イギリス流・ちょっぴりブラックな英語のお勉強。「お前って、本当パセリだな」

「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。

ちょっぴり皮肉屋でブラックジョークがお好きなイギリスらしい、楽しい表現をまとめて見ました。

01.
お前って本当に
役立たずでパセリだな。

Medium a6f829dd0f90e4bd1c1e7b3ab78ee0edf42b3c62

意味:「うるさい知ったかぶりだな」

「なに言ってんの?本当に役立たずのパセリなんだから」などと使うそうです。よく意味がわからなくても、なんとなく罵られていることだけはわかります。(スコットランド)

02.
泥の中にいるブタみたいに
幸せです。

Medium d8d35f62be44a0bcbca9e8b91e49057d0e49b618

意味:「とにかく幸せ」

「誰にも邪魔されないとき、あなたは泥の中のブタみたいに幸せそうね」と言われたら、なんだか嫌味を言われているようでモヤモヤしそうです。(ヨークシャー)

03.
お前、納屋で生まれたの?

Medium df0c95238b2c88fd0be948ec9c619204e3c65ca4

意味:「ドアを閉めて」

「ねえ、暖房つけてるんだからドア閉めてよ。あなた、納屋で生まれたの?」。これまた、ブラックが効きすぎて言われたほうは傷つく表現です。(ヨークシャー)

04.
サル用のものを
あげないで。

Medium 0000f29ca88910b3ec87a8acc8106b4dc0d95a5e

意味:「まったくの無関心」

サル用のものをあげちゃうってことは、相手をまったく気にしてないっていうことになるんでしょうか。(イギリス全域)

05.
ビルのお母さんのところが
ちょっと暗いぞ。

Medium 428d6a1c40020068560ba6584886e2cc76524113

意味:「空が暗いから雨が降りそう」

「ビルのお母さんのところが暗いから、雨が降りそうだぞ」。ちなみにビルは、ウィリアム・シェイクスピアを指していて、出生の地であるバーミンガムのほう嵐がくる、というのが由来だとか。(ミッドランド)

06.
これぞ、アナグマ!

Medium e7ede58008ae4fc8e563cf36587d790d97f2fe2e

意味:「まさにそのとおり!」

「そうそう、それが言いたかったんだよ、まさにアナグマ!」って言われても、なんだか褒められた気がしませんか、Badgerには動詞で「しつこく悩ます」という意味もあるので、そのあたりが語源なのかも?(イギリス西部)

07.
ボブは君のおじさんさ。

Medium 7eaef1f390afb9d45392b7f603dab146ea30fa4d

意味:「問題ない」

これは、1887年にイギリス首相ロバート・マルキス・ソールスベリ(愛称ボブ)が、まだ新米政治家だった甥っ子を重要なポストに任命したことに由来すると言われています。ボブおじさんがいてくれるから、大丈夫。(イギリス全域)

08.
ブタの耳を作っちゃった。

Medium cdab6c8b98b110fddd39bce331e3777e5c881266

意味:「結果が悪くて台無し」

「あの子、プレゼンのときにブタの耳を作っちゃったらしいよ!」といった使い方をするそうです。どうやら「Pig's ear=ブタの耳」自体に、やりそこなった仕事、へま、といった意味があるとか。か、かわいそう…。(イギリス全土)

09.
お前、俺の頭つついてるよ。

Medium c12f9fef57e0aa71c075c5e38c3ee80f3640e7a2

意味:「相手にイライラさせられる」

「おい、止めろよ。お前、おれの頭つついてるぞ」と言われたら、相手はイライラしているということ。(イングランド北西部)

Licensed material used with permission by Sykescottages
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
英語の勉強を始めたけれど、途中で挫折してしまった。こんな経験を持つ人は多いでしょう。どうして英語の勉強を続けられないのでしょうか。英語をやめてしまう理由は...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
 かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェア...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
「英語を使う」趣味を作ると、好きなことをやりながら英語を学べます。そうすれば、英語を嫌いにならずに続けられるし、そこで学んだことを外国人とのコミュニケーシ...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
さて、質問。アナタは「cute」と「pretty」の違いを説明できますか?おそらく、自信を持って「できます!」と言える人は少ないはず。ここでは、書籍『cu...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
「よろしくお願いします」は、日常のいたるところで使われているフレーズ。でも、残念ながら英語には、それに取って代わる便利なことばはありません。つまり、シチュ...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
「生きがい」を意味する適切な英訳は何だと思いますか?実はアメリカ版ウィキペディアにも登場する“ikigai”。ある一人のアメリカ人が、この言葉の解釈に、と...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...