フィリピンの「セブ英語留学」がスパルタでも人気な理由とは?

「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ圏は遠いし「そんなに時間が取れない」という人も多いでしょう。そんな人たちに向けてフィリピンへの留学をオススメしているのが、安藤美冬さんの著書『ビジネスパーソンのための セブ英語留学』。

「学食住」すべて込みで、一ヶ月15万円から始められる「短期間の英語学習法」を、ぜひ参考にしてみては?

01.
セブ英語留学のキーワードは
「韓国」?

4c4ce04d6373762085b6dfeb4b863c6ddb326877

「セブ留学」のキーワードに、なぜ「韓国」が登場するのか?それは、フィリピン人の英語力に目をつけ、語学研修施設をいち早くつくったのが、韓国人だからです。

英語が公用語で、韓国から近く、人件費が安いという特徴もあるフィリピン。英語ネイティブ圏に留学するよりもはるかに安い価格で英語を学べるため、2000年以降、各地に韓国資本の語学学校が設立されました。留学ブームとなった2006〜2007年には、年間10万人を超えるほどの留学生が訪れたそうです。

そのため、今でこそ学生の国籍比率は日本、台湾、タイ、中国、ロシア、イランとバリエーション豊かですが、当時は韓国人の比率が圧倒的に高かったといいます。

また、学校も「韓国流」が多いといわれています。その特徴の代表格は「スパルタ式カリキュラム」「全寮制」という2つの仕組み。現在では、韓国資本にかかわらず、フィリピンの多くの語学学校でこの2つの仕組みが採用されていて、短期間で集中して学べる環境が整っているのです。

02.
朝から晩まで「英語漬け」の
スパルタ式カリキュラム

D00d8f9c91241707b75fbe017bdccd3bb01f2ee7

フィリピンの語学学校には、朝から晩まで「英語漬け」になれる「スパルタコース」があります。

通常のコースが「1日8コマ」だとすると、スパルタコースは「1日10コマ」。たいていの学校では1コマ50分で授業の合間に休憩時間が10分なので、次から次へと英語のインプット&アウトプットがつづきます。

さらに、朝6時に起床して、毎朝、朝食前に早朝テスト、そして授業後は基本的に外出禁止。多少は自由になれる週末にも、門限が定められているほどのストイックさ。慣れるまではかなりきついかもしれませんが、英語力は確実に伸びると評判です。

「スパルタコース」向きなのは、1〜2週間など留学期間が短く、緊急で英語力を要する人。とくにまわりに流されやすい性格の人は、誘惑の多いセブで自由時間を過ごすと勉強どころではなくなる可能性も…。厳しいカリキュラムをやり切ったほうが達成感も得られるので、本気の人には「スパルタコース」がオススメです。

03.
ホームステイではなく
「全寮制」

C4140de04c08349fb535c12adb38a69c3978b5c4

フィリピンでは、ほとんどの学校で「全寮制」を採用しているため、留学生は、学校に併設された、あるいは近くにある学生寮に滞在しながら英語を勉強することになります。1日3食が提供される「食堂」や「売店」、学校によっては「カフェ」「マッサージ」「スポーツジム」「ミニシアター」などの施設が揃っていることも。

多くの場合「食堂」のごはんは学費に含まれていて、フィリピン料理から日本料理、韓国料理、その他洋食までメニューはさまざま。最近では、自家製パンやスムージーを提供したり、日本人を雇って味にこだわったりと、各学校でいろんな工夫が凝らされています。

また、部屋のタイプは1人部屋から6〜8人用の大部屋まで、収容人数によって宿泊費は変わります。プライベート空間を確保できる1人部屋は、宿泊費が高めでもかなりの人気。部屋数も少なく早い者勝ちなので、早めの予約が必要です。大部屋は他の留学生と交流ができるので、授業後も「英語漬け」になりたい人にはオススメです。

プライバシー重視の傾向が強いビジネスパーソンが増えてきたこともあり、「ホテル通学」というプランもあるので、比較的予算に余裕がある人は、そちらを利用してもいいかもしれません。

大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
ジュエリーブランドHASUNA創業者の白木夏子さんと、ノマドワーカーの先駆けである安藤美冬さん。「旅をしながら仕事をしている」という共通点を持つ2人は、プ...
社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活...
01:料理のスキル「美味しい肉じゃが」は、国際社会で武器になる海外、とくに欧米では、ホームパーティーが一般的。それは学生でも社会人も同じで、日本在住の方々...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。必要な講習を受ければ、なんと人...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
年間約240万人が受験し、日本における英語力の「ものさし」ともなっているTOEICが、2016年5月29日のテストから、10年ぶりにリニューアルされます。...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...