「イギリス英語」に興味がある人だけに読んでほしい、少しマニアックなコラム

突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?

ハリー・ポッター?
ベネディクト・カンバーバッチ?
それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい感じ?

これがイギリス英語だ!というハッキリとした知識がある人、あるいはイメージが描ける人って、あまりいないんじゃないかと思います。 

 

ここでは「FLUENT IN 3 MONTHS」の記事の中から、イギリス英語に関して投稿されたものをご紹介することにしました。 

筆者はイングランド出身のGeorge Milloさん。

ネイティブならではの視点で

・イギリス英語の迷信
・UKとイングランドの違い
・アメリカ英語との比較

まで詳しく解説してくれています。

 

ハッキリ言って、けっこう長い上にマニアックな内容です!
イギリスの英語や文化に興味の無い人には苦痛かも知れません...(笑)

イギリス英語にまつわる
3つの「迷信」とは?

Medium 5e8da34a3024e22b16ee8b21d581140d842d76f8

「イギリス人っぽい英語」の極意を説明する前に、まずはイギリス英語にまつわる3つの「迷信」を取り払いたい、と語るGeorgeさん。

1. そもそも「ブリティッシュアクセント」って?
2. 「United Kingdom」と「England」って違うの?
3. イギリス人が話すのが「正真正銘の英語」なの?

ひとつずつ見ていきましょう。

01.
「ブリティッシュアクセント」
って、そもそも何?

まず言っておきたいのが、そもそもブリティッシュアクセントなんてものは無いんだということ。

僕たち英国人は、自分たちの話す英語を「ブリティッシュアクセントだ」なんて言わないし、そんな風にも思っていないよ。

アメリカのテレビ番組なんかではイジられたりするけどね(笑)。

「ブリティッシュアクセント」という呼び方じたい、他所の人が使うものなんだとGeorgeさん。さらにこう続けます。

むしろ、UKでは次の「4つの英語」をざっくりと区別するんだ。

(1)英語
(2)ウェールズ・アクセント
(3)スコットランド・アクセント
(4)北アイルランド・アクセント

これらのアクセントはひとつに括れるようなものじゃなくて、どれも随分違っているんだよ。

考えてみれば、日本語だって地域によってアクセントが違いますもんね。ひと口に「ブリティッシュアクセント」とまとめてしまうのは無理がありそうです。

02.
「United Kingdom」
と「England」って違うの?

ところで、次の3つの呼び方を正しく区別できているだろうか?

・United Kingdom(ユナイテッド・キングダム)
・Great Britain(グレートブリテン)
・England(イングランド)

あるいは、スコットランドの「立ち位置」とか。

実際、そんなに難しくないから調べてみてほしい!このYouTube動画を見ればだいたい分かるはず。

……恥ずかしながら、この記事を執筆するまで、ぼくも正確には理解できていませんでした。

5分程度の動画なので、気になる方はチラッと勉強してからまた戻ってきてください!

03.
イギリス人が話すのが
「正真正銘の英語」なの?

それが、実際のところ、かなり疑わしい問題なんだよ。

何となく、イギリス人の英語が「オリジナル(原型)」で、アメリカやカナダ、オーストラリアなどの国々で話されるのは方言みたいなイメージがあると思います。

しかし、言語学者が言うには、イギリス圏におけるアクセントはここ数百年間で劇的に変わったそう。それこそ、英語がアメリカに渡って「訛る」よりも、はるかに大きな変化が起こったと言われています。

むしろ、現代のアメリカ英語のほうが、1776年当時に話されていた「英語の原型」に近いというんだから驚きですよね!

イギリス英語
vs
アメリカ英語

Medium 49046db5cb0df1f6d5490068d26f8506687a5d8a

よく比較されますが、そこにはどんな違いがあるのでしょう?

1. ロウティック・アクセント
2. 母音の発音
3. ボキャブラリー

この3つのテーマに沿って見ていきましょう。

01.
ロウティック・アクセントの違い

まずはじめに、「ロウティック・アクセント(rhotic accent)」というものについて説明したい。

カンタンに言うと、英単語の中に"r"の文字が入っていた場合に、舌を押し上げて"r"を「こもらせて」発音するのが「ロウティック・アクセント(rhotic accent)」。

アメリカ、アイルランド、スコットランドなどに見られる発音方法なんだ。 

「ロウティック・アクセント(rhotic accent)」という言葉は聞いたことがないとしても、みんな何となく感覚的にわかっているはず。

アメリカ英語では"r"で音がこもり、イギリス英語ではこもらない、みたいな。

一方で、イングランドでは多くの場合「ノン・ロウティック・アクセント(Non-rhotic accent)」が話されている。

つまり、

・子音の前に"r"が来るとき
・単語が"r"の音で終わるとき

"r"は基本的に発音しないんだ。

 

例えば、ぼくの名前は「George」なんだけど、発音は

jaw-j /dʒˈɔːdʒ/

という感じになる。

どこにも"r"の音は入ってこないでしょ?

「ノン・ロウティック・アクセント(Non-rhotic accent)」は、イギリスの影響下にあったオーストラリアやニュージーランドなどでも見られるようです。

"r"で舌を持ち上げて音をこもらせるかどうかは、さまざまな種類の英語の「線引き」の一つとして結構わかりやすいんですね。

02.
母音の発音の違い

英語の「母音」の発音の仕方は、ここ数年でけっこう変わってきているんだ。以前は異なる発音だった音が一緒になったり、反対に、同じように発音されていたものが変わってしまったり。

例えば、英国では

・merry(楽しい)
・marry(結婚する)
・Mary(人名)

という3つの単語の「母音」は、それぞれ別の発音の仕方をする。でも、ほとんどのアメリカンアクセントではこれらの発音を区別しないんだ。

この他にも、例えばぼくは

・flaw(欠点)
・floor(床)

は同じように発音するけど、アメリカ英語では別の発音になる。"r"の有無だけじゃなくて、flawとfloorでは「母音」も変わってくるんだよ。

「言葉は生きものである」とは言いますが、たった数年単位でも音に変化が起きたりするんですね。

03.
ボキャブラリーの違い

ここでいう「ボキャブラリー」とはスラングのことではなく、どちらかというと言葉の「使い方」の話。

アメリカ英語と比べて、とくに違うところでいうと

・「週末に」と言いたいとき...

イギリス英語では at the weekend
アメリカ英語では on the weekend

前置詞の使い方が違うんです。

・郵便に関しては

イギリスでは「Royal Mail」が郵便物(post)を配達し、
アメリカでは「Postal Service」が手紙(mail)を配達する

ややこしい…。

・病院でも

イギリスでは、「病院」という建物の中にいることをあらわすときは「in the/a hospital」。患者として入院していることをほのめかすなら「in hospital」、という風に区別する

ちなみにアメリカ英語ではどちらも「in the/a hospital」だ、とGeorgeさん。  

・対比をあらわす接続詞「while」...

イギリスでは「whilst /wὰɪlst/」も普通に使われる

確かに、ぼくの友人のイギリス人もよく使っていた気がします。

・一触即発...?

アメリカ英語では、怒っている状態を示すのに「mad」という単語が使われる。しかし、イギリスで「mad」といえば、文字通り「クレイジーな」とか「狂っている」という意味合い。

この「違い」のせいで一大事になったことがある。

アメリカのビル・クリントン元大統領が、会談のあと、英国の議員のことを「the maddest person in the room」と表現して大騒ぎになったんだよ。ビル・クリントンとしては「会議室の中で一番怒ってた人物」ぐらいのことが言いたかったんだろうけど。

英国のコメンテーターたちも、自国の議員が「頭のおかしなヤツだ」と侮辱されたと勘違いしたんだ。

冗談みたいな話ですよね(笑)

同じ言語でもこのような齟齬が生じるのだから、異文化コミュニケーションが難しいのは当たり前なのかも知れません。

イギリス国内の
「イギリス英語」

Medium f736833cba83f650634001bd36d423f8900532f9

ここまでは、主に「イギリス英語とアメリカ英語の違い」について見てきました。しかし、イングランドの中だけでも、言語の「地域差」は数え切れないほどあるんです。

中心街から車で2時間、どの方角でもいいからテキトーに進んでみると、人々が喋っている言葉が完全に変わってしまうんだ。

「イギリス英語」と聞いておそらくみんながパッと思い浮かぶのは「RP(Received Pronunciation)」と呼ばれている、いわゆる「posh(お上品)」なアクセントだろう。

でも、実際「RP」はスタンダードというわけじゃなくて、主にイングランド南部でしか話されてないんだ。北部は北部で、まったく違うアクセントを持っているからね。

日本でも、訛りのキツイ方言だと全然理解できない場合があると思います。きっと、ああいう感覚でしょうね。

さいごに

かなりボリュームのある内容でしたが、Georgeさんに言わせれば、まだ「氷山の一角」に過ぎないとか。英語は奥が深いですね...。

さらに深い内容まで知りたいという方は、英語の勉強も兼ねて、こちらから原文に飛んでみてください。きっと新しい発見があるはずです。

Licensed material used with permission by FLUENT IN 3 MONTHS
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
普段何気なく使っている日本語が、いかに奥深いものであるか。なんとなくは分かっていたものの、改めて“特殊な言語”を扱っていることに気づかされます。「Othe...
さて、質問。アナタは「cute」と「pretty」の違いを説明できますか?おそらく、自信を持って「できます!」と言える人は少ないはず。ここでは、書籍『cu...
「生きがい」を意味する適切な英訳は何だと思いますか?実はアメリカ版ウィキペディアにも登場する“ikigai”。ある一人のアメリカ人が、この言葉の解釈に、と...
「よろしくお願いします」は、日常のいたるところで使われているフレーズ。でも、残念ながら英語には、それに取って代わる便利なことばはありません。つまり、シチュ...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを...