こんな家電があったら夢のよう!自宅でかんたんにフルーツ補給できる『ALCHEMA(アルケマ)』。

ジューススタンドに目がない。駅のホームで、行儀よく並んだカラフルなジューサーを見かけると、どんなに急いでいても、つい立ち止まって眺めてしまう。やっぱり今日も店員さんに話しかけてしまい、グレープフルーツジュースを注文してしまった。搾りたての美味しさと言ったらない。目が覚めるフレッシュさで、たちまち元気がみなぎってくる。そんな贅沢を自宅で。しかも、アルコールで楽しむことができたらどんなにしあわせだろう。こんな想いを形にしたデバイスを見つけた。日本で酒類を製造するには特別な免許が必要になるが、夢を語るくらいいいだろう。でもやっぱり欲しくなる!

フレッシュな果物がお酒に変身する!

D9e31dee950548e93b642a731fdee6814be09d73

身のまわりのあらゆるモノがインターネットに接続され、新しい価値が生み出される概念を「IoT(アイ・オー・ティー)」と呼ぶが、この世界で、また新たなデバイスが誕生した。好みの果物、砂糖、水、酵母を入れ、スマートフォンアプリで発泡度合いを設定するだけで、自動で醸造してくれる、酒樽型のスマート家電『アルケマ』である。

アプリで発酵のプロセスが確認できる。

7a0a32956f43e8dc6852640a797419fd458788be

アルケマの中には、多くのセンサーが搭載されている。Wi-Fi経由でインターネットに接続されるので、手持ちのスマートフォンに「Alchemaアプリ」をダウンロードすれば、いつでも発酵プロセスを把握することができる。発酵の途中でフタを開けて中身を確認する必要がなくなるので、作業途中で雑菌が入る可能性が低くなり、より美味しくなるのだ。醸造が終了したタイミングで、お知らせが届くのも有難い。

デリケートな果物にやさしいデバイス。

8761a0aa7d78c4cf017c0468532f25faa39dc51c

果物のなかには、種類によってフレッシュな美味しさを保つことがむつかしいものがる。新鮮であればあるほどデリケートなもので、置き方ひとつで傷がつき、すぐに腐ってしまうものや、低温が苦手で、冷蔵庫に入れると傷みやすくなるものがある。アルケマには、医療分野に使われるLEDライトが装備されているので、発酵作業の前に、毎回消毒が行われる。デリケートな果物にやさしいデバイスと言えるだろう。

クラウドファンディングで発表後、
すぐに製品化決定!

0c439469f2ea2ea5401faaca72a53c3cfbe3a2dbA032b5f3375d1f27f6e1e1b374298c5cb1a5c944

身のまわりのいろいろなことが便利になっていくのは、いいことばかりでないこともあるだろう。不便さのなかから工夫が生まれ、充実感が生まれるのは確かだが、想像力を働かせて、夢を形にしていく過程を応援するのは気持ちがいいことだと思う。
アルケマは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter(キックスターター)」で発表されてから、たったの3日で目標金額を超え、製品化が決定した。それだけ、必要としている人が多いことの表れだろう。これまで気軽にできなかったお酒の醸造作業を、テクノロジーの力を借りて、家庭でも楽しめる。未来がまた一歩近づいた気がしている。

Licensed material used with permission by Alchema
ほっと、一息つきたいときにコーヒーやお茶を淹れる。その際、1杯分だけお湯を沸かすようなことって意外に難しい。目分量でやったとしても、ちょっと多めに沸かすは...
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
「スマートホーム」とは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念。家電製品を情報化配線等で接続、制御することでエネルギーの最適化を図り、快適なライフス...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
週に2回以上はお酒を飲んでいるという人に目を通してほしい記事を「Elite Daily」で発見しました。それは、ライターのLauren Kroetschさ...