お茶どころ静岡県で世界初の発見。紅茶パワーでノロウイルスを抑制できる

このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーのようなお作法よりも、より自在な紅茶の楽しみかたに注目が集まるようになったから。

その紅茶に含まれる成分に、なんとウイルスを抑制する力があるという。それもあの感染力の強さで知られるノロウイルスというのだから、ますます気になる。

世界初の発見
人に優しい消毒薬開発へ

Fd1e3c66116a7a5caf7a2e2723a71fed329b04d8

10月6日、お茶どころ静岡県は、紅茶由来成分のひとつ「テアフラビン類」に食中毒の原因となる、ノロウイルスを消毒する作用があることを発表した。この成分、茶葉を発酵させる段階で生成されるものだそう。

ご存知ノロウイルスが厄介なのは、アルコール消毒や石鹸による手洗いでは、完全に消毒、殺菌できないという点。有効なのは塩素系漂白剤か熱湯くらいというが…これでは当然、どちらも手指にというわけにもいかない。

だが、天然成分のテアフラビン類は肌に害がなく、塩素臭も気にならない。「人に優しい消毒薬の開発に向けて大きな前進」、と各紙一斉に報じた。

なかでも「産経ニュース」は、実験を担当した30歳主任(県環境衛生科学研究所)の日々の努力に触れ、発見時の様子を紹介している。まるで同じ苦労を味わったような、苦労をたたえたくなる気持ちで読んでしまった。以下、抜粋して。

ノロウイルスの感染抑制作用を持つ化合物さがしは、同研究所が管理する約12万個もの化合物を、その性質から約2,000に絞り込み、来る日も来る日も培養した細胞にウイルス液を摂取し続ける毎日。それも5年間。

「もう見つからないかもしれないと何度も思った。テアフラビン類が作用していることに気づいたときも、半信半疑だった」と、振りかえった。

今後は県内企業とともに消毒薬の開発を進めていくことになる。

 

静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...
NBCに雇用されていたアメリカのフリーランスカメラマンがエボラ出血熱に感染していたことが分かった。フリーランサーのMukpoさん(33歳)は、NBCニュー...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
ノロに代表されるウイルス性胃腸炎は、ここ数年でインフルエンザに匹敵する流行をみせていますが、感染症胃腸炎のなかでもとくに夏の暑い時期に気をつけなければいけ...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。全長90...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らない危険な疫病だ。マラリアは主...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...