間違いなく、これまででもっとも「生きた英語」が学べるデバイスだ。

社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。

1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活で使える単語や表現を重点的に学びたいのにそれができず、遠回りしている気分になるということ。

でも、これらのジレンマを解決してくれそうなアイテムを見つけてから、少しワクワクしている。洋服の襟につけて、語学学習に役立てられる小型マイクデバイス、「ELI」。まだ試作品だが「はやく欲しい!」と思わず叫びたくなってしまった。

一体これのどこがスゴいのか、具体的なシチュエーションを例に説明していこう。

喋る言葉をピックアップ
「自分だけの英会話レッスン」

2ecab5b7c516714bf8e087c4b7f86829f7581739

例えば、アパレル業界で働く男性の場合。

職場や取引先の外国人と話すときにうまくコミュニケーションをとれるか、不安な気持ちを隠せない。

3170c97a439c6645db07cd1d71faa68d18bbdfdf

だから「ELI」をつけてみた。

6c12d2aa02ed2ae31913dd9f134b9e770918a31d

アプリと連動して、実際に話す言葉を記録・解析してくれる。

C09ec652793a008940843ce7f4560a6bf6ebc1dc

「それで寸法を出してください」という言葉からアプリが拾ったのは、「寸法」を意味する「dimensions」というワード。

D9991f4c6ecc7663aac39908331d1d4146f25a99

「ここは部分的に素材を変えた方がいいかもね」の一言からは、「素材」を意味する「material」をキャッチ。

755100e6becab246692936e74610bd8d4c6ede12

「それでは在庫を確認してみますね」からは、「在庫」を意味する「stock」。

その日発した言葉の
いくつかを表示

4cbe27f899340a068d364de636f5160296b7958c

「寸法」「素材」「在庫」など、その日に発した日本語を解析、表示。単語を選ぶと意味を教えてくれるだけでなく、会話形式のレッスンも行ってくれる。

教材に載っているような、いつ使うかわからないようなものではなく、仕事や普段の生活で発する言葉こそを本当に身につけたいはず。それは人によって違うからこそ、ELIを使えば使うほど、自分だけの英会話レッスンをすることができ、必要なポイントを効率的に学ぶことができるのだ。

さまざまな言語に対応すべく
開発は続く…

8f48f93eacd3635e01c11aeb02f01f8a2f9ee628

現在、博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」とクリエイティブスタジオ「1-10(ワントゥーテン)」および、博報堂プロダクツが共同で開発中。「日本語→英語」だけでなく、「日本語→中国語」「英語→日本語」などの変換にも対応できるよう進められている。

Googleが主催するAndroid端末と連携するプロダクトのアイデアコンペで、見事グランプリを獲得するなど注目度は高い。個人的にもぜひ使ってみたいので、製品化が待ち遠しい。

Licensed material used with permission by 株式会社博報堂
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...