暮らすように、旅するように働く!Airbnbの新「東京オフィス」写真。

新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題になり、最も働きたい職場として紹介されたこともある企業。

“belong anywhere(あらゆる場所に溶け込むように)”の精神に基づき、社内の交流や移動がデザインされている空間は、遊歩道を歩いているかのようなつくりで開放感が感じられます。

015de4ef858017a0c211a5dbe9f14813672f2cbd785924789152f80b2d904e2c9837ddca6448cb0c

受付エリアは屋外にあるカフェのよう。吹き抜けに自然光が差し込み、広々。中に入っても様々な工夫が凝らされています。

E2ed18af293ceaf4fb1a7f3bcdb97c4068a2094e6ad7a37b2dcc572ff242168d7602b6d134f23d8b3eb25c967a21ea5017a8a8de47a2f0786284ca2b4495fe3babdec12ce6d0a6d351da4696ea463029

黒い天井は、より広く、明るい印象を持たせるための工夫で、共用スペースにある木製のテーブルや緑のフローリングは公園を意識しています。こういった植物・自然を感じられる空間づくりは、社員からの要望に応えたものだとか。

鞄などを壁がけできるところもいい感じ。

D9e5f2568e69b6aacd183da40b27fb21fc9956e0
奥に見える電話ブースは、茶室をイメージしており、日本のホワイトオークと障子紙で作られました。
2e57ef51d46bebf27507ca433e32e10e19340bf002909611da5131e4db91275f3837e23f085df54366b43e2c56f9175a8b82ad1f8f29655b46abd1d7Ba551097365c2a3f56573907e42b3d146cc6ef78

ワーク・テーブルや高さ調節可能なデスク、プロジェクト・テーブル、プライベート/セミプライベートの電話ブース、ラウンジ、カフェなどなど。

作業ツールと空間によって、効率的かつ能率的な社内の交流・移動を促しています。そこかしこに、前述した“belong anywhere(あらゆる場所に溶け込むように)”の精神が散りばめられているというわけ。

さらに、各ミーティングルームは、実際に宿泊できるホストの部屋から学び、各国の都市や文化を強調した設計に。

Airbnbで泊まれる部屋を基に、
ミーティングルームを設計!

92e0fca2241e7fd945759d7793d3b3d0f602eefb

CHARMING, VERY SPACIOUS & BEST LOCATED

バルセロナ, Catalunya, スペイン
Very spacious apartment located in a modernist luxury building. Only a 10m walk to Plaza Catalunya and main sights. Fully equipped. 3 double bedrooms + 2 complete bathrooms + Giant living room & ki...
Ac042e74275cf6196517ce6c9d0e2bd00cc7d4d1

LOCAL EXPERIENCE IN A DESIGNER APT

プラハ, プラハ, チェコ共和国
Hello everyone, Welcome to our Taste of Prague Letna Apartment!Finally, we're done with the massive refurbishment and we're looking forward to meeting people from all around the world. Together...
8efb21be0ccad77a1d860871c054b4a9c7b2ec73

※飾られている民芸品は、社員の母親がメキシコを旅して集めた貴重なコレクション。

BOHEMIAN ROOM IN MEXICAN QUINTA

Tijuana Municipality, Baja California, メキシコ
A charming, private bedroom in Artists' home is located on a quiet but central area of Tijuana. Perfect for a relaxing weekend, cultural holiday or for a quick business trip. Enjoy delicious Mexica...

まるでミーティングをする度に、海外を旅しているかのようにも感じられます。

デザインを担当したAirbnbの環境デザインチーム、レベッカ・ラグレス氏はこうコメント。

「我々(環境デザインチーム)は、Airbnb と各都市の両方の文化を維持しようとしており、東京のような場所にオフィスを持てるのは大変な幸運です。Airbnbのすべてのオフィスには一定の基準が適用されるため、中に入ると、ドアのロゴを見なくても、そこがAirbnbのオフィスであるということを認知できます。

一方で、サポーズデザインオフィスのような日本の設計会社や東京オフィスに勤務する社員と連携することで、その地域の持つ真の感覚をデザインに取り入れています。オフィスデザインの構成要素は、各地域の文化の安っぽいイミテーションや、世界中で増えている同一工業デザインのコピーではなく、本物感があり、Airbnbと東京の両方の精神に忠実なものとなっています」。

まさに、暮らすように、旅するようにして、働けるオフィス。羨ましくなりますね。

PERIPHERY :Airbnb 提供
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
ポツリと1軒だけ建っているツリーハウス。一体どこの荒野?と思いきや、意外にもここはハワイ。とは言っても、見ての通り青いビーチが広がっているわけでもなく、リ...
場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。ここで紹介す...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...