまでもなく日本人旅行客の宿泊も可能。予約はこちらから。

Licensed material used with permission by The Ryokan Tokyo YUGAWARA
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。 日本人にとっては当た...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
いわゆる「観光地」とは呼べないような海外の街を訪れると、看板やレストランのメニューに英語表記がなく困ることがある。そんなシチュエーションすらも、捉え方しだ...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
世界遺産に登録されてからというもの、日本人だけでなく、外国人観光客にも人気の富士山。たとえ一度も訪れたことがなくても、この山にスピリチュアルなものを感じて...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
去る2015年12月14日に浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中...
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...